« January 2007 | Main | March 2007 »

パワースポット!?

友人M子(32歳独身)から聞いた話。

M子の友人N子(31歳)がこのほど結婚を決意したらしい。

お相手は、このお正月に初めて会った男性とか。

しかも、会って1週間しない内に結婚を決めたそうで。

聞けばN子も相手の男性も結婚願望が強く、スタンバっていたので

会った途端に「即決」というような盛り上がりだったらしく。

(二人の出会いの場に居合わせたM子の表現で)

とにかく、決めたからにはスケジュールが目白押しで、

式場の設定だとか、招待客の人選だとか、

N子は、嬉しくも忙殺状態であるとのこと。

そういうN子を見て、複雑な心境のM子。

M子のほうは付き合って2年になる年下の彼氏(27歳)がいるのだが、

子供を産みたいM子が年齢的にそろそろ焦っているにもかかわらず、

彼氏のほうには、まだその気はなく。

ま、ここいら辺は置いとくとして、

M子の話で感銘を受けた部分、それは・・・・、

パ ワ ー ス ポ ッ ト 

以下はM子の言葉です。

Nちゃんは、お正月も伊勢神宮に行ってパワースポット巡りしてたんですよねェ

そしたら、すぐにそんな人と巡り合って結婚が決まったんですよお。

私も、やっぱ行こうかなあ、伊勢神宮

あそこ、かなり効くらしくて。 

パワースポットが何箇所かあるって。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっと、出雲大社じゃなくて、伊勢神宮なのね・・・(M子達とは世代が違う私としては、恋愛→縁結び→出雲大社ぐらいしか浮かばず)。聞けば、出雲大社もパワーがあるらしいけれど、恋愛運ということでは「伊勢神宮のほうがスゴイ」とか。ついでに「パワースポット」というキーワードで検索してみるとあるは、あるは。伊勢神宮のことも紹介されています。なんでも内宮だけでなく、願い事は外宮でお参りしなくては効かないとか、いろいろ。半日ほどかけて丁寧に廻るとよいそうで。ちなみに、M子たちは江原啓之スピリチュアル系著作の愛読者でもあり。「オーラの泉」なんかもよく観ているとか。いやあ、今どきの人達ってそんなところに集まっていたのね・・・・・と、いたく感心した次第。

| | Comments (0)

おもしろうてやがて悲しき(映画「ドリームガールズ」)

映画「ドリームガールズ」(DreamGirls)

(以下、少々ネタばれあり)

事前情報として知っていたのは、

Diana Ross&Supremesをモデルにしているというぐらい。

冒頭からスピーディーな展開で、すぐに引き込まれた。

観始めて、しばらくして、

ミュージカルだったんだ、これは」と気が付く。

大体が歌手のバックステージ物なので、日常的に歌い出したとしても違和感がないし。

全てのキャストにモデルがあるようで、「これは誰のことなんだろう」と想像しながら観ていた。

ステージ場面では、エド・サリバン・ショーも合成で出てきたし、どう見てもこれはジャクソン・ファイブのことだなと思われるグループもいて、

おお、あれは幼き日のマイケル・ジャクソン?!

とかなんとか、どこかで観たような人たちが多数登場して興味は尽きない。

ただ、ストーリーが進んでゆくにつれ、なんだか物悲しい気分に。

大体ですね、ルックス重視でダイアナ・ロスがメインヴォーカルになったとは・・・。

(私の知っていたシュプリームスは再編生後だったのですね、たぶん)

いまだにCMでも使われているダイアナ・ロス&シュプリームスの輝かしいヒットチューンの数々(ちょっと思い出しただけでも、”Baby Love”とか”Ain’t No Mountain High Enough”とか)は、お金が絡んでのものだったのか、とか。

あと、マイケル・ジャクソンは成長して、ダイアナ・ロスにプロポーズしたんだよなあ、とか。

(年の差いくつだっけ・・・)

そして、それぞれの実在するスターたちの現在に思いを馳せる時、

 ・・・・悲 惨 す ぎ る ・・・・

ダイアナ・ロスは逮捕されたりもしたけれど、まだ良い方で。

このキャストにリンクするかどうかは知らないけれど、マーヴィン・ゲイも悲劇的な死に方だったらしいし。

マイケル・ジャクソンは果てしないトラブルの渦からいまだに抜け出せないようで。

アフリカ系の人々ゆえかといえば、ブリトニーのような痛々しい例もあり。

リンジー・ローハンも近いものが・・・)

結局、あまりにも若くしてスターの座に駆け上った人たちは、

どれほどの代償を払わねばならないかと考える時、

そのあまりの苛酷さに、ファンでなくとも胸が痛くなる。

プライバシーが全くなく、虚実入り混じったスキャンダルにまみれ、

心身ともに傷つき、アルコールやドラッグに走り、

果てはリハビリ施設との往復をするような日々。

考えれば、考えるほど、

アイドルやトップスターでなくてほんっとうに良かった!!

と、ひそかに思うのであった ・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!

巷では、エフィー役のジェニファー・ハドソンがアカデミー賞の助演女優賞にもノミネートされ話題のようだけれど、私はビヨンセが意外に良かったと思う。というか、ビヨンセに関しては、デスチャ時代のPVをいくつか見た程度でソロ活動にはさほど関心もなく、まったく先入観なしに観れたのが、かえって良かったのかもしれない。や、ジェニファー・ハドソンはたしかに歌上手いし(パワー全開のソウルヴォーカル)、見た目もぽっちゃりと可愛くて愛嬌があるけれど。あれぐらい歌える人って案外多いんじゃないでしょうか、あの分野では。とにかく、私はジェニファーが単独アルバムを出したとしても買わないだろうな。ちなみにダイアナ・ロスのは、ベスト盤を1枚だけ所有。何度も言うようだけれど、ビヨンセはダイアナ・ロスの雰囲気(歌も見た目も)を出せていたと思う。ビヨンセ、ちょっと見直したような。考えてみれば、当時のダイアナ・ロスのあの雰囲気(可愛さ?)は独自のものだったんだなと。美人度という点ではビヨンセが圧倒的に上と思うけれど・・・。

| | Comments (2)

人間万事塞翁馬

Buntan07feb11

人生はよい時期と悪い時期の繰り返し。その都度一喜一憂せずにゆったり構えましょう。この寒い冬がやがて終わるように、あなたの悩みも時間が解決してくれますよ。

これは、数日前Yahoo!占いタロット占いで占った、私へのお言葉。

人生はよい時期と悪い時期の繰り返し。

人生もある程度長くなってきて、見えてきたものは実はコレ。

人生は山あり谷あり」とか「禍福はあざなえる縄の如し」とか、

人生は±0」(by柴門ふみ。。。ちがうかも!?)とか、

言葉はいろいろあるけれど、私が一番好きなのは、

人 間 万 事 塞 翁 馬 (このブログのサブタイトルでもあり)

まったく、古の人は深いことを言うもんですな(特に中国の方々)。

ただ、「よい時期と悪い時期の繰り返し」といっても、

悪い時期」が続いているように思える時もあるわけで。

そんな時には、

「今は悪い時期が続いているけれど、先ではよい時期が続くこともあるはずだ

と、思うようにしております。

この話をR嬢にしたところ、R嬢曰く、

今悪い時期が続いているとすれば、前によい時期が続いていたということでは

さらに、

きっと気付かなかったのだよ、それに」  (/.\)  (/.\)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は2月10日に訪れた武家屋敷郡(出水市)の駐車場の奥の文旦の木。文旦をひとつもらって帰ろうかと一瞬考えたほど、立派な実がなっておりました。

| | Comments (0)

飛ぶ・翔ぶ(出水のツル)

Cranecenter2

連休に行ってきたのは、

鹿児島県 出水市ツル観察センター

土曜の午後1時に出発して、

駐車場に到着したのは、閉館時刻の10分前。

出水在住の友人が、

「わざわざ長崎県から来てるんです」と言って必死に頼んでくれたそうで。

閉館時刻というのに、説明係りの方が丁寧なレクチャーをして下さいました。

展望所の2階部分と屋上からツルの居住区を眺めることが出来ます。

居住区には人の背丈ほどの仮の囲いがしてあり、人間の姿を気にするツルに配慮がされています。

しかし、そこはそれ、お好きな方々も大勢いらして、

Crane8feb11 囲いの上から望遠レンズで撮影の真っ最中。

到着した夕方は風が強く、めちゃくちゃ寒かった。

強風の中、レンズを調整する手も凍えそう。

撮影中の皆様、本当にご苦労さまです。

Crane10feb11 じつは、ここは制限つき居住地。

3月下旬には農耕のトラクターが入るらしい。

ほとんどのツルがそれまでに北に帰るわけで(居座っているツルがいたとしても追い払われてしまう!?)。

がしかし、地元の人々のツルへの愛には胸を打たれました。

飛来してくるシーズンには数を確認するわけですが、まずその仕組みがすごいです。

ツルは現在1万羽以上いるのですが、その正確な数は飛来してくる間中、毎土曜日の早朝、地元の中学校の「ツルクラブ」の生徒たちが、4班に分かれてカウントが行なわれると。

明け方に、写真奥の水色に見えている寝床から出てくるツルを数える班と、

(田圃に地下水をくみ上げて浅瀬のようになっていて、ツルは必ずそこで片足立ちで寝ると)

出たはいいけれど、なかには戻るツルもいるのでその数も調べる必要があり、

寝床へ逆戻りのツルを数える班

あとは、寝床に残っているツルを数える班

(出てくる数をカウントするのは2班だと思われ。つまりダブルチェック。)

出てくるツル数-戻ったツル数+最後まで寝床にいたツル数=全体数

寝床にいたツルを数えるのは最終段階で、その前にトランシーバーで「数え方やめ」というような連絡をとり、確認後寝床ツル数を数えるそうで。

鳥のことゆえ、朝はさすがに早く、5時ぐらいには鳴き始めるらしく。

夜明けとともに寝床から出て来るツルを、黒い覆いがかけられた隠れ場所に身を潜め、ひたすらカウント作業ということらしい。

Cranemountain070211 2月~3月の北帰行の時期には、寝床のはるか後方の10台ほどの車両(この写真では見えず)に北へと戻るツルをカウントする方々(こちらは大人)が待機しているらしい。

左右から伸びる山の稜線を越えて飛んで行ったツルは北帰行とか。

実際、北へと飛び立ったツルも目撃しました。

上空を何羽もツルが飛び回る。

(通過地点の長崎のお天気を上空で窺っているそうで。)

ツルは首も脚も長いので、飛行形に特徴があり、とても美しい。

Crane2feb11_2

さまざまに飛ぶ姿は見飽きることがなく。

Crane4feb11_2

時間の経過を忘れるほどでした。

| | Comments (2)

桃カステラ2007

Momo070208 今年も買いました。

 桃 カ ス テ ラ

今回は、松翁軒のものです。

ちなみに、昨年は文明堂のでブログにアップ。Momo060303

長崎県に移住して20年以上たちますが、

店頭で桃カステラを見ると、いまだに心ときめくものがあり。

初めて見たときの感動と興奮が蘇るのです(大げさ)。

ブログを始めてからも、毎回この季節には桃カステラの画像をアップせずにはいられず。

じっくりとその形状を眺めるに、

一人で食べるには中途半端にデカイ。

二人で食べるには、どこで切るかで迷いが生じる(非対称ですから)。

毎回言っておりますが、味はハンパなく甘い

毎回わかってはいても、やはり見れば買ってしまう。

一個買いが堂々とできる(専用箱あり)というのも、嬉しい。

いそいそと一個買いし、「どれどれ」と一口食べて、「甘っ!!」と顔をしかめる・・・。

これが毎年恒例の行事と化していて。

これはもう、まちがいなく、

長崎の春を代表するお菓子だと再確認するのでありました。

| | Comments (4)

広告上のキャラクター

爆笑問題が出演するコマーシャルが面白い。

AGA

TVコマーシャルは、さほど気に留めなかったのですが。

今朝の新聞広告の写真を見てