« January 2009 | Main | March 2009 »

納棺あれこれ(embalmer!?)

映画「おくりびと」について。

この映画、公開時にすぐ観に行きました。

親を二人とも送った経験のある自分は、泣くのかな、とも思ったけれど、

意外と冷静に観ることができ。

というのも、映画自体は「泣ける映画」というよりは、

しみじみと情感のあるエンタテインメント映画」 といった趣のもの。

笑える部分もたくさんあり、

笑い、しみじみ、笑い、しみじみ、といった感じで進行し、

最後はすっきりと観終えることができました。

(以下ネタばれ少々)

月給50万」で、「旅のお手伝い

といううたい文句につられて面接に赴き、

仕事が「納棺」だと知って愕然とするという場面が、まずは面白く。

月給50万」というのも、高いような、安いような。

(仕事の具体的な内容を考えれば、微妙な金額かと)

ここで思い出したこと。

知り合いの若いアメリカ人男性で(20代後半か)、

帰国したら“embalmer”の資格を取るという人がいた。

推測するに、この“embalmer”というのが、日本であれば納棺師であろうかと。

(辞書ではembalmは「(死体に)香油を注入する」とか「(死体に)防腐処理を施す」などあり、「葬儀用の遺体の修復や化粧も含む」とある。ジーニアス英和大辞典より)

その話を聞いたときは「え~っ!」と一瞬驚いたけれど、

(単語を聞いただけではわからなかったが、説明を聞いてようやく理解)

「知り合いにその職業で成功した人がいるの?」と、訊いてみた。

そういう職業というのは、身近に存在しないと想像できませんよね、ふつう。

彼が言うには、叔父にあたる人が葬儀社(funeral home)を経営していて、

大層羽振りがよいとのこと。

そこで働きながらenbalmerの資格を取り、

将来はfuneral homeを経営したい、という話を聴き、

なんだか大変そうだな、と思った記憶あり。

納棺の話、もう少し続けるかも。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこのアメリカ人男性は親戚の女の子のフィアンセ。「何の資格もない外国人」との結婚に猛反対の両親は二人を思いとどまらせるべく親戚一同を総動員。がしかし、反対されればされるほど燃え上がるのが恋心というもので。結局、彼女は反対を押し切って結婚、渡米。それから数年して二人は離婚し、彼女は別のアメリカ人男性(今度はバツイチの中年男性)と再婚。彼の方はといえば、結局その資格は取らずじまい、だそうで。。。。嗚呼。

| | Comments (0)

逃げる月に観た映画

当初、記事タイトルを「2月逃げる」としていたのだけれど、

どうも以前に使ったような気がして、

調べてみたら、2005年2月28日付で「2月逃げる!?」という記事が存在(大汗)。

ブログも長いことしていると(2004年6月開始)、

いろいろ気をつけなければならないことが多いですな。

このところ仕事関係の電話や来訪者が多く、

溜まっている家事を片付けようとか(掃除、洗濯、片付け・・・)、

トイレに行こうとか(脂汗)、

ブログを更新しようとか、

何かを始めようとすると、決まって内線電話が鳴り響く。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

気を取り直し、

今月に入って3本の映画を観た。

まずは、「マンマ・ミーア!」

これはもう、言うまでもなく音楽。

観終わって何日も、何日も、使用曲が脳内リピート。

結局、コレ買いました。

(映画ではすべて出演者が歌っているということで。メリル・ストリープは歌も上手い!ピアース・ブロスナンは頑張ってるけどちょっと。。。)

お次は、「レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで

タイタニック」主演の二人が夫婦役で出演するこの映画。

30歳の夫を演じるレオ様の横顔、顎のラインのたるみ具合はどうしてまた?

それに比べて、妻役のケイト・ウィンスレット

2度の結婚、2度の出産を経た今、

タイタニックの頃より数段美しく格好いいと感じたのは私だけだろうか。

以前より背が高い印象で、体形もずっとシェイプされていた。

(タイタニックの頃はずんぐりとした印象だったような・・・)

設定が50年代ということで、 その時代ならではの夫婦のあり方なのだけれど。

どの時代でも共通する、夫婦であれば身につまされるような台詞の応酬。。。嗚呼。。

とはいえ、英語がわかり易くて勉強になった。

英語で夫婦喧嘩するとすれば、こう言えばいいのか、など。

(50~60年代の恋愛映画が英語自体はわかりやすいな。犯罪ドラマの英語はわかりにくい、というか、ほとんどわからず・・・)

3本目は、「チェ39歳別れの手紙

チェ28歳の革命」を観て、これも観ようと決めていた。

喘息の発作に苦しみつつ、支援を得られないゲリラ活動で捕らえられ、

処刑されるゲバラ。

ラストで流れる、物悲しい女声のフォルクローレに、ただ涙が流れた。

前・後編を通じて、余計な感情表現や心情描写がないところは、

ゲバラ好きという監督(スティーヴン・ソダーバーグ)の彼への誠意なのかも。

それにしても、この前・後編を観て、ベニチオ・デル・トロを見直した。

ゲバラを演じているのが、デル・トロであるということをまったく忘れておりました。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以前書いたようにデル・トロの作品は「23グラム」しか観ていず、好みのタイプでもなんでもない私としては、今まで彼のことは「小汚いプレーボーイ」(失礼!)ぐらいの印象しかなく。

3本のうち2本はH氏を無理やり誘って観に行った私。なんといっても、カップル料金は強味ですな。それにしても、「チェ・・・」のエンディングで流れたクレジットを見て、「あ、これスピルバーグの作品だったの?」と口走ったH氏。。言われてみれば、監督の名前似てるか。。。。似てないって。

| | Comments (0)

お祝い2009(賀寿ふたたび!)

今年も賀寿のお祝いに参加してきました。

場所は昨年と同じ和食レストランです。

お祝いもまた、昨年と同じく還暦祝いで今回はなんと3人も該当者がおられ。

主賓を含む総勢17名のレディースが大集合し、それはそれは賑やかでした。

このメンバーは全員ダンスの先輩でもあり(主賓の一人はダンスの先生)、

内3名の先輩は昨年までに還暦を済ませ、目立って活力のあるマダム連です。

賑やかに1次会を終了したあとは、お決まりのカラオケへ。

話によれば、この会のカラオケはダンサブルなナンバーがお約束とのこと。

スローバラードなどを下手に歌ったりなどしようものなら、

ブーイングの嵐が。。。。

お嫁サンバ」でサンバを踊る方もいれば、よく知らない曲でジルバったり。

流れを完全に無視して「赤いスイートピー」や「最後の言い訳」を熱唱する方もいて、

文句を言ったり、言われたりしつつも、

みんな、それぞれ勝手に盛り上がり、2時間楽しんで散会いたしました。

1次会で超満腹状態のはずでしたが、カラオケでは全員ソフトクリームを平らげ。

皆さんあまりにもパワフルなので、

シャイかつ自己チューな私にはついて行けないこともままあり。。。。

がしかし、それぞれがストレスフルな仕事をばりばりこなしながら、

苦労はあっても人には見せず、あくまで強気の姿勢です。

強くなければ女ではない」という意気込みが感じられ。

なんといっても

いろんな意味で「守り」に入っていないところが本当に素晴らしい!

遅れをとりつつも、なんとかついていかねばと、深く決意するのでした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レディースはオシャレにも力が入っていて、アラサー世代(30歳前後)のお嬢さん方とほぼ同じ格好をしておられます。実際、お嬢さんと洋服や小物は共有したり、交換したりされるそうで。ヘアスタイルもエクステで急にロングになってみたり。。「入院したとき用」と称して、眉毛はタトゥーだしまつ毛もエクステで超ロング。。ダンスやフィットネスで身体を鍛えておられるせいか、うしろ姿は30代(昨年も言った!)といっても過言ではなく。いやー、いろいろ教えていただくことが多いこと。。。

| | Comments (2)

« January 2009 | Main | March 2009 »