« ABBAから連想(S・O・S) | Main | ちょっといいこと・再び »

ミイラとり

Ajisaiblue17june07_1 今週、面白かったニュース、

それは・・・ミイラ 。

こう言うのもヘンだが、

ミイラは、それなりに見ているわたくし。

そのほとんどがエジプトミイラ

(「自然にミイラ化した」ミイラより、「人工的に設定された」ミイラのほうに興味あり。エジプトものはほとんど後者かと。)

今回、身元が特定されたのは、

ハトシェプスト女王(在位・紀元前1502~同1482年)

3500年前のお方ですよ、旦那。

「王家の谷」で1903年に発見されたという、このミイラ。

女王の名の書かれた箱に入っていた臼歯と、このミイラの歯の穴が一致した

とのことだが(他に、父親や祖母のDNAとの照合も)。

その臼歯を実際に身元不明のミイラの歯の穴に嵌めてみる、、、、

リアルに想像してみると、なんだかスゴイ。

研究者の方々の、創意工夫というか、熱意が伝わってまいります。

なんというか、その、

ミイラとりがミイラになる」ような勢いとでも申しましょうか(違うか)・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

王家の墳墓の盗掘は豪華な副葬品目的と共に、ミイラ本体もビジネス対象だったらしく、「ミイラとり」を生業とするものが多かったそうで。ウィキペディアでは「ミイラは一種の漢方薬」(不老長寿の薬だそうな)という言葉も出てきます。これ、「世界不思議発見」で見たことあり。その場合ナンですかね、粉にするわけですよね(また想像)。日本にも輸出されていたそうで・・・。

|

« ABBAから連想(S・O・S) | Main | ちょっといいこと・再び »

ニュースひとりごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ABBAから連想(S・O・S) | Main | ちょっといいこと・再び »