« November 2007 | Main | January 2008 »

師走(年末カニ祭り)

Crabcocktail207feb18 昨日たらふく食べたのは、

北海道直送のタラバガニと毛ガニ

年末ということで、H氏が大盤振る舞い。

カニを食べるとき、

人はなぜか無口になる。

と言ったのは東海林さだおだったか。

うーむ。

確かに、まるごとのカニを前にしたとき、

人は緊張・集中のあまり、無口になる。

というか、私の場合は集中しすぎて、

果たしてカニを食べるのが目的なのか、

殻から身を綺麗に取り出すのが目的なのか、わからなくなる。。。

なんにしても、

まるごと毛ガニ半分とタラバガ二の足とハサミ二分の一杯分

ご馳走さまでした!   感謝。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真はタラバガ二というだけで、本文とは関係ありません。昨日食べたカニの写真は撮るのを忘れました、集中しすぎて(汗)。食べ物写真の場合よく起こることですがね。写真のお料理は2月に友人宅でご馳走になったもの。ご近所のホテルからのケータリングということですが、このタラバガ二のカクテルも素晴らしく美味しかったです。チリソースもカニとグッドマッチ。

| | Comments (4)

師走(歳末混沌)

突然ですが、

2007年ヘアスタイル大賞は、

秋 川 雅 史 に決定。(勝手に決めた)

あの外ハネ具合がなんともステキ・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日頃は乙に澄ました師匠もなりふり構わず走るという、師走。

自営業の一員としては、お正月というのは無いのも同然・・・どころか、

一年中でもっとも働かなくてはならず(血泣)

国外脱出まではしないとしても、

お正月に一家で(親戚一同で・・という話も聞いた)温泉旅行とか、

高級ホテルのお正月パックとかいう話は、もう夢のまた夢。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。(ため息)

でも、いいのさ。

温泉三昧(ポッカポカ♪)なんて、ふやけるばかりだし(悔し紛れ・・)、

お正月パックなんて、

いつ作ったかわからんような冷凍保存の正月料理だろうし(負け惜しみ・・)、

ホールで落語やミニライヴを聴いたり(贔屓じゃなければ別に・・)、

団体で初詣だの、三社参りなんぞ、真っ平ご免だいっ!(ヤケクソ・・)

(オプショナル・ツアーでそういうところへ行くらしい)

だいいち、

正月にヒマということがあるとすれば、

そっちのほうが、よほど深刻な事態なり。。

ま、なんでも前向きにポジティブに捉えなければ。。

(「前向き」とか「ポジティブ」という言葉って、なんか虚しい・・)

正月に働くすべての同胞諸氏(1日、2日に仕事というS兄もね)に、

神の栄光と幸あらんことを!! エ~~イメン♪ 

(破れかぶれ・・・支離滅裂)

とか言いながら、ブログ更新しているヒマなどないっ!バキッ!++

                     

| | Comments (0)

師走(クリスマス)

Merichri207

| | Comments (0)

師走(クリスマス雑感)

Roppongi2 もうすぐ、クリスマス。

商店街は、年末商戦でごったがえし。

中旬を過ぎれば、冬休みの学生や帰省客も増えて、

パーティーグッズや景品を購入したり。

スーパーの食品コーナーでは、スナック菓子やおつまみ用の乾き物が山積み。

ついでに、お菓子入り大小のサンタブーツが大量に並んでいるのは、昔とまったく変わらず。

あれは、実際に売れているのだろうか。。

(売れているから、毎年出ているのでしょう、そりゃ)

今、あの中には、どんなお菓子が詰まってるんだろう?

知りたいけれど、そのためだけに買う気にもなれず。。。

幼い頃(5~6歳ぐらいか)、デパートのお菓子売り場で見かけるサンタブーツが欲しくてたまらず、

1度、父か母があれを買ってきてくれたことがあった。

大喜びして、中身を出してみると、

ブーツの筒の部分に市販の菓子(キャラメルとかミルキー)が入っていて、

底の部分は紙の詰め物だった。。。

てっきりつま先までお菓子が詰まっていると思い込んでいた私は、

生まれて初めて、社会の厳しさ(世知辛さ?)を認識したのであった。。。(大げさ)

 

| | Comments (4)

師走(忙中有珍味)

先週、初めて食べたもの。

リコリス・キャンデーRedvinestwists_250

メーカーさんの写真を失敬してきました。

上の赤いパッケージの中の黒い棒状のもの。

2607

知人のアメリカ人女性宅で試食しました。

彼女の大好物らしく、

ほれ、食べてみ

と、1本呉れた。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。

見た目は、まるで電気コードPCのケーブルのようだが、

食感もそんな感じ。。。。

電気コードを齧っているような。。。いえ、お味も。

(電気コードを食べたことはないので、あくまでイメージ)

