« 大人ということ | Main | さよなら MJ »

大人のライヴ

気の進まないH氏を無理やり誘い出して、観に行って来ました。

シャイン・ア・ライト

ご近所シアターでは、一般公開から4ヶ月も遅れての上映。

いやー、感慨無量でした。

その昔、ストーンズのドキュメンタリー映画「ギミー・シェルター」(1970)を観て、

キースのミックへの友情に感動したこと。

はたまた、幻と化した来日公演(1973年)のチケットを入手するため、

赤木屋本店前で友達と一晩過ごしたことなどが走馬灯のように。。。

あれからどれだけの時が流れたことよ・・・・嗚呼

ちなみに、以下はH氏の感想。

年寄りが歌ったり踊ったりするのを観て、

      一体どこが楽しいんだっ??(怒)

    

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

H氏の場合、若い男女の踊りやパフォーマンスを観るのは好きらしいのだが。。。この映画のライヴではクリスティナ・アギレラがゲストヴォーカリストでミック・ジャガーと共に歌う場面もあり、「そこだけは見た」とのこと。それにしても、重厚な内装のビーコン・シアターでのライヴにはクリントン一家を筆頭に30組?のセレブが訪れたそうだ。クリントン夫妻とチェルシー、ヒラリーの母親などとハグを交わし、記念撮影に収まるミックやキース。当然のことながら、メンバーは皆大人すぎるほど大人です。そりゃそうだ、ミックなんて2003年以降は「サー・ミック・ジャガー」なんだから。。。。

無理やりH氏を引っ張って行ったのは、メンズデーだったから。おやじだらけの劇場に一人で入場するのは気が引けたわけですよ。ところが、入ってみれば、観客はなんと私らだけという貸切状態。これじゃあ、一般公開時に観れなかったはずだ。。。。

|

« 大人ということ | Main | さよなら MJ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大人ということ | Main | さよなら MJ »