« August 2008 | Main | October 2008 »

山中の蕎麦屋(結果はグー!)

ようやくたどり着いた、「とちより亭」 

駐車スペースがほぼ満杯状態なのに驚いた。

あの急坂を登って、これだけの車が、わざわざこの蕎麦屋まで来るとは。

なんと、物好きな・・・・。

(いや、私らもそうなんですが。。。)

時間によっては、登る途中で何台もの車に遭遇したかもしれないわけで、

想像しただけで、怖い。

どうにかスペースを見つけて駐車し、店の方を眺めると、

(駐車スペースの上方に、短い坂のアプローチがありその上に店があった)

店の前には、どうやら順番待ちの人までいるらしく。

この賑わいなら、そんなにヘンな店でもなさそうだなと。

入店することに決めた。

(そんなに待たずに入店でき、さっそく4人共もりそばを注文。

(そばメニューは、もりそばとろろそば天もりそば があるのみ。)

周囲の人々の注文品をちらちら見たところ、

もりか天もりを注文した人ばかりのようで、

見た目はなかなかに美味しそう。

急に、期待感が高まる。

どなたも黙々と蕎麦をすすっていて、あまり話をする人もいないのは、

たどり着くまでの神経疲労のせいに違いない、と勝手に納得。

もりそばには、薄切りこんにゃく(わさび醤油でいただいた)、カブの酢物風と、

そば粉入りの皮の平たいおまんじゅうがついていた。

どれも非常に美味しく、あっという間に完食。

これで800円は安いでしょう。

(辺鄙なところは輸送費がかさむので、価格はなんでも高めが常識だけれど)

いやー、満足、満足。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いえね、人気のない急な坂を登っている間は、不安感と不信感で一杯で。なんか怪しい店ではないかとか。「体験道場」とか書いてあったし。一体、どういう体験をさせられるのか。例えてみれば、「注文の多い料理店」by宮澤賢治みたいな・・。あとで調べたところ、このお店はツーリング趣味の方々の間では知られたお店らしく。ご主人らしき人物やお運びの女性も感じがよく、ここのメニューは地域グルメ情報ネットでも紹介されていた。「体験」は「蕎麦打ち体験」だそうです。ま、4人いたから良かったようなものの、単独運転だったら絶対に来てないはず。言わせてもらえば、「もうすぐ」の看板(2枚)が出てからも相当長く走らねばならず。最初の案内板から店までは、なんと2.5kmもあるとか。。。

| | Comments (4)

雨の奥多摩(山中の蕎麦屋)

都心を出発したのが、午前11時過ぎ。

カーナビで「奥多摩湖」とセットしたところ、

高速道を経由しても到着時間はなんと15時30分ですと!

へえっ、そんなに遠いの?

朝食を摂ったのは9時頃だったので、お昼は2時ぐらいでも構わないのですがね、

15時30分までは、もたないと思われ。

道中のファミレスか奥多摩近辺の蕎麦屋ででもランチ休憩しようということに。

ここ数年、山間地周辺の道路沿いには、

こだわりの手打ち蕎麦」みたいなお店がやたらと多く。

(最近よく行く佐賀県北山ダムの周辺にも、「そば街道」など、蕎麦屋が連なる通りがあり、人気店は平日のお昼でも行列が出来るほどの大盛況。)

市街地を通り抜けるまでに、何軒か見かけた「ステーキのどん」や「どん亭」の「牛すき鍋膳」?にも未練を残しつつ、

やっぱり、関東では蕎麦を食わねば」と宣言。

多摩川上水の辺りを抜けて、雰囲気の良い渓流沿いの道路上では、

何軒も蕎麦屋を見かけたものの、

まったく事前情報がない状態では、

店構えと看板から漂うオーラのようなもので判断するしかなく(汗)。

個人的判断で何軒もスルーして(大汗)、

いよいよ山間部にさしかかった頃には、時間はもう2時を過ぎていた。

空腹感の増大とは裏腹に、沿道の店と皆の口数は減少し。

(自分の予定通りに事が運ばないと怒り出すH氏と、空腹状態が続くと不機嫌が顔に出るR嬢・・・やれやれ。S兄は難路の運転で四苦八苦だし。)

蕎麦宣言」をした自分にしてみれば、気分は焦るばかりなのであった。

そうこうするうち、山間部の道路上で「手打ち蕎麦 ○○○○亭」という看板を発見。

その道路上から脇道を登ったところにあるらしく、

急遽、ここに決定。

ところが、

脇道を登れども登れども、店の影も形もない。

おまけにその脇道たるや、結構な急坂で曲がりくねっており、

車1台通るのがやっとの狭さで、戻るにも戻れず。

雨脚までひどくなってくる始末。。。

途中まで登ったところで、不安感が増幅。

H氏のイライラが、他3名にもはっきりと伝わってきた。

あと少し登って、店がなければ引き返そうということになったところで、

○○○○亭もうすぐ」という看板発見。

気を取り直して、

また登り始めるも、まだまだ店は見えず、

上からバンが1台下りて来たのを、数メートルバックして交わしたり。

H氏のイライラがほとんど怒りにまで達しそうになった時、

なんと、2枚目の看板「もうすぐ」に遭遇。

とりあえず店までは行こうと、話がまとまり。

急坂を上り詰めたところで、ついに店にたどり着いた。

               つづく

| | Comments (0)

九月雑感(雨の奥多摩)

Okutamarain08sept_2 雨に煙る奥多摩湖(撮影者 H氏)。

(なんとなくロールシャッハテストみたいな。。。)

関東在住のS兄が新車を購入したというので、

九州くんだりから、わざわざ見に行った私。

(連れはH氏。旅は道連れ、世は情け~)

6段ミッションのマニュアル車(!)と聞き、

二人とも免許証を持参。

(ここだけの話、マニュアル車を運転するのは教習所以来。しかも教習所の車は3段変速のサイドレバーだったし・・・)

ぜったい運転はさせん」というS兄だが、まずは、

ドライブ、ドライブ~

(頭の中では、スピッツの「青い車」がエンドレス。♪君の青い車でに行こう~♪♪・・・)

新車のボディーカラーはまさしく、ピッカピカの冴えたブルー。

マニュアル免許を持つというR嬢も誘って、

4乗で奥多摩へと出かけたのであった。

                       

                     つづく

| | Comments (2)

September(嗚呼、九月。。)

Ureshino08aug しばらく更新がなかったのは、

北京オリンピック観戦にかまけていたから、

というわけではなく。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は8月下旬に訪れた嬉野温泉「ハミルトン宇礼志野」。右端の「女性」という表示は、露天風呂のローテーション。2時間単位で男女が入れ替わる模様。露天風呂はここから中庭に出た小高い場所にあるそうで。残念ながら、今回露天風呂は体験せず。

| | Comments (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »