« 九月雑感(雨の奥多摩) | Main | 山中の蕎麦屋(結果はグー!) »

雨の奥多摩(山中の蕎麦屋)

都心を出発したのが、午前11時過ぎ。

カーナビで「奥多摩湖」とセットしたところ、

高速道を経由しても到着時間はなんと15時30分ですと!

へえっ、そんなに遠いの?

朝食を摂ったのは9時頃だったので、お昼は2時ぐらいでも構わないのですがね、

15時30分までは、もたないと思われ。

道中のファミレスか奥多摩近辺の蕎麦屋ででもランチ休憩しようということに。

ここ数年、山間地周辺の道路沿いには、

こだわりの手打ち蕎麦」みたいなお店がやたらと多く。

(最近よく行く佐賀県北山ダムの周辺にも、「そば街道」など、蕎麦屋が連なる通りがあり、人気店は平日のお昼でも行列が出来るほどの大盛況。)

市街地を通り抜けるまでに、何軒か見かけた「ステーキのどん」や「どん亭」の「牛すき鍋膳」?にも未練を残しつつ、

やっぱり、関東では蕎麦を食わねば」と宣言。

多摩川上水の辺りを抜けて、雰囲気の良い渓流沿いの道路上では、

何軒も蕎麦屋を見かけたものの、

まったく事前情報がない状態では、

店構えと看板から漂うオーラのようなもので判断するしかなく(汗)。

個人的判断で何軒もスルーして(大汗)、

いよいよ山間部にさしかかった頃には、時間はもう2時を過ぎていた。

空腹感の増大とは裏腹に、沿道の店と皆の口数は減少し。

(自分の予定通りに事が運ばないと怒り出すH氏と、空腹状態が続くと不機嫌が顔に出るR嬢・・・やれやれ。S兄は難路の運転で四苦八苦だし。)

蕎麦宣言」をした自分にしてみれば、気分は焦るばかりなのであった。

そうこうするうち、山間部の道路上で「手打ち蕎麦 ○○○○亭」という看板を発見。

その道路上から脇道を登ったところにあるらしく、

急遽、ここに決定。

ところが、

脇道を登れども登れども、店の影も形もない。

おまけにその脇道たるや、結構な急坂で曲がりくねっており、

車1台通るのがやっとの狭さで、戻るにも戻れず。

雨脚までひどくなってくる始末。。。

途中まで登ったところで、不安感が増幅。

H氏のイライラが、他3名にもはっきりと伝わってきた。

あと少し登って、店がなければ引き返そうということになったところで、

○○○○亭もうすぐ」という看板発見。

気を取り直して、

また登り始めるも、まだまだ店は見えず、

上からバンが1台下りて来たのを、数メートルバックして交わしたり。

H氏のイライラがほとんど怒りにまで達しそうになった時、

なんと、2枚目の看板「もうすぐ」に遭遇。

とりあえず店までは行こうと、話がまとまり。

急坂を上り詰めたところで、ついに店にたどり着いた。

               つづく

|

« 九月雑感(雨の奥多摩) | Main | 山中の蕎麦屋(結果はグー!) »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 九月雑感(雨の奥多摩) | Main | 山中の蕎麦屋(結果はグー!) »