« ケチな男・ケチな女 | Main | ちょっといいこと »

サ・ダ・ヲ・Chaaaan!!!

やっぱり、クドカンの笑いが好きだ。

今回は、監督がTVドラマ「ぼくの魔法使い」の演出者(水田伸生)ということで、

期待大(「ぼくの~」は面白い番組が少なかった土曜夜の唯一の楽しみだった)。

公開初日に観てきました。

  舞妓Haaaan!!!

・・・以下ネタばれ少々あり・・・・・

のっけからパワー全開の阿部サダヲに大喜び。。。

だいたいですね、この人ほど、

白いブリーフ姿!が似合う人もいないと思われ。

ヤらしさとか気持ち悪さがまったくなくて、

かえってすがすがしいぐらいです。。。。

クドカンもそう思っているのではないかと。

TVドラマ「タイガー&ドラゴン」でもこの姿になってたような。

途中ではあっと驚くショータイム仕立てもあり、

役者さんたちの芸達者ぶりと、過度なエネルギーに、

最初から最後まで圧倒されっぱなし。

笑いの質も、妙に小じゃれたり、スマートな笑いではなく、

どさくさに紛れて、かなり過激。

(こんなことしていいのか、とか、言っていいのかというような要素がいつもあり)

機関銃のようなセリフの応酬で、息つく暇も与えず。

あとは、なんといっても、阿部サダヲ

この人の、相変わらずの身体能力と、メリハリの利いたセリフ回し。

(セリフ回しなんていう生易しいものではなく、滑舌能力がケタ外れで)

全編を通して、

尋常ならぬハイテンションをキープする超人ぶりに、

思わず声をかけたくなりました。

サ・ダ・ヲ・Chaaaa~n!!!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぼくの魔法使い」でも、阿部サダヲ井川遥の絡みが特に面白くて、今でも思いだします。伊藤英明のコミカルな役作りもなかなかよくて一時的に好きだったな。今頃は妙に深刻そうな役ばかりでどうも・・・。伊藤英明といえば、「舞妓Haaaan!!!」では堤真一扮するライバルが俳優に転進して出演した映画が「山猿」(!!)だった。。。。

|

« ケチな男・ケチな女 | Main | ちょっといいこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ケチな男・ケチな女 | Main | ちょっといいこと »