ニュース

ヒトの涙(トホホ編)

xmastreeH001.jpg
  記事の内容とイメージが激しく違っています。
    「ご家庭のクリスマス・その3

どこにも行けずに、家で中途半端に過ごした昨夜。

いつも通りスポーツニュースを巡回中(NHK、TBS、フジが日課)、

ふと目を留めた大相撲九州場所千秋楽の結果。

結びの一番で魁皇朝青龍を下したらしい。

勝ち名乗りを受ける魁皇のアップが写ってびっくり。

  魁 皇  もしかして、 泣 い て る ?!

  魁 皇 が、朝 青 龍 に 勝って、泣いてるよ。

    魁   皇  ・・・朝青龍に勝ったぐらいで泣くなよ!! (泣)
 
    朝 青 龍 は・・・、とっくに優勝決めたあとなんだよ!! (号泣) 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ま、そんな 魁 皇 が、大好きなんですけど。(冷静)

   そりゃ、朝 青 龍 とは根性が違いますから・・・・。

相撲に興味がなくなって久しいけど、唯一好きな力士が 魁 皇 。

(ちなみに、唯一好きなサッカー選手が 福 西 。  ・・・関係ないか)

魁 皇 、あんたは大関のままでいいよ。

横綱になったって、あとは引退しかないわけだし・・・。

次、横綱になるのは、きっとあのナントカいう東ヨーロッパ出身力士だろうな。

あんな所から来てるヒトってのは、気合の入り方がちがいますから。

なにしろ、ちょんまげ頭(大銀杏とも言います)に締め込み姿ですから。

そんな格好をするってえのは、よほどの覚悟で来てますから・・・。

魁 皇 、あんたとは違うんですよ・・・・。   ブツブツブツブツ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まばたきの回数

以前、面白いと思った記事です。

<米大統領選>ブッシュ氏まばたき激減 第2回討論会

この記事を読んで、最初に頭に浮かんだのは、今話題のあの堀江貴文氏でした。

近鉄買収の話の頃からいつもTシャツのカジュアルスタイルが一部で問題視されましたが、それより気になったのがまばたき。

囲み取材の時に、特にまばたきが多いんです。

でも、報道番組のゲストなどの時にはそこまで回数が多くない気がします。

ライブドアの社員が「社長は外見(服装)で損をしている」(要約)と言ったそうですが、囲み取材の時のまばたきの回数でもNPBのお偉方には不安感を与えたかも。

考えてみたら、囲み取材というのは適切なコメントを準備しているわけでもないでしょうから、確かに精神的安定を保てない状況でしょうね。

その点、あらかじめ準備できる記者会見でしかほとんどコメントしない三木谷さんは賢いと思います。

先日のアダルトサイトに関する発言でも堀江さんは事実を率直に述べたと思いますが、三木谷さんは上手い具合にコメントしてましたし。

インターネットになじみの無い方々はあれを聞いたら、なんだかライブドアはアダルト野放しで楽天はきちんと対処しているような印象を持ったのではないでしょうか。

   本当はどっちも(ライブドアも楽天も)、たいして変わらないでしょ

要するに、三木谷さんのほうがマスコミ対策とかNPB向けのコメントとか上手いんですね。

囲み取材でもなんでも気軽に応じていつも率直な堀江さんには、まばたきの回数を減らして頑張ってほしい気もしてきました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記記事中のテッチ教授によると、ブッシュ氏は第二回討論会ではまばたきが激減していたので、「特訓を積んだ可能性が高い」ということですが・・・・・・、どうやって特訓したんだろう??

かえって意識してしまうのではないかしら。

こういう場合、目の大きさとか関係するんでしょうかねえ。目薬なんかも使うのかな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、堀江氏よりもっとまばたきの多いお人がおりました。

民主党の元代表・菅直人氏。

この方はもう、囲み取材、記者会見、街頭演説などどんなシチュエーションのときでも、

       ま ば た き 多 し

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  特訓されたほうがいいかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤマトの戦い(郵政民営化)

10/13付けの週刊!木村剛[コラム]小倉昌男氏ならば郵政とどう戦うか?という記事を読んでの私見をまとめてみました。

昔からヤマト運輸の利用者です。(ちなみに、郵政事業にもヤマト運輸にも関係者はいません。)
ヤマト運輸の、徹底的に一般大衆の便宜を図るという営業理念のようなものを評価しているからです。
小倉昌男氏はそのヤマト運輸の会長を辞して久しいと思いますが、いまだに「理想の経営者」のランキング上位におられるとか。
宅配業界におけるヤマト運輸のがんばりは小倉氏が牽引してきたものと思います。

郵政三事業に関して、少なくとも郵便事業の民営化には賛成です。
技術革新によるスピード化が進んだ現代で、郵便事業はここ10年ぐらいまったく進歩というものが見うけられません。
例えば「速達」というシステムは今やほとんど意味をなしていないようです。
車で3時間ほどで行ける場所に「速達」が届くまでに、投函時間帯によっては三日もかかったりするのが良い例です。
挙句の果ては、局員に「今だったら普通で出すのとあまり(配達時間が)変わりませんよ」などと言われたり。
こういうことは、民間企業ではありえないことです。

多少の費用をかけてでも大至急届けたい物があり、その市場は常に存在します。
正当な料金設定の下にどこまでもニーズに応えるというのが普通のビジネス感覚だと思いますが、郵便局にその感覚があるとは到底思えません。
多分誰でもそうだと思いますが、早く届けたいと思うなら文書でもなんでも宅急便を使うわけです。
宅配事業に関しては周知の通り、以前は重いものでも自分で持ち込まないといけなかったところに、ヤマト運輸が集荷システムで風穴をあけ、また配達時間の短縮化や配達時間帯の要望に応えるなどして今の利便性が得られているわけです。

ところで料金の問題ですが、確かにヤマト運輸は全般的に他業者より高い設定のようです。
これは私の推察ですが、ひとつは環境保護対策も関係しているのでは。
ヤマト運輸のように環境に配慮した運営を徹底しているところは他業者にはないように思います。
アイドリング防止対策として、集配員は車のキーをユニフォームにチェーンで装着していて、キーを抜かないと車から出られないようにしてあるのも然り。
また配達車両がサイズに応じて数種類用意してあり、かなり小さい省エネ車両もあります。
プロパンガス使用の大型トラックばかり見かける某業者などより、配達物最優先と環境保護対策に配慮した分、コストはかなりかかるのではとも思いますが・・・・。

引越し業務に関しても、頼んでみてわかったことはやはり環境保護に配慮してあるという点でした。
荷物の梱包・移動作業の過程では、環境にとって安全でなおかつ最小の材料を使っていかに手早く梱包し、最短時間で無事に移動設置するかという点で作業員へのマニュアル徹底指導や梱包材料の研究開発がなされている気がしました。
例をあげれば、ヤマトでは一般的によく使われていた発泡スチロールは食器梱包には使用していません。
全体でも発泡スチロールの使用は大幅に削減しているようです。
紙製(多分リサイクル紙では)の取り外し自由な袋状の入れ物が段ボール箱に設定されていて、短時間で詰め込みが出来てしかも破損しない仕組みになっています。

いろいろ工夫して作業時間の短縮も図っているらしく、以前であれば梱包・移動・設置・詰め込みで2日以上はかかりそうな作業を8時間程度で済ませてくれました。
こういうふうに、業界の技術革新の先鞭をヤマト運輸がつけて、他業者は追随しているという感じです。
しかも環境保護に関しては、配慮しているのは今になってもヤマト運輸だけではないでしょうか。

ただ、木村氏が言っている以下の点、

小倉昌男氏を尊敬するヤマト運輸ファンとしては大々的にサポートしたいところだが、どうにも気持ちが盛り上がらない。それは、これまでのヤマト運輸の戦いは消費者のために値下げするというものだったのに、今回は消費者の便宜を図るというよりも、ドル箱となっているコンビニ宅急便の寡占利益を守るためという風に見えなくもないからだ

