« 元気が一番! | Main | 新年度!(焦る、アセる) »

ゲージュツの春

突然ですが、「オフィーリア」(ミレイ作)。

テイト・ギャラリーの目玉のような作品です。

テイト・ギャラリー、現在はテイト・ブリテンと言うらしい)

久しぶりにこの名前をNHKの番組で聞きました。

27日放送の プロフェッショナル 仕事の流儀 スペシャル「映画を創る~」

宮崎駿がこの絵を見て打ちのめされた、というような。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸であった「テイト・ギャラリー展」で初めてこの絵を見たのは、もう何年も前のこと。

土曜日だったはずなのに、さほど人が多くはなくて、じっくり見ることができました。

私の場合、打ちのめされはしなかったと思うけれど、強烈な印象を受けたことは確か。

絵はガラスの向こうではなく、触れるぐらいの位置に展示してあったような記憶が。

しばらく絵の前に立ち止まって、じいっと見入っているうちに、

自分がその場に(英国の渓流のほとり)いるような不思議な感覚があり、

思わず鼻先を近づけて匂いを嗅ぎそうになった

(渓流脇の緑の青臭い香りー英国独特の川辺の匂いが漂っているような気がして、いえ英国には都市部に一度行ったきりだからあくまでイメージですがね・・汗)

描かれたオフィーリアは、ものすごくリアルでした。

(「ハムレット」での狂ったオフィーリアが枝先に手を伸ばして川に落ち流されるイメージもそうだし、生身の人間のリアル感という意味でも。あとで調べたら、友人のこちらも有名な画家ロセッティの妻がモデルだったとか。)

今、思い返しても、

生唾をのみ込んだかも(おいおいっ!)、というような。

こんな印象を受けた絵もめずらしいです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その場では、ミレイの他の作品もあったのだけれど、この「オフィーリア」のような強烈な作品ではなく。力の入れ方が違うという感じ。こういうのを、「入魂の力作」とか言うのでしょうかね。ちょっと陳腐だけど。

四日連続更新という偉業!を成し遂げたあと、ほぼ十日ぶりの更新。。先週は木金土と上京しておりました。留守中にたまっていた仕事を片付けるのと、週明けの予定が立て込んでいたのとで、月・火の忙しかったことよ(嘆)。月曜夜に仕事済ませて寝るときには、なんと午前2時半を過ぎていた!東京では用事を済ませるばかりで、まったく絵を見に行くような暇もなく(嘆・嘆)。「オルセー美術館展」(東京都美術館)ゴーガンを見たかったけど・・・・もうすぐ終る(嘆・嘆・嘆)。

その昔、見に行った「ゴーガン展」でゴーガンを好きになり。ゴーガンの絵は図録や写真で見ても良さがわかりにくいような気がする。実物見てその美しさにびっくりした。

|

« 元気が一番! | Main | 新年度!(焦る、アセる) »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 元気が一番! | Main | 新年度!(焦る、アセる) »