« 連休とはいえ(TVドラマ) | Main | 連休真っ只中(魔法にかけて;;) »

連休とはいえ(映画)

Hakoneart208 最近観た映画。

陰日向に咲く

ライラの冒険

魔法にかけられて

岡田准一が徹底的に情けないギャンブル狂の主人公を演じる、

陰日向に咲く

岡田クンも雰囲気を出していたけど、

弁護士と漫才師の二役をこなす宮崎あおいの、特に弁護士のパートに驚いた。

21歳(撮影当時は20歳?)の宮崎あおいが30歳ぐらいの弁護士をごく普通に演じて違和感なし。

こういう弁護士さんっていそうだな、と思わせる自然さ。

このくらいの歳の差の老け役は、案外難しいのでは。

Hakoneart08_2

ライラの冒険」は、主人公の女の子があまりに大人顔なのに驚く。

ティルダ・スウィントンあたりの少女時代は案外こういう顔だったりするかも、などと映画を観ながら他のことを考えたり。

どさくさに紛れて、007で共演のダニエル・クレイグエヴァ・グリーンが出演しているのは一興だけれど。

原作を読んでいないが、たぶん原作のほうが数段面白いのではないかと想像。

どの世代も楽しめる映画としては、

魔法にかけられて」のほうがずっと好き。

というわけで、「魔法にかけられて」。

これ、本当に面白かったです。

                        つづく

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は箱根ガラスの森ヴェネチアン・グラス美術館の内部。上のモザイク画はとても綺麗でした(描かれた人物のファッションが凝ってます)。左側のライオンの下部に見える文字やサインと思われる右側の文字に興味があったけれどラテン語かイタリア語かもよくわからず。下の写真の羽が生えた獅子の冠が遠目にはベレー帽のように見えてオシャレ。。。

|

« 連休とはいえ(TVドラマ) | Main | 連休真っ只中(魔法にかけて;;) »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

映画は最近見てないですネエ。
どれも、わからなくって・・(ポリポリ!)
で、この写真は妙に引きつけられると思っていたら、
箱根のだったんですね。
美しく撮れています。
わたしもベレー帽かと・・・

Posted by: ちゃぎ | May 01, 2008 at 05:25 PM

ちゃぎさん
「魔法にかけられて」はひたすら明るく楽しく観れますよ。
映画のあちこちにどこかで見たような聞いたようなパロディーネタがあるみたい。
見落とした部分もありそうだから、もう一度観ようかなと。
ヴェネチアン・グラス美術館は調度品も面白かったです。

Posted by: ブーマリン | May 01, 2008 at 08:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 連休とはいえ(TVドラマ) | Main | 連休真っ只中(魔法にかけて;;) »