« October 2007 | Main | December 2007 »

火山の骨

Unzen3nov07 最近、よくやること。

バスルームや、廊下の隅など、

誰もいないところで、

 押 忍 お゛っっ~す)!!

とか、

よおっっしっ” とか

時にはガッツポーズ付き。。。

要は、自分に気合を入れる。

Unzennov07 これは、どこかで誰かがしていたな、

と思ったら、

ブロードキャスト・ニュース」の

   (1987年公開ですと!)

女性プロデューサー。

ホリー・ハンターが演じていた。

Unzen2nov07

様々な事がおこるTV局内で、

難局を乗り越えていく、超多忙なヒロイン。

そんな彼女が、

時折廊下のはずれなど、

人の見ていない所で、

突然号泣したり、叫んだり。

がしかし、5秒ほどで平静になり、仕事の現場に戻っていく。

この場面だけが、印象に残った。

公開当時は、ただ面白いなと思っていただけ。

今では、彼女の状況がすごくわかる。

いや、別に若くもなければ、有能なプロデューサーでもなく、

単なる自営手伝いなのだけれど ・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、紅葉のピークを「十日ほど過ぎた」雲仙・普賢岳。山頂が見える場所にロープウェイで上ったときの係の男性のお言葉です。まばらに赤みがさした山の斜面には、しかし不思議な光景が。紅葉の中に、白く骨のように見えるもの。これは、もしかして先の火砕流の熱で立ち枯れした木の残骸なのか。多くの被害者を出した火砕流の威力が想像できた。その周りの樹木は、噴火後数年たってから、上空より蒔かれた種が成長したものなのかどうか。

| | Comments (0)

大樹のある風景

Tonbai07nov 左手の路地を入ったところにありました。

Ichoutop07nov

上のほうは黄色くなっていたけれど、

Ichouunder07nov 下のほうは、

まだまだきれいな緑色。

Ichouha07nov 葉っぱも落ちています。

Ichouha2nov07でも、そんなにいっぱいでは

ないなと思ったら、

Ichouhabag07nov 近くの公民館のおじさんが、

朝から落ちた葉っぱを

集めて下さったそうです。

見に来る人が多いので、

滑るといけないから

と言われました。

Oichou07nov_2

こんなに大きな木が、

いまだに元気にしていられるというのは、

本来の生命力もさることながら、

近辺の方々のお世話の賜物でもあるのかな。

有田大公孫樹(おおいちょう)

樹齢1000年だそうです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公孫樹」と書いて「いちょう」と読むとは知らなかった私。「銀杏」も「いちょう」だけれど、考えてみれば「ぎんなん」でもあるわけで。

| | Comments (0)

大恥。。。

Momijigrad07nov 昨日のことです。

行きつけのレストランで、I夫妻にばったり。

I氏はH氏の先輩で、奥様とも面識があり。

最近、I氏とそこでよく顔を合わせるのですが、

昨夜は総勢6名で席についておられました。

やはり先輩のK夫妻や、面識のあるT氏の奥様など錚々たる顔ぶれです。

お偉方を前に、こちら(H氏と私)はぺこぺこと挨拶しながらちょっと手前の席につきました。

I夫妻のテーブルからもれ聞こえる会話は和気藹々とはずんでおり、ご一同が日頃から親しくお付き合いされている様子がわかりました。

食事もかなり進まれているご様子でしたが、ワインなどもゆったり召し上がりながら寛いでいらっしゃるご様子で、I氏もK氏も途中で2度ほどトイレに立たれました。

こちらのテーブルの脇を通って戻られるので、いちいち会釈いたします。

お酒は飲まないし、食べるのはやたら早い我々は結局、挨拶を済ませて御一同より早く席を立ったのでした。

ここまでは、前置きです。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、タイトルの大恥ですが、

 ス カ ー ト の 後 ろ ジ ッ パ ー が 全 開  だった私。。。。。

 び、びえ~~~んんん~~。。。。。(大泣)

(「いちにの三四郎」かいっ。。。わからないか、古すぎて。。。)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いえね、座っている椅子の背が普通のタイプだったらまだ良かったのですがね、格子状で背中が見えるタイプの椅子だったし。着ていた上着はやや短めだったので、絶対見えていたはず。いやー、この「ジッパー全開」は年に一度ぐらいするのですよ(シミジミ←シミジミしとる場合ではないっ・・・怒)こういうのが「ドジで可愛い」歳はとっくに過ぎております。下手すりゃ、違う方向に思われるかも・・・(冷や汗)。後で、H氏に訊いてみたところ「見てなかった」「向こうさんも見てないだろ」ってねエ・・・だいたいH氏が早めに発見して言ってくれればね・・・ムリか・・・女性の後ろには立たない人間だし・・・一人さっさと先に行くタイプ・・・嘆・・・クドクド

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は陶磁器の里・有田で見かけた紅葉。もうちょっとだけれど、こういうのもなかなか。

| | Comments (0)

ミニクラス会’07(コロラドから来た女)

Hotelceiling07nov

昨年のミニクラス会から16ヶ月。

今年は、昔のマブダチ4人が全員集合。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・

20年ぶりの再会。

といっても、コロラド在住の友人は、

拍子抜けするほど変わりなく。

20年前は胸までのロングヘアが、

そのまま肩までのロングになっていた程度。

日焼けしたスッピン顔で、

どことなく国籍不明な外見も同じなら、

ちょっと甘えたような間延び口調もそのまま。

ま、そりゃ、経年変化はもちろんありますが。

そんなこたあ、お互いさまでい(急にべらんめえ調)。

メアドが変わったり、行方不明になったりで(汗)、

メールのやりとりすら途絶えていたので、自然と彼女(以下Cとする)の現況報告から。

話をふむふむと聞いているうち、なんだかフシギな感覚になってきた。

夫がアメリカ人のCには子供が男女一人ずついる。

Cの姉(ハワイ在住)もアメリカ人と結婚していて娘が二人。

日系何世かと結婚してハワイに住む伯母もいる。

Cは夫の両親や兄弟姉妹とも親しくしていて、話に登場する。

これらの人名がぜーんぶ英語名。

その上、日本人であるCたち姉妹や伯母さんの名前もどことなくアチラ風。

誰がどうした、なぞという話を聴いていると、

なんだか、友近の海外ドラマ吹き替えネタ  みたいな。。。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

使用言語は完璧な日本語なのに、出てくる人名のほとんどが英語名というのは奇妙な感覚ですな。というか、Cの両親、祖母はもとより、夫や姉夫婦、従姉・従兄たちにもその昔会ったことがある自分って一体・・・。地方出身者が多かった母校で数少ない自宅通学者だったCの実家に入り浸っていた学生時代を思い出し感慨無量。ご家族には今でも感謝するばかりです。当時の傍若無人な悪ガキ風女子は(私のことです)、お祖母ちゃま(茶道・華道の師範!)やご両親にどう思われていたことやら・・・(思い返せば入る穴がいくつも欲しい・・・)。

| | Comments (0)

今どきのプレゼン

チョコレートソース添えのデザート

Desertplate07nov_2 ではなくて

ソースを敷いたように見える部分が、

実際のお皿の表面です。

黒いプレートに載ったデザート、

が、正解。

では、プレートの周辺部のざらざらしたように 見える部分は何か?

Desertplate2nov07 実はコレ、

チョコレート、

なんだそうです。

矢印の部分は、

私が指先で触れた部分。

問題は、

どうやってコレを作ったのか。

スプレー塗装のように、中心部分に丸い紙を貼り付けて製作したのは誰でもわかるけれど。

H氏の想像では、

キンキンに冷やしたお皿にややゆるめた熱いチョコレートの液体をスプレー。

私が考えたのは、

熱く溶かしたチョコレートを液体窒素で瞬間フリーズドライした粉末を使う。

なんにしても、このキメの細かさと均一な仕上がりはどうなってるのだろう。

お店の方は、「うちのシェフはこういうの好きなんですよ」とだけ。

もっと詳しく訊けばよかった・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

液体窒素が出てきたのは、最近TVでこの製法で瞬間ドライしたカラメルソースをお菓子のトッピングに使っていたから。というか、最近の調理には液体窒素が欠かせないらしく、ネットでは山ほど出てくる。時間のかけ方によってこのくらいのキメの細かい粉末にもならないかと。最初にコレ見たときにはまったく気が付かず。土物のお皿かと思った。ウェイターに「袖口にお気をつけて」と言われて、ちょっと触れてみてやっと納得。「コレをなめろというのか?」とマジ悩みのH氏。。。私も触れた部分を思わず舐めておったが。。。ちなみに、プレート上にゴミのように乗っかっているのは、シナモンとヴァニラスティックとアニス(八角)。。プレート製作に気合が入ってる分、デザート自体はごく普通のものでした(汗)。や、美味しかったですが。。考えてみれば、このプレートをテーブルに運ぶのも気を遣うわけで。ちょっとでも上面に触れると指のあとが残ります。

実際に液体窒素を使用したかどうかは不明なり、念のため。

| | Comments (0)

ギフト(その2)

曲はほとんど知らずにBeginのコンサートチケットを買ってしまった私。

(知ってるのは、沖縄系のタイトルがついた2曲?)

昔は、アルバムを1枚も持たないアーティストのチケットを買うなんてことはなかった・・。

今は、アルバムどころかシングル曲も知らなくても、興味本位でチケット買ったり。

こういうのも、「大人買い」っていうんでしょうかね。。。。シミジミ

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。

でも、その程度の興味で行ったコンサートが、

思いがけず良かった、ということがあるのですよ。

で、Beginですが、結果としては、大当たり

サッポロ・ドラフトワンのCMで感じた印象は間違っていなかったという。

とにかく、こんなに上手い歌を聴くのは久しぶり。

アンコールの最後に歌った「涙そうそう」には引き込まれました。

初めて「涙そうそう」をいいと思った・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

涙そうそう」(作詞森山良子・作曲Begin)は女性歌手二人の歌で有名だけれど、本家Beginのが一番響きます。YouTubeでもNHKのSongsでの同曲が聴けますが、それより先月のライブのようにシンプルに歌った方が私は好き。彼の歌唱のすごさがかえってわかる気がします。ただし、Beginは地元に根ざした楽曲で広く知られるようになったので、島唄風に歌うほうがより支持されるのかもしれないけれど。

 

                           

          

| | Comments (0)

ゲーム!?それとも・・・

このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。


約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。
たったの3分ですから、ためす価値ありです。

まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)



必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。




4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




5)最後にお願い事をして下さい。




さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。


2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。


3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。


4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。


5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。


6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。


7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。


8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。


9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。


10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。


--------------------------------------------

ハイ、興味本位にしてみたら結構当たっていました。

| | Comments (2)

« October 2007 | Main | December 2007 »