薬くさいとか、苦味があるという人もいるようだが、私に言わせれば、

これは本当に食べてよいものだろうか。。。というような不思議な味わい。

や、原材料を見ればそんなにヘンなものは入っていないし。

Licoriceとは、ずばり甘草のこと。

漢方でも使われる生薬の一つです。

ネットで調べてみると、

小麦粉、砂糖などに甘草エキスを加えたものが本来のものらしく。

甘草と類似した味で、より安価なアニスを使用したものが普及しているそうで。

(私は、スターアニス=八角しか知りませぬ。香りは似ているらしい)

砂糖を加えない小麦粉菓子に八角を加えればこういう味になるかもと想像してみた。

独特の漆黒ブラックは甘草オイルの色に似せて着色しているらしい。

このLicorice、欧米では、

子 供 か ら 大 人 ま で 広 く 愛 食 さ れ て いるとか。。

(どうも、スナック菓子のような扱いらしい)

驚きました。

や、考えようによっては、

ポテトチップスジェリービーンズを食べるより身体には良いかも。

これを美味しいと思えるようになるかどうか、あと数回食べてみたいような ^^

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやはや、食文化って奥深いもんですね。これも立派な「欧米ネタ」になりそう。欧米人が試食する「納豆」とか「くさや」なんかもこういう印象だったりするかも。逆サイドからといえば、意外なのが「煮たお餅」(たとえば雑煮とか、きな粉餅)。欧米系の方には、餅自体の味と食感が理解不能という人が多い。

| | Comments (0)

師走(忙中有妄想)

Xtree307

数日前のこと。

有線TVの番組表で「東京タワー」を発見。

オカン」のほうではなく、

黒木瞳のほう(以前の記事参照)。

21:00からということで、

事務作業で忙しいにもかかわらず、

スイッチON!

作業中の机から5メートルほど離れたところにある、

TVの音量を上げて、

観たいところだけさっと行って観る。。。

 。。。。。。。。。。。。。

41歳の美貌の人妻と21歳間男

(死語かも、「間男」・・・)

というだけでもう、

オバサンのツボに嵌っておりますね。

気分は、

なりきり黒木瞳

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寺島しのぶのほうになり切ってる人もいるかも・・・)

濡れ場も、アニマル系ではなく、

あくまでロマンチック。

岡田クンのシャワーシーンも観られるし。。。

(胸筋凄し・・さすがジャニ系)

  。。。。。。。。。。。。。。

なんにしても、終盤のまとめはちょっと強引すぎるな。。。

寝取られ夫の岸谷五朗にはもっとネチっこくいって欲しかったな。。。

最後で急に「いい人」というのもな。。

 。。。。。。。。。。。。。。。。

小一時間ほど、妄想に耽ったのであった。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は先月の「ミニクラス会」の折に撮影したもの。「ミニクラス会」でも最後はジャニ系のミーハー話で締めとなる。「魔性の女」S子は昨年の会で「関ジャニ∞の横山クン」に目を付けてると言っていたな。このあたりの趣味でも、S子には他の追随を許さないところがあり、さすがに「脳年齢二十歳」!は違うな。最近は「眼力トレーニング」もしているらしく、そこでも「二十歳」らしい・・・。

| | Comments (0)

師走(フリースのレギンス)

Ochibahiroi07dec ホカホカあったかいのです。

先週買って以来、寝る時に欠かせないのが、

フリースのレギンス。

(薄手と厚手があったが、迷わず厚手を購入した私)

2枚買って、フル活用です。

ついでに、フリースのネックウォーマーも購入。

これに、ロングTでも着れば、

室内着としても、じゅうぶんOK。

や、見た目のことは気にしません。

というか、

家族のコメントには無視をきめこむ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ochibahiroi2dec07 写真は、以前の記事でも紹介した、

有田の大公孫樹(おおいちょう)。

今日は、路地にも大量の葉がおちていました。

坊やの持っているミニバケツには、

銀杏ではない赤やオレンジの葉っぱ。

どこか他所で集めてきたらしく。

ここでも、銀杏の落ち葉をバケツにせっせと詰め込んでいました。

それにしても、

紅葉色のレギンスの、

なんと可愛いこと!!

私のトラ縞のレギンス姿とはえらい違いじゃ・・・

| | Comments (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »