« パーフェクト!! | Main | 真夏のSAで脂汗(後編) »

真夏のSAで脂汗(前編)

お盆明けの先週。

久しぶりに再会したR嬢を誘って、H氏と3人で菊池渓谷へと出発した。

遠出をする際はいつもそうであるが、往路の高速道のドライバーは私である。

昨夏に購入した愛車はスポーツ仕様でもあり、乗り心地の悪さは筆舌に尽くしがたく。

特に、後部座席は最悪である。

鳥栖を抜け、熊本自動車道をしばらく走ったところで、

とつぜん、背後からH氏が、

「次のSAに入って!」

と叫んだ時は、一瞬、気分でも悪くなったのかと思いかけた。

がしかし、

SAの駐車スペースに進入する最中にもドアを開けようとするただならぬ様子に、

長年にわたるH氏との付き合いから、

彼の習性を知り尽くしている私は、すべてを察した。

「もしかして、トイレ??」

  。。。。。。。。。。。。。。。

言葉を発するのも刺激になるのか、

ふがふがと何事かつぶやいたH氏は、脱兎のごとくトイレへと駆け込んだのであった。

                                     つづく

|

« パーフェクト!! | Main | 真夏のSAで脂汗(後編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パーフェクト!! | Main | 真夏のSAで脂汗(後編) »