スポーツメディア

スポーツ紙・紙面事情

先日、飛行機を利用しました。

人は、機内ではどうやって過ごすのか。

私の場合、眠っていることが多いのですが、そうでなければ最近はスポーツ紙に目を通してます。

CA(あるいはFAとか言った方がいいんでしょうねえ)の方が差し出すスポーツ紙の中から選びます。

行きの機内では日刊スポーツ(たしか)を選びました。

帰りは、「サンケイスポーツ」「スポーツニッポン」「スポーツ報知」とあと一紙の中からスポニチを選択。

7~8年前まではスポーツ紙をまともに見ることはありませんでした。

たまに電車内でスポーツ紙を見てるオヤジ風の横で「どれどれ」と覗いたりする程度です。

その頃のスポーツ紙のイメージは、「プロ野球」「プロレス」「競馬」「芸能」「風俗系」というものでした。

あくまで、イメージです。

数日間のうちにスポーツ紙2紙に目を通した結果、気がついたことがあります。

サッカー関連の記事にかなりの紙面が割いてあるんです

一紙では、WCの欧州予選の記事にほぼ1面分を使ってて、別の面に日本代表の記事他が。

帰りのスポニチではなんと欧州CL(チャンピオンズリーグ)の予選にやはり1面分が使われてました。

スポーツ紙って今頃はこういう紙面展開になってるんですねえ。

WCの「欧州予選」ですよ、欧州CLのしかも予選ですよ。

WCの欧州予選の記事では、予選8組のそれぞれの国名と予選経過や現在の予選順位、予選の仕方にいたるまで懇切丁寧に説明がなされており、お蔭で欧州予選の仕組みが今回わかりました。

結構まともな記事があるじゃないですか

スミマセン、スポーツ紙ってなんとなく胡散臭い記事が多いっていうイメージ持ってました。

でも、売れなきゃ駄目なわけで、要はこういう内容でちゃんと需要があるってことですよね。

欧州サッカーなんてのはCATVでなきゃ見られないわけで。

いまどきのスポーツ紙を買うお人は、この分量の「欧州サッカー」関連の記事にちゃんと対応してるというか、納得してるんですね。

そして、そういうお人は家ではCATVでヨーロッパサッカーを通常見てたりするわけですね・・・・・・。

巨人戦のTV視聴率が低いとか、プロ野球が危機的状況とかいうのが分かる気がしてきました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニッカンかスポニチか忘れましたが、面白い記事発見。

WCの予選でイングランドオーストリアに2-0から結果2-2ドローに持ち込まれたという記事。

そのときにイングランドのGKジェームスが相当悪かったらしくて、イギリスの大衆紙「サン」が酷評。

そして緊急にGKジェームスロバ、どちらがマシかというアンケートをとった結果95%が「ロバがマシ」と。

それで、「サン」はイングランドの次の試合に「急遽ロバを空輸」とか。ホントなんですかねえ。

そのゲーム(対ポーランド)では勝ったそうですけど、選手たちは1連の記事に反発してだんまりを決め込んだらしい。

こういうのって、スポーツ紙らしい記事ではありますね。とりあえず、ウケました(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)