« January 2014 | Main | March 2014 »

腕時計

数日前、腕時計が止まっているのに気が付いた。

電池切れと判断し、以前も行ったことがある時計売り場へ。

見覚えのある男性社員(50代半ばぐらいか)は、

電池交換を依頼した私から黙って腕時計を受け取ると、

一瞥するなり、

眼鏡ふきのようなクロスで腕時計を拭き始めた(汗)。

そのうち、繋がっている金属製ベルトの留め金をペンチのようなもので外し、

蛇腹のようになっているベルトの隙間や、裏側を、

歯ブラシのようなもの(専用ブラシか?)で磨き始めたではないか(大汗)。

5分ほど経過し、さすがに私も気になって、

そうとう汚れてるんでしょうねー♪」

さりげなく話しかけたところ、

汚れている腕時計を見ると、作業をする気にならないんですよ

と、きっぱり。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。

言われてみれば、

日常防水機能はあるというその腕時計は、普段使いのお気に入りで、

ほぼ毎日装着しているが、

磨いたりしたことが一切なかった私(恥)。

電 池 交 換 の 前 に 、ま ず 清 掃 

と告げた専門家(らしい)の言われるには、

レストランなどでオシボリが出てきたら、

手を拭いた後でよいから、腕時計を拭いてください

何も専用のタオルとか、きれいなクロスとかでなくていいんです

そうしているうちに、

あ、ここはちょっと汚れているな・・」とか、

隙間に汚れがたまっているな・・」とか、

気になり始める、のだそうな。

そうなってくると、しめたもの(なのかどうか・・・)

自分でもブラシやらクロスやらで磨こうという意欲がわいてくる、とのこと。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

結局、

清掃から電池交換、「日常のお手入れ」の解説まで含めて、

30分ぐらいは費やしたかと思われ。

(電池交換自体は1~2分で終了した模様。。)

ピッカピカに磨かれた腕時計を手に取り、

まあ、綺麗♪」と、お礼を言って帰ったものの、

居合わせたH氏に、

これ、綺麗になってると思う?」と尋ねたところ、

よく、わからん」 ですと。

  。。。。。。。。。。。。。。。。

なんにしても、

専門家の気概というか、「こだわり」にひとしきり感心した次第。

| | Comments (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »