« 続・真夏のミーハー(ベッカムに恋して) | Main | 猛暑のさなかに »

再会

Museum08july というわけで、

かなり強引な「つづき」だけれど、

メールオーダーした「奇跡のシンフォニー」のサントラ盤を聴きながら(汗)、

こんな所まで行ってきました。

北九州市立美術館

目的は、彼女に会うため。

オフィーリア(Ophelia)

会うのは、2度目の彼女。

初めて会ったのは、*1998年の神戸。

たまたま、神戸を訪れていて、

「*テイト・ギャラリー展」開催中の*兵庫県立近代美術館(当時)に立ち寄ったのでした。

その時まで、ミレイの「オフィーリア」の存在を知らなかった私。

入場者がさほど多くない展示室の、この絵の前に立ち、

じっと見ていると、だんだん不思議な感覚に浸されてきました。

場所は英国の田園地帯。

森の中の小川で、生身の女性がゆっくりと流されてゆくのを実際に見ているような臨場感あり。

草花が咲き乱れる小川のほとりのむせ返るような「森の香り」と、

流れ行く若い女性の息遣いまで聞こえそうな生々しさがあり。

神戸でこの絵に出会ったときに、思わず近づいて匂いをかいだほど(大汗)。

今回の展示はジョン・エヴァレット・ミレイ展ということで、

ミレイの画家としての出発点や習作の数々、後期の作品など多数鑑賞でき、

興味深いものがありました。

                

               つづく(・・; ・・;) 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テイト・ギャラリー」は、現在では「テイト・ブリテン」と名称を変えています。

*神戸での開催年・施設名につきましてはご指摘があり間違いを訂正しました。開催年は1998年(4月15日~6月28日)であり、正式名は「英国絵画の殿堂 テート・ギャラリー展」です。兵庫県立近代美術館は現在は「原田の森ギャラリー」と名を変えて、移転した兵庫県立美術館の分館となっているそうです。   

|

« 続・真夏のミーハー(ベッカムに恋して) | Main | 猛暑のさなかに »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

crying「奇跡のシンフォニー」もう一回と新聞を見たら
もうどこもやってないんですね~ おそかりし。。。でしたheart03

Posted by: gura | July 30, 2008 at 11:47 AM

guraさん
あらま、そうでしたか。。。
私もがっくり。。。
(ジョナサンに再会する予定が~weep

Posted by: ブーマリン | July 30, 2008 at 07:09 PM

はじめまして。Chicacoと申します。
検索から来ました。

風向さんも、オフィーリアに二度会われた方なのですね。
私も先月、彼女に再会してきました。
彼女に会うために、和歌山から東京まで。

ところで、検索でこちらに辿り着いたのは、自分のblogを書くために色々と記事を調べていたからなのですが、「テート・ギャラリー展」が開催されたのは2000年ではなく1998年、兵庫県立近代美術館(当時)だと思います。

Googleで「テイト・ギャラリー 兵庫」と入れますとこちらのblogが上位にヒットしますので、私のように、調べもの目的で来る人がおられてはと思い、失礼承知で書かせていただきました。
初めての書き込みですのに、ご容赦下さい。

Posted by: Chicaco | October 09, 2008 at 10:22 PM

Chicacoさん
コメントありがとうございます。
さっそく兵庫県立美術館に問い合わせましたところ、確かに開催年は1998年でした。
アクセス数が少ないこんなブログでも、ネット上に露出するものである限り記事をアップする前に確認しておくべきでした。
深く反省するとともに、ご指摘いただいたことに感謝するばかりです。
「オフィーリア」には人の心に訴えかけるものがありますね。
チャンスがあれば何度でも見に行きたいと思うし、見飽きることはないような気がします。

Posted by: 風向 | October 10, 2008 at 08:37 PM

わざわざ問い合わせて下さったのですね・・・!
風向さんの迅速・丁寧・正確な対応は、私もblogを書いていくうえで、お手本にしたいと思いました。
ありがとうございます。

Posted by: Chicaco | October 14, 2008 at 09:12 PM

Chicacoさん
「迅速・丁寧・正確」という言葉は私のキャラの対極にあります(反省しきり・汗)。
とはいえ、それだからこそ、こういうブログもだらだら続けられるという気もしております^^;

Posted by: 風向 | October 16, 2008 at 12:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 続・真夏のミーハー(ベッカムに恋して) | Main | 猛暑のさなかに »