« クイック・ターン!? | Main | 二十歳のレオナルド »

東京広告

Pokemon307june 週末は東京にいました。

これは、搭乗機。

Pokemon207june_1 羽田の到着ロビーへと向かう通路から、

お隣に駐機中のも、パシャリ。

やっぱり、可愛いもんですなあ。。

到着ロビーに出て気がついた。

モノレールや京急線に向かう下りエスカレーター前の巨大パネル。

いつも慣れ親しんでいた、某カメラメーカーのキャラが、

オダギリジョーになっていた。。。。

  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

世界のナカタ」も、現役引退して1年近くたてば、

もう「旬な人」ではないのですね。

なんだか、感慨無量。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別にオダギリジョーの起用に異論を唱えるつもりはないけれど、「某カメラメーカー」の昨今の繁栄はナカタと共にあったと言っても過言ではないと思われ。。。ただ、ナカタ→オダギリジョーというところは「なるほど」と。「個」の存在感が尖っていて(ファッションも)人の興味をかき立てるタイプがいいのでしょうな。激動のサッカー人生に別れを告げたナカタも、考えてみれば、まだ30歳。次に彼が示してくれる生き方にも、興味津々です。や、応援していますよ、今でも。

|

« クイック・ターン!? | Main | 二十歳のレオナルド »

街角レポート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クイック・ターン!? | Main | 二十歳のレオナルド »