« 大樹のある風景 | Main | 師走(フリースのレギンス) »

火山の骨

Unzen3nov07 最近、よくやること。

バスルームや、廊下の隅など、

誰もいないところで、

 押 忍 お゛っっ~す)!!

とか、

よおっっしっ” とか

時にはガッツポーズ付き。。。

要は、自分に気合を入れる。

Unzennov07 これは、どこかで誰かがしていたな、

と思ったら、

ブロードキャスト・ニュース」の

   (1987年公開ですと!)

女性プロデューサー。

ホリー・ハンターが演じていた。

Unzen2nov07

様々な事がおこるTV局内で、

難局を乗り越えていく、超多忙なヒロイン。

そんな彼女が、

時折廊下のはずれなど、

人の見ていない所で、

突然号泣したり、叫んだり。

がしかし、5秒ほどで平静になり、仕事の現場に戻っていく。

この場面だけが、印象に残った。

公開当時は、ただ面白いなと思っていただけ。

今では、彼女の状況がすごくわかる。

いや、別に若くもなければ、有能なプロデューサーでもなく、

単なる自営手伝いなのだけれど ・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、紅葉のピークを「十日ほど過ぎた」雲仙・普賢岳。山頂が見える場所にロープウェイで上ったときの係の男性のお言葉です。まばらに赤みがさした山の斜面には、しかし不思議な光景が。紅葉の中に、白く骨のように見えるもの。これは、もしかして先の火砕流の熱で立ち枯れした木の残骸なのか。多くの被害者を出した火砕流の威力が想像できた。その周りの樹木は、噴火後数年たってから、上空より蒔かれた種が成長したものなのかどうか。

|

« 大樹のある風景 | Main | 師走(フリースのレギンス) »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大樹のある風景 | Main | 師走(フリースのレギンス) »