スポーツ!?

ざざっと近況(ダンス篇)

更新するのをサボっていた期間にも、

とりあえずダンスレッスンは続けておりました。

なんだかんだ言いながらもレッスンを始めて3年ほど経過した現在、

時折参加する練習会では、

参加者の中で一番下手(H氏談)

という位置を抜け出せたのかどうかは・・・疑問。

がしかし、

1年目よりは2年目、2年目よりは3年目と、

進化してきたつもりの自分のダンスが、

3年経過した今、

どうも頭打ちな感じが否めず。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。

この状況を1歩抜け出すためにと、

世界有数のダンサーのレッスン動画やデモ動画を鑑賞して、

ミルコとかアルーナスとか、その方面では著名な方々)

イメージトレーニングしてみたり。

がしかし、かのレベルは一般愛好者の世界とは完全に別物で、

比較対象にならん世界観(なんのこっちゃ)。

というか、

ボールルームダンスというものは、所詮相手あってのもの。

いろいろ言うのもナンだが、

自分だけ上達しても、という側面もあるような、ないような。

        ・・・・・・・ブツブツ(言葉を濁したつもり)

| | Comments (0)

果てしなきダンス。。。

ダンスのグループレッスンを始めて一年が過ぎ。

その前にも、個人レッスンにぼちぼち通ったのだが(月に1時間足らず。。)、

1年ほど経過して、

「そんな風では、上手く踊るどころか、踊れるようにすらならんよ」

というH氏の勧めもあり、

彼が行くダンスパーティーに、頑張って付いて行ったり。

昨年11月からは、個人レッスンも出来る限り週2枠は取るようにした。

H氏所蔵の膨大なレッスンDVDやデモの映像も時折勉強した結果、

専門用語やテクニックも、頭では理解した(つもり)。

高名なプロのレッスン映像を見たり、プロのナマデモを間近に観たりするうち、

だんだん目だけは肥えてきた(つもり)。

超有名プロの映像ばかり見ていると、

グループレッスンやダンスパーティーで踊っている人々が、

みんな下手に見えて仕方がない。

ところが、

H氏によれば、その中でも私が一番下手であるというではないか。

当然のことながら、踊っている自分というものを見たことがない私は、

自分がどういう風に踊っているのかに、俄然興味がわいてきた。

(怖いもの見たさもあるかも・・)

さいわい、H氏が最近購入したコンパクトビデオカメラもあり。

他の教室生がいない時に、カメラを三脚にセットしておけば、

前を通過する時だけでも、自分の姿を確認することが出来るわけで。

個人レッスンのインストラクター氏にダメ元で訊いてみた。

「ちょっと写してみていいですか?」

いつも親切でにこやかなインストラクター氏は、しかし、

悲しげに首を振りながら、

「今はやめたほうがいい。」と、きっぱり。

「自分の想像してるイメージより、はるかにスゴイですよ・・・」

「間違いなく、ショックを受けます・・・」

ですと。

| | Comments (2)

ダンスする人々(イブニング篇)

Kokucho208may  ピノ組のことはさておき。

そもそも、ダンス教室主催のパーティーに参加したのは、その時が初めてだった自分。

着ていくものからしてわからず。

件の後輩に訊いたところ、

フォーマルで」と、きっぱり。

となれば、夜の会ということで「イブニング・ドレスとか?」と冗談まじりに尋ねると、

そういう人も多いです。」

   ガ ~ ~ ~ ン coldsweats02

自慢じゃないが、イブニング・ドレスを着た人がいるようなパーティーには行ったこともなく。

当然ながら、イブニング・ドレス自体持ってないし。

一瞬焦ったが、見てみれば案内状にドレス・コードが明記してあるわけでもないので、

フォーマルで」という話には一切無視をきめこむ(汗)。

結局、一つしかないパーティー用ヒラヒラワンピースを着て行くことに。

念のため、チャイナ・ドレスもどきのスリット入りロング・ワンピをバッグに詰め込んだ。

会場付近で参加者の格好を見て、最終決定のつもり。

現場に着いて受付付近で観察した結果、

「カジュアルなパーティー」程度の装いの方もあちこち見られたので、

ヒラヒラ・ワンピのまま、押し通すことにした(大汗)。

パーティーの裏方仕事で、お昼から会場入りして働いていたという後輩。

パーティーが始まって、ようやく同じテーブルに着席した彼女はといえば、

きっちり、イブニング・ドレス姿

夜会巻き風のアップスタイルにアクセサリー・ロング・グローブに至るまで、

どう見ても、完 全 正 装 。

聞くところによると、当日会員代表のスピーチを頼まれたとかで、

主宰の先生に、「頑張って着て来てねheart」と言われたそうだ。

事情はともかく、驚嘆したのは、

彼女のイブニング姿の格好よさ。

デザインといえば、後ろ中心にドレープが一本入っただけのシンプルな黒のイブニングは、

下手すりゃ、貧相くさくなること請け合いのアイテムだと思われ。

両肩を出した黒のイブニングなんぞ着こなせるのは、ハリウッドセレブぐらいと思っておりました。

以前会ったときより幾分太ったという彼女のデコルテ部分は、

丁度よい塩梅の肉付きで、ピシッと伸びた背中と首のラインには、

思わず目が釘付けという美しさ。。。

さすがに踏歴23年というキャリアはすごい、と再認識した次第。

この話題、もう少し引っ張るかも。                   

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際は、踏歴の長い人でもいろいろですが、彼女の場合はアマチュアとはいえインストラクターもしているぐらいなので特別鍛錬しているのかも知れませぬ。やはり、ある程度の年齢を過ぎると女性の美しさには鍛錬された肉体が不可欠ではないかと。

写真は直前記事と同じく石岳亜熱帯動植物園の黒鳥。白鳥でもそうだが、片足航法が多くみられるのは省エネなのか。それとも片足ずつ乾かしているとか(何のために)。疑問。

| | Comments (2)

ダンスあれこれ

Penguinpair08may しばらく更新が途絶えていたのは、

この2ヶ月ちょっとの間にダンスパーティーに5回も行った、

からではなく。

決算期ということと、

仕事場の補修工事が続いたりして、

ただでさえ溜めこんでいる伝票の入力作業に追われていたから。。

(言い訳)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、久しぶりにダンスの話。

上記5回には入っていないが、習い始めて1年ぐらいの時に、踏歴23年!という後輩が通うダンス教室の「○○周年記念パーティー」なるものに行ったことがある。

チケットは結構高かったし、場所も帰りの交通機関が確保できないのでお泊り必須という不便さ。

がしかし、迷わずチケットを購入したのは、案内状にゲストプロとしてピノ組の名前があったから。

                       つづく

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、佐世保市にある石岳亜熱帯動植物園のフンボルトペンギン。この施設は最近いろいろなイベントをしたり、効果的な運営ノウハウを取り入れた結果、前年度より入場者数が15パーセント以上も増えたとか。

| | Comments (0)

自転車・自転車トゥルリラ~♪

あれは、忘れもしない去年の5月7日。

その日に、私は・・・、

(じゃじゃーん) 自転車に乗れるようになったのであった!!

今、思い返しても、あのときの感動が胸に蘇る。

何度も言うようだが、

この歳になって自転車に乗れるようになるとは!

(誰が想像したであろうか、誰も想像しない・・・反語表現)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といってもですね、まだちゃんとした公道デビューはしておりません。

つうか、一般道デビューはしないかもしれない・・・。

ハウステンボス内やリゾート地の自転車道を乗り回すので十分満足しております。

技術的にもまだまだ未熟だし、現在立ち漕ぎ練習中というぐらいですから。

いやーでもね、気持ちがいいこと。

ゆるい上り坂を漕いでいって、下りをすいーっと手放しで(うそうそ)下りるあの快感。

出来なかったことが出来るようになるというのは、

いくつになっても、本当に嬉しい。

というわけで、今日は私の 自転車記念日

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただし、1年経過してもあまり上達が見られないような・・・。目標はいろいろあって、現在は静止状態から漕ぎ始めているわけだが、そのうちには漕ぎながら乗リ出すという・・・。どういうレベルじゃというご批判は承知の上で。

| | Comments (2)