« 焦りの師走(11月の記憶++) | Main | 泳ぐたい焼き »

だいじに、だいじに(おじいさんの時計)

Standingclock09

身長285cmとか。

♪おお~きなのっぽの古時計~♪

と、歌いそうになる。

ハウステンボス内の代表的なホテル、

ホテル・ヨーロッパのロビーにある、

私のお気に入り。

Clockface09 文字盤もとても綺麗です。

(なにしろ背が高いこの時計のこと、上部にある文字盤を真正面から写せないのが残念・・・)

文字盤の下方、カーテンの向こうにはオランダの海が広がり、

Clockface209_2 波間を行く帆船は、

機械仕掛けで動く仕組みになっているらしい。

(動いてるとこが見たいものですな)

Standingclocknotes09 これは時計の脇の説明文。

18世紀といえば、ルイ16世やらマリー・アントワネットやらの時代。

この時計を作った、アムステルダムの時計師ルイス某は、もしかして、

ぴちっとした、白いハイソックス(タイツ?)みたいなのを穿いていたのかしらん・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も、いろんな面白いものを見つけられればいいな。

人も、物も、あらためて大事にしたいと思う新年の幕開け。

なにはともあれ、

頑張れ、ハウステンボス !!

|

« 焦りの師走(11月の記憶++) | Main | 泳ぐたい焼き »

ひとりごと」カテゴリの記事

ハウステンボス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 焦りの師走(11月の記憶++) | Main | 泳ぐたい焼き »