« 4月の記憶(こんなの食べた) | Main | 昨日の出来事(プリン大福♪) »

昭和なパンツ(スペシャルドラマ「めぞん一刻」)

スペシャルドラマ「めぞん一刻」

時代設定が「めぞん一刻」の同時代よりもっと古いような気もするけれど。。。

元々、高橋留美子のコミックには卓袱台とか出てくるし。

昭和ばやりの昨今ゆえか。

わかりきったギャグばかりだけれど、独特の雰囲気はつかんでいたかも。

(「めぞん一刻」はたいして読んでいないが、「うる星やつら」は愛読しておった。)

ドラマで一番笑えたこと。

最後の最後に出てきた、伊東美咲(響子)のテニス場面で、

沢村一樹(インストラクター)のパンツ、、、短っ!!

確かに、昭和はスポーツ系男子のパンツがやたら短いのが特徴で。

大爆笑。。。。

(しばらく笑いが止まらず)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、過去のプロスポーツ映像などを見ていつも違和感があるのが、パンツの短さ。たとえば、ジーコマラドーナの現役時代の映像を見てもやたらパンツが短い。岸辺一徳は「うる星やつら」の実写版を製作するとしたら、「龍之介の父」役が嵌りそうだ。

|

« 4月の記憶(こんなの食べた) | Main | 昨日の出来事(プリン大福♪) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 4月の記憶(こんなの食べた) | Main | 昨日の出来事(プリン大福♪) »