« June 2007 | Main | August 2007 »

渓谷の夏休み

Kikuchistream07 美味しい空気と冷たい水。

渓流の水に手足を入れると、

うお~っっ♪、きりりと冷えております。

Kikuchimizu07 勢いよく流れる水の飛沫が、

汗をかいた身体にひんやりと心地よく。

 。。。。。。。。。。。。。。

  なんですけどね。。。Kikuchiholiday07

ひ と 多 す ぎ っ !!

つうか、夏休みですから。

夏休みの菊池渓谷は、

ご家族連れの

  メ ッ カ な り 。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだけの人出でも渓谷周辺では今回もゴミを見かけず。訪れる人々のマナーも良いし、地元の方々の努力も以前書いたとおりです。今回は、夏休みで水遊びをする子供たちも多いからでしょうか、警備会社のお方が渓流沿いの岩場で監視も(汗)。水の流れが速く勢いがあるので、確かに危険ではあるわけで。それと、夏場に一番気持ちが良い広河原が「蜂発生のため」立ち入り禁止になっていた。残念。まあ、それにしても、どこから湧いたかと思われるほどの人・人・人でした。2時間半かけて到着したけれど1時間もしないうちに退却(大汗)。夏休みの渓谷はご家族連れにお任せした私。

| | Comments (4)

真夏の慶事

Dolphin041020_163001 今週始めの梅雨明けと共に、

西九州の当地は、

猛烈に暑い・・というより本当に空気が熱い。。

ただでさえ暑い最中に、

今週末の参議院選挙を控え、

各候補の「最後のお願い」で、

体感温度はますます上昇。。。

というか、大丈夫ですかね、皆さん。

 。。。。。。。。。。。。

(今日は最終日ゆえ大変な喧騒が夜8時まで続く予定なり。とはいえ、他人の熱中症の心配より、まず自分でした。)

そんな中、私の周りで婚約・結婚のニュースが多数飛び込んできた。

それも当事者は32歳~34歳の男女ばかり。

どうやら、昨今の平均的結婚年齢なのかも。

ご近所でお世話になっている方のご子息は、

ニューヨークで知り合ったというスイス人女性(21歳とか!)と。

知人の長女(推定32歳)はパリで修行中に知り合った年下のフランス人男性と。

以前このブログでも紹介した結婚願望の強い33歳女子(2007年2/26付「パワースポット!?」)は、

件の年下男性とめでたく入籍。

(カレシはオダギリ・ジョーに似ているとずっと前聞いたのだが、入籍話の際、「あのオダ・ジョーと!?」と言うと、「かなり崩した感じですけど」と余裕のコメントが・・・)

ブログで紹介といえば、チャン・ツィイー似の師匠も遠距離恋愛中の年下男性と婚約、来年挙式ですと。

別の先輩の令嬢(34歳)は職場で知り合った20代のイケメンと。

(お相手を目撃したという女性の証言より)

女子部のお相手は全員20代(一部イケメン)。

それと、「国際結婚」(この言葉自体古めかしい。死語かも)。

いえね、周辺で国際結婚といえばお相手は大体アメリカ人でしたが。

最近はヨーロッパ系も多くなり、

地方でも、家族の様相が変わってきました。

隔 世 の 感 あ り ・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の周りには30代40代の独身男女が多い。がしかし、焦っている様子はさらさらなく。ヘンなのと結婚するぐらいなら「せんほうがマシ」というのは、うちの職場の40歳女子。友達も皆独身なので寂しくもないと。親と同居で自宅通勤の独身者ばかりで和気藹々と楽しくやっているらしい。皆、見た目がすごく若い。男子はどうか知らんが、女子部は実年齢より見たとこ10歳は若いですな。感心。ところで、上記カップルのうち、一件は9月の披露宴に呼ばれているのだけれど、服装が・・・・(こっちのほうが焦る、焦る)。

| | Comments (0)

パプリカの記憶(ペペロナータ)

Sweetpepper ほどよく熟れたパプリカ。。。(汗)

(購入後1週間経過。表面の皺隠しのため画像を加工済み・・・ウソウソ、単なるピンボケなり)

あとは、ズッキーニ玉ねぎ

これらをオリーブオイルで軽く炒めて、

トマトピューレと共に煮込めば、

もう出来上がり。

ペ ペ ロ ナ ー タ 。

あのポレンタ作り(4月15日付記事「ポ、ポレンタ。。」参照)から早くも3ヶ月。

当初から、お次はコレと決めておりました。

このペペロナータこそが、レシピ本「北イタリアの食卓」の中で、

ポレンタの次に簡単なレシピであると断言したい。(テーブルをドンと叩く・再び)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pepelonata1 これはですね、実は前にも作ったのですよ。

ただ、その時は材料の大きさがちぐはぐで、

撮影する気分になれずボツ。

今回は、パプリカの大きさを考慮し、

適当にPepelonata2 切り揃えました・・・。

お後は、塩・コショーと、

ドライバジルドライオレガノ

それらを加えて、1時間ほど煮込む。

たったそれだけで、

お味はあっという間に、

北イタリア」ですよ、奥さん。

(ま、正直なところ北か南かはわからんが、「イタリアン」なことは確か)

しかも、あまり煮崩れない材料ばかりなので(玉ネギは別)、形状を留めているところも好ましく。

(ベロベロに崩れたラタトゥイユみたいなのはどうも。実はコレ年季の入ったステンレス3層鍋で煮込んだところ途中で焦げ付きそうになった・・汗。)

で、著者Taeko Fortunatiさん(長っ!やっぱtさんにしよ)の解説では、

温かくしても、冷たくしてもいただけます」 ということですが、

いただけます」というよりは、

温・冷どちらも、すごく美味しいです

Peperonataegg プレーンオムレツの付け合せにも良さそう。

これは卵液を流し込んで焼いたもの。

tさんのブログのほうには紹介されていたような)

黒コショーだけ少し足して焼いてみたら、

あっさりとヘルシーに仕上がり、焼きたてはパンのお伴向き。

(パルメザンチーズとパセリのみじん切りは思いっきり省略。忘れておった・・・。)

冷やせばキッシュ風の前菜にもなるな。

ペ ペ ロ ナ ー タ ・・・簡単に出来て、美味しく、応用範囲広し。

これはですね、なんと申しますか、はっきり言って・・(はよ言わんかい)、

ポ レ ン タ よ り ず っ と 好 き  。

(比べるなと言われればそれまでだけれど。ポレンタ粉も在庫があるのでまだまだ作りますけどね・・・シドロモドロ)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パプリカをスーパーで初めて見た時には正直、「これを食してよいものかどうか」と考えたわたくし(お店ではスライスを普通に食べていたけれど)。そのくらい色鮮やかで美しく、それ以上にあの表面の質感に感動したものであった(しみじみ)。言ってみれば、まるでモダンアートのオブジェというか置物というか(手触り硬いし)。。。ちなみに、このパプリカは熊本産。以前は外国産のものばかりだったけれど、最近は当地でも熊本産や佐賀産などが入手でき嬉しい限り。こういう赤や黄色のパプリカは、老化防止や更年期障害に効果があるとか。以前はざくろが女性系に良いという話が広まって、一時的にデパ地下やスーパーに出回っていたこともあったっけ。果肉が赤いものが多いような。

| | Comments (0)

台風

台風4号が九州の南方を北上中だと。

当地にもっとも接近するのは夕方との情報につき、

午前中に醤油を買いに出かけた私。

(そんなものをわざわざというツッコミは百も承知。今朝で完璧にきれたのであった~~)

雨は時折ぱらつく程度だったが、風がさすがに強く確かに台風の気配。

某ジャスコ付近の公園では、なんと!

強風の中、ベンチで寝ている男性発見。。。ツワモノですなあ。。

ところで、昨日エクササイズクラスで聞いた話。

アベさんの奥さんが来る

女性二人が世間話みたいに自然にお話されていたので、

一瞬、そのお二人の共通の知人かと思ってしまった私(大汗)。

台風の中、選挙のためとはいえ、あちこち回るのは大変だというお話でした。

お話の様子では、「アベさん」より「アベさんの奥さん」のほうが人気高そう。

たしかに。。。わからないでもない。。。

| | Comments (4)

梅雨明けまだ?

Ajisairain07

ここ数日の激しい雨で、九州各地で被害が相次ぎ。

当地では甚大な被害は聞かないけれど、

うちでは、お決まりの場所で、

例によって雨漏り(嘆)。

 。。。。。。。。。。。。

気を取り直して、

MLBオールスターゲーム

イチローがランニングホームランだって。

ニュース映像でその場面を見たけれど、

なんだか、楽々とホームへ生還していました。

3打席3安打、内1本がランニングホーマーって、、、、絶句。

「すごい」の一言。

(試合直後のグラウンドでのインタビューでは、やっぱりユニフォーム着てたほうがよかったような。限定お仕着せのジャケット姿はあまり似合わなかったようだし・・・ボソボソ)

ところで、NHKニュース7

天気予報の半井小枝嬢。

2チャンあたりでずいぶん人気があるようだけれど、この人を見るたび思うこと。

なんか、、、古内東子に似てるような、、、、似てませんかね。。。。

(今オフィシャルサイトを見てみたら、東子さん、以前とは少し外見が変わってました。メイクのせいか。や、今でも色っぽいのは変わらないようですが。「誰より好きなのに」はなかなか良い曲でありました。最近はあまり噂を聞きませんが。。。)

| | Comments (0)

当選いろいろ

最近ツイているという話の流れですが、

6/23付「ちょっといいこと」、7/3付「ちょっといいこと・再び」参照)

先週届いた「旅行招待状」は、ちょっと微妙。

当選おめでとうございます。」というフレーズ付の内容は、

日帰りの旅無料ご招待・杖立温泉・豆田散策の旅  というもの。

そもそも、この当選の発端は、

某家電最大手の地元店で買い物した時のことでした。

キャンペーン期間中とのことで、「ぜひご記入を」と言われて。

たしか、「有名温泉旅館一泊ご招待」とあったような・・・(汗)。

当選通知には「2等」とあるので、「一泊ご招待」はたぶん1等だったのね・・・。

(2等以下のことは記憶になし)

通知をよく見ると、「ご本人様以外無効」とか「家族でも譲渡は無効」とある。

(プラス10290円?で同伴可能とはありました。)

日程も8月上旬の限られた曜日(水・木・金・土)のみ。

お盆前の忙しい時期に、仕事の調整をしてまで早朝から夜遅くまで遠出するには、

少々パワー不足だし・・・。

今回はツキだけありがたく頂くことにしよう。

(または、分身の術を用いて「もう一人の私」に行かせることにするとか・・・^^)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう懸賞付のキャンペーンというのは、顧客調査のためのものですよね。「得た情報は他には一切使用しない」とかうたってあるけれど、自分の個人情報(住所・氏名・電話番号)を最低限必要な相手先(信販会社とか)以外にあれこれ提供するのもナンだから、普段は無視するのですよ。でもね、その時は「高級温泉旅館一泊」の文字についつい引かれて・・・。しかも「ペアご招待」だったと思うのですがね。。。。ただし、今回の当選も、同伴料金から素直に推定すれば1万円程度の賞品をゲットしたわけで、「このくらいのツキが嬉しい」という範囲には入るのかも。

| | Comments (0)

ちょっといいこと・再び

遅ればせながら、というか、

やっと観てきました。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

(カタカナでこれだけ書くとなんだかスゴイ。さすがにディズニー映画!?)

< 以下、ネタばれあるような、ないような >

結果から言いますと、

やっぱり、2作目(デッドマンズ・チェスト)を見とくべきだった!!

  !!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いえね、2作目の時にレビューなどで、

1作目をよく見てからでないとわかりにくい

とあったので、

1作目(呪われた海賊たち)は観たにもかかわらず、

再度検証するべくレンタルにトライするも、すべて貸し出し中。。。

そうこうする内に、2作目公開終わってしまって(嘆)。

結局アレですな、

映画製作会社と放映サイド、およびレンタル企業の営業戦略なのねん。

で、今回は前回の轍を踏むことなく、

2作目検証完全無視で、3作目鑑賞

という暴挙に踏み切ったわけで。

や、楽しめましたよ、それなりに、負け惜しみでもなく。。。

チョウ・ユンファがゲスト出演し、存在感出してましたし、

友情出演のキース・リチャーズは、なにかしらギターを抱えたりのサービスも。

さすがに、ディズニー映画ですね、お父さん。

今後は「ワールド・エンド」公開終了後に2作目をレンタルして、

(現在は貸し出し中に決まっとる)

3作目→2作目と逆検証する予定なり。

言ってみれば、このシリーズ、

ウィノナ・ライダーをキツくしたようなキーラ・ナイトリーと、

水洗いしたように薄味のオーランド・ブルームには、

まったく興味の持てない私といたしましては、

なにかとギャグの対象にされるデイヴィー・ジョーンズ(役名。あのタコ顔ではねえ・・)や、

知らない間に善玉オヤジ風のキャプテン・バルボッサ(役名)などの脇キャラと、

もちろん、お決まりのジョニデさまをひたすら楽しむばかり。

映画鑑賞後、帰宅して丸一日は、

ジャック・スパロウ風オカマ歩き(手をヒラヒラさせながら腰を振って歩く)が、

憑依しておりました(ウソウソ)。。。

で、今回の「ちょっといいこと」は、

なにもジョニデの映画を鑑賞したというだけではなく、

別のルートで、DVDが当選いたしましたの。

それも、タイトルはなんと「シザー・ハンズ」!

ティム・バートン監督ジョニー・デップ主演の不朽の名作ですよ、奥さん。

(思い出すたび、泣けてくる・・・ううっ)

実は、アパレルメーカーのこの企画に応募していたことはすっかり忘れていた私。

ショップの女性に言われるまま、応募用紙にその場で記入して渡していたのだった。

賞品はDVD以外にもあったが、DVDの対象作品リストに「シザー・ハンズ」を発見。

迷うことなくDVD「シザー・ハンズ」希望 で応募していたわけで。

数ヵ月後、当の女性から突然電話があり、

DVD、当たりましたよ!」と。

ありがたく頂いて、よく見れば、DVDは「1枚組¥1990」だそうで。

前回のドリームジャンボ宝くじの当選と同じく、

ま、このくらいなら、当選しても、

不幸が訪れたり、悲劇に見舞われたりすることは、ないな。。。

期せずして、大好きなジョニー・デップの新旧作品を同時期に楽しむことも出来。

このくらいのツキというのが嬉しいですな、いや本当に。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハリウッド映画にもすっかり馴染んだ風情のチョウ・ユンファ(いつ見てもこの人は風格というか貫禄があるを観ながら、渡辺謙だったらどうなるか・・・など考えてしまいました。今の位置関係としてはやはりチョウ・ユンファのほうに分があるかな・・・。「ディズニー映画なんかに出られるかいっ」と言っていたはずのキース・リチャーズの出演シーンには笑えた(きっと拝み倒されたのね・・)「おおっ、此処ですかい」という感じで登場。登場シーンについては知らなかったのだけど、すぐにわかりましたよ。なにしろ、ほとんどノーメイクだったし(まさかね・・・ホント!?)。というか、以前のキース・リチャーズへのオファーという話題の時に、「幽霊船の乗組員役」だったらノーメイクでいけるとマジメに考えたわたくし(ミック・ジャガーもね)。それにしても「エンディングが終わるまで帰るな」とのチラシのご指示。エンディングの後に予告編なりその後のエピソードなりあるとは思ったものの、エンディングの長さには参った。お客の3分の2は帰ったなり(チラシ見てなかったのね、たぶん)。

| | Comments (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »