« オシムの言葉 | Main | W杯2010(タコの予言) »

ルステンブルクの感動

午前3:20に目覚まし時計をセットして、寝たのが12時。

鳴ったのに、全く気づかず。。。

(実際は、目覚ましを止めてまた寝たらしい・・・恥)

その音で「起こされた」というH氏の、

「起きなくていいのか?」

という声に、あせって起きだし慌ててリビングのTVをつけたら、

試合開始後、8分ほど経過していた。。。

得点が0-0なのを確認してソファに寝転がったら、再び爆睡。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本田のFK得点で目覚めた。

その後、遠藤の直接FKが決まった時からは涙が止まらず。

引き分けでも決勝トーナメント進出が決まっっていたこの試合。

「最初から引き分け狙いで守って行ったら絶対負ける」

と思った人間は多かったと思う。

私も、

「勝ちに行って、最終的に1点差で勝つか引き分けるか」

と、想像していた。

勝たなければ決勝トーナメントに進めないデンマークは前掛かりで来るだろうから、

こちらに得点のチャンスは絶対ある、とも思っていた。

だけれども、

日本代表が、W杯の本気対決で、

ヨーロッパの格上チーム相手に3点獲る!!

ということを、誰が想像しただろうか。

(最新のFIFAランキングでは、デンマーク36位、日本が45位)

後半に日本が与えたPKを、

あんなに安心して観られたなんて。。。。

全員一丸」の監督・スタッフ・控えまで含めた代表選手達には、

心の底から叫ぼう。

 あ  り  が  と  う  !!

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ドーハの悲劇」とか「マイアミの奇跡」とか「ジョホールバルの歓喜」とか、サッカーの国際試合ではいろいろな表現がある。日本がオリンピックでブラジルを破った「マイアミの奇跡」は記憶の限りでは、日本ががちがちに引いて守り、ワンチャンスの1点で勝利したものだったと思う。あの時の日本のあの戦術しか日本には勝ち目はないのかと思ったこともあった。あれ以降、攻撃的になるたびカウンターを食らって撃沈させられることのなんと多かったことよ。。。

決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦からはジャパンブルーを着用して観戦する予定なり。数日前の「夏物セールの下見」でジャパンブルーのノースリーブを発見。規定時間を過ぎ「確保できた」との連絡があり。ラッキーー!!!

パラグアイの次は、まだわからないがG組2位×H組1位の勝者ということで、勝手な予想ではポルトガルかと。。。。。こういうことを予想するのもまた楽しみの一つ。。。感謝。

|

« オシムの言葉 | Main | W杯2010(タコの予言) »

観るだけスポーツ」カテゴリの記事

Comments

いつもの時間に起きたらちょうど試合が終わったところでした。
まさか3-1とは。。。
朝食はパン食になってしまいましたsweat01

プレゼントブルーがここにもあったと
おおよろこびの朝でした

めざましで起きて観られたとは さすがですm(__)m

Posted by: yasunoko | June 26, 2010 at 11:32 PM

yasunokoさん
お久しぶりです。
日本戦だけでなく、他の国の試合まで観ているので毎日大変です(大汗)。
他国同士の試合もエキサイトして楽しんでいますが、自国代表が残っているというのはまた格別なものですね。

Posted by: ブーマリン | June 27, 2010 at 11:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オシムの言葉 | Main | W杯2010(タコの予言) »