« June 2008 | Main | August 2008 »

再会

Museum08july というわけで、

かなり強引な「つづき」だけれど、

メールオーダーした「奇跡のシンフォニー」のサントラ盤を聴きながら(汗)、

こんな所まで行ってきました。

北九州市立美術館

目的は、彼女に会うため。

オフィーリア(Ophelia)

会うのは、2度目の彼女。

初めて会ったのは、*1998年の神戸。

たまたま、神戸を訪れていて、

「*テイト・ギャラリー展」開催中の*兵庫県立近代美術館(当時)に立ち寄ったのでした。

その時まで、ミレイの「オフィーリア」の存在を知らなかった私。

入場者がさほど多くない展示室の、この絵の前に立ち、

じっと見ていると、だんだん不思議な感覚に浸されてきました。

場所は英国の田園地帯。

森の中の小川で、生身の女性がゆっくりと流されてゆくのを実際に見ているような臨場感あり。

草花が咲き乱れる小川のほとりのむせ返るような「森の香り」と、

流れ行く若い女性の息遣いまで聞こえそうな生々しさがあり。

神戸でこの絵に出会ったときに、思わず近づいて匂いをかいだほど(大汗)。

今回の展示はジョン・エヴァレット・ミレイ展ということで、

ミレイの画家としての出発点や習作の数々、後期の作品など多数鑑賞でき、

興味深いものがありました。

                

               つづく(・・; ・・;) 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テイト・ギャラリー」は、現在では「テイト・ブリテン」と名称を変えています。

*神戸での開催年・施設名につきましてはご指摘があり間違いを訂正しました。開催年は1998年(4月15日~6月28日)であり、正式名は「英国絵画の殿堂 テート・ギャラリー展」です。兵庫県立近代美術館は現在は「原田の森ギャラリー」と名を変えて、移転した兵庫県立美術館の分館となっているそうです。   

| | Comments (6)

続・真夏のミーハー(ベッカムに恋して)

Kikuchimizu08 遅ればせながら、つづき

いやもうホントに、暑くって。

提出書類や雑用にも追われてるし。

(言い訳たらたら。。。。)

そんな忙しいさなかでも、

いったん誰かを好きになった限りは、

とりあえず情報収集。

話は戻るけれど、

私が過去に観るつもりで見逃していた映画2本に出演していた、

ジョナサン・リース・マイアーズ(Jonathan Rhys Meyers

その2本とは、

ヴェルヴェット・ゴールドマイン」 (1998)

ベッカムに恋して」(2002)     であり、

ベッカムに恋して」をさっそくレンタルDVDで鑑賞。

(こういう映画は地方の一般の映画館では上映されないのですよ・・・嘆。「ヴェルヴェット・ゴールドマイン」はデヴィッド・ボウィがモデルということで、当時すごく興味を持っておりました。レンタル店に出回る頃からずっと捜していたのだけれど、ここでもまた、見当たらず。買うしかないのか・・・大嘆)

Bend It Like Beckham”という原題のこの映画での彼は、主人公の在英インド人のサッカー少女が加入する女子サッカーチームのコーチ役。

キーラ・ナイトリー扮する有望選手と主人公の両方に好かれるというモテ役。

♪ や っ ぱ り、 よ か っ た  ♪

                     つづく(またか・・)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レンタルDVDは、「旧作DVD7泊8日=80円」(1人10個まで)というキャンペーン期間中だったのでこの時とばかりに大量10枚一気借りした私(汗)。1週間で観れるのか・・・。(ま、コピーにも取り組んでおりますが・・・ヒソヒソ)

写真は数日前に訪れた時の菊池渓谷の渓流。冷たいとわかっていても、浅瀬で流れに足をつけてみたら、1分もじっとしていられず足踏みしてました。汗ばんでべとつく腕もついでに洗ったらいつまでもさらさらとして気持ちがいいこと。

| | Comments (2)

真夏のミーハー(大汗)

Kikuchigirl07 土日に行く予定だった、菊池渓谷。

が、仕事が入って行けず。

お昼ごろ、一段落したけれど、

遠出はもう無理。

ということで、

急に観に行くことになった映画。

奇跡のシンフォニー

(原題は、“August Rush”)

子役もの」、「音楽がらみ」、「ハッピーエンド」ぐらいの情報だけで(汗)、

期待感など全くなかったのですが。

結果的には二重丸でした。

というか、

映画自体が素晴らしいとかいうよりも、

正直言って、惚れました。。。。

といっても、フレディー・ハイモア少年にではなく(汗)。

父親役のジョナサン・リース・マイヤース

見た目もタイプだけれど、

特筆すべきは、歌の上手さ!!

元バンドのフロントマンという役柄上、過去のライブシーンが出てくるわけだけれど、

声といい、歌いまわしといいスゴイ。

歌を聴きながら、誰か上手い人の吹き替えかと思ったほど。

音楽が重要な要素を占めるこの映画の中でも、

彼の歌に一番引き込まれたのでした。

調べてみればこの人、

過去に気になっていたけれど見ていない映画に、いろいろ出てたんですねぇ・・・。

               つづく

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は昨年の今頃訪れた時の菊池渓谷。水量が多い時がなんといってもド迫力です。左上の少女?は別にヘンなことを考えているわけではなく、単に見物しているだけ。ただし、あの位置にいると吸い込まれそうな気分になるのも確かで・・・。

| | Comments (2)

« June 2008 | Main | August 2008 »