これには私も同感です。そういう部分では正当な根拠なり言い分は意見広告などで開示するべきだと思います。

今は価格さえ安ければ良いという時代ではありません。
その感覚を見誤ったのがダイエーの失敗でしょう。
日本の消費者は(特に主婦層は)環境保護=健康への関心が特に高くなっています。
イオングループの成功はそれを敏感に取り込んだ運営(遺伝子組み換え食品の表示とか、産地表示の早期取り組みなど)と宣伝・広報活動によるものが大きいと考えます。

長年のサポーターとしては以下の二つの提案をまとめてみました。

・ヤマト運輸が省エネや資源の保護など環境問題に熱心に取り組んでいることを、もっとアピールしてはどうか。
・価格設定や今回の訴訟問題に関する説明を早急にしたほうが良いのでは。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、小倉さんは今どうしておられるのかと思い、ちょっと検索にかけてみました。
それによると、現在80歳ぐらいで、ヤマト福祉財団で障害者支援等福祉関連の運営に携わっておられるらしいです。
マスコミにも取り上げられたスワンベーカリーってこちらの関連事業らしいですね。  そうだったのか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

継続はチカラなり?

先週聞いた、かなり笑える話。

山口県萩市を通る国道262号線にイチローシーズン最多安打記録に因んだ名前を付けようと県議が提案。

いはく、「イチローロード」とか。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   あきれた

「町おこし」みたいなつもりなんでしょうかね。   ほかに考えることはないのか・・・・・・・・・。

イチローといえば、今回もあの国民栄誉賞を辞退とか。

国民栄誉賞より、イチローには「人間国宝がふさわしい」と言ったのはビートたけし

   賛成します

イチローといえば、「継続は力なり」。

好きな言葉だそうです。イチローが言うとすごく説得力があります。

イチローが使って以来、この言葉はすごくメジャーになりましたよね。

それまでは、座右の銘とか好きな言葉といえば、多かったのは「一期一会」。

ここ十年ほどで、「継続は力なり」の使用度が急上昇。

なかなかそうできない人が、自分の理想として使っているというケースなのでは・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、自分の好きな言葉というのを考えてみました。

君子危うきに近寄らず」 「無事これ名馬」 「人間万事塞翁が馬」 ・・・・・・・・・・・・・・。

なんだか人間性が見えてきたような気がします。

そのほか、最近とくに気に入っている言葉は、「温故知新」。

なんについてもいえる言葉で、ホント、昔の人は良いこと言うなあ。

座右の銘はと聞かれたら、これにしようっと。

聞かれたこともないですけど・・・・・・・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

祝イグ・ノーベル賞受賞!!

いつもは1日1回も更新しないのに今日は特別にもう一つ。

それは・・・、イグ・ノーベル賞!

今年は「平和賞」にカラオケを発明した兵庫県の井上大祐氏(64)が選ばれたそうです。

9月30日にはハーバード大で授賞式も行なわれたとか。

井上氏はカラオケ発明の際に特許申請をしてなかったので、大儲けしたわけではないんですよね。

それでも、なんだかおおらかに暮らしているお方で、好感が持てました。

氏のためにも本当に嬉しいです。

イグ・ノーベル賞については、タカラの「バウリンガル」が受賞(2002年)した時に知ったのですが、過去の日本人受賞者というのを見てみました。

  イグ・ノーベル賞の日本人受賞者

 ・・・・・・・・・・素晴らしいですね! 大好きです、こういうの。

受賞理由というのがまた、感涙ものです。ホントに泣きそうです。

「バウリンガル」の時は、発売後すぐに買って、犬党の先輩ご夫妻(ラブとミニチュアダックスがいる)にプレゼントしたんだけど・・・・・、

かなり当惑されたようでした

こっちは、ノリノリだったんですけどねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気になるニュースあれこれ

サッカー・アルゼンチン代表新監督決定!!

一昨日、ビエルサ前監督辞任のニュースを聞いたときは、正直あせりました。
もしかして元ボカ・ジュニアーズ監督のビアンチさんが後任に決まったらどうしようと思って・・・・。
以前にも言いましたが(8月3日付「山本監督」参照)、ビアンチさんは日本代表後任監督に勝手に決めているので。
ほとんど妄想ですけど。
ちなみに新監督のホセ・べケルマン氏、ユースの監督で何回も世界制覇した人だそうですが・・・・。
元監督のビエルサさん、ちょっとジャック・ブラックに似てると思うのは、私だけ?私だけですね。
ちなみに、このビエルサさんの写真・・・ちょっと違うとおもうな。実物はやっぱりジャック・ブラック系ですよ。


ライヴドアがNPBへ参加を正式に申請

これについては、特に言うことはないけど、面白いのは堀江社長の記者会見での服装。
ジャケット着用してますよね。
堀江さんといえば、おもにTシャツスタイル
それでNPB側のどなたかから、(どんな場でもTシャツスタイルの堀江氏について)「見識を疑う」とかなんとか言われてました。
それでジャケット着用となったんでしょうか。
一部妥協でジャケット着用、最低限の自己主張でノーネクタイってことなのかしら。
どうでもいいことですね。ひとりごとです。

今日は「楽天」の三木谷社長プロ野球への参加を正式表明とか。
こちらの正式申請は来週中だそうですけど。
三木谷さん、ヴィッセル神戸の買収から間を置かずに、次はプロ野球参入って大丈夫かな。
ただ、ヴィッセル神戸の時は「楽天」としてではなくて、個人資産を使ってということでしたよね。
あそこも、イルハンでは滑ったわけだけど、なんだか強気です。

イルハンといえば、サニーサイドアップですね。
イルハン退団のときは、もめたんじゃないでしょうか。
次原社長、30代でしょ、どんな方でしょうね。興味あります。

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長崎原爆の日

今日は、長崎原爆の日。

「長崎原爆」をキーワードにして、googleの検索をかけてみました。

(以前の記事「広島原爆の日」ではyahoo!の検索)

全体的には広島原爆関連のものより、地味で控えめな印象のものが多い気がしました。

でも、それがいいのか、どうか。

長崎に新しく出来た施設のHPは、サイトとしても新しいだけにインパクトのある造りになっていました。

  国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

ただし、建造にあたっての概要みたいなものを見たところ、死没者に想いをはせて瞑想する空間としての施設ということで、展示系のものはそんなに多くないのでは。サイトの内容としては今からという感じ。

以下のサイトはわかりやすくまとめてあり、特に「平和Q&A」などがだれにでも分かりやすく充実してました。

      長崎平和宣言

「平和Q&A」の中で驚いたのは、国別核実験の回数というところです。

   こんなに、核実験してたんですね

  環境破壊もここまで来ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

広島と長崎で使われた原爆の種類が違うことなどを知ったのはつい最近のことでした。

身近なところで、知らないことのなんと多いことか!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

広島原爆の日

今日は、広島原爆の日。

「広島原爆」をキーワードにYahoo!の検索をかけてみました。

さすがにこのキーワードですからサイトは数多くあるわけで、ぱっとみてシンプルなものを一つ紹介。

      A-Bomb WWW Museum

核兵器の問題、戦争の問題は簡単に片付けられない事柄です。

「原爆」と言えば「真珠湾攻撃」とか「南京大虐殺」とかの話になったりもしますし。

60年近くたってきますと事実の検証という点だけでも諸説があるわけです。

特にネット上ではいろんな情報が垂れ流し状態ですから、あんな意見、こんな意見と、もう山ほど。

でも、そういう多種多様な意見なり説明をいろいろ見ておくのもいいことですよね。

外国のメディアには「日本人はこの時期だけ戦争のことを考える」とか皮肉る向きもあるようですが・・・・・、

  いいんじゃないですか、なにも考えないよりは。

| | Comments (0) | TrackBack (2)