« ポ、ポレンタ。。。(食材編) | Main | 4月の記憶(ゲゲゲとオザキ) »

ポレンタについて考えてみた

Porentaneo 今週の標語。

ポレンタは、

はやく固まる、すぐ固まる。

 。。。。。。。

再度、ポレンタ作りに取り組むわたくし。

(浴槽いっぱい作ったわけではありません)

Porentaneo2 作りおきのミートソースがあったので、こんな風な一品が作りたくて。

tレシピではパルメザンチーズを使用とあるけれども、

これは、プロセスチーズ「とろけるタイプ」(暮れにいただいた品、大汗)

Porentaneo7 出来上がり。

ポレンタ、ちょっと硬そうだったりして

 ・・・・・・・・・・・・・・・

Polentaneo5 ジャガイモをスライスしたもので、こういうの作っていたような・・・。

あれよりは、あっさりと食べられます。

このほかに、今回はスライスしたポレンタを和風にアレンジ。

Polentanegi まずは、ポン酢をかけネギをトッピング

 

Polentagoma お次は、

黒蜜をかけて、黒ゴマきな粉をトッピング

どちらも普通にいただけるし、別にまずいわけではありませぬ。

がしかし、トコロテンや「おきうと」のようにツルツルした食感でもなく、くずもちのようにねっちりとした歯ざわりでもなく、

どちらかといえば、歯ざわり=微妙お味=大味(!) 

やっぱり、アレですね、シンプルに食べるなら、

うちの食卓」風に、

ゴルゴンゾーラチーズかけて焼くとか(キノコ使うとか)、ベーコン混ぜるとか、

クセ系燻製系で、味のアクセントをつけるのがいいのかも、と。

今度は、パンツェッタ混ぜ込みで作ってみることにいたします。

(パンツェッタは過日のイタリアンフェアで購入後冷凍保存したもの。や、まだ粉がいっぱい残ってるもんで。白ポレンタ粉もあるし・・・どないしょう)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

使用したMORETTIのポレンタ粉の作り方(日本語付記)は、水を沸騰させてかき混ぜながらポレンタ粉を少しずつ混ぜるというもの。tレシピの水・粉・塩・オリーブオイルを混ぜて沸騰させたあと弱火で練り上げる、というやり方のほうがずっと楽で綺麗な仕上がりになり。実は、前々記事のポレンタはMORETTI君の作り方で作ったわたくし(スミマセン、スミマセン)。もしかしてメーカーによって作り方が違うのかもと思って・・・しどろもどろ。やっぱり、人のいうことは聞くもんですねえ。MORETTI君のは少なくとも私には×。しかも、MORETTI君、消費期限が09年11月ってどうよ(そんなに長く保てるなんて・・ヒソヒソ)。原料もtさんみたくbio系にしたいものですわ。

|

« ポ、ポレンタ。。。(食材編) | Main | 4月の記憶(ゲゲゲとオザキ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ポ、ポレンタ。。。(食材編) | Main | 4月の記憶(ゲゲゲとオザキ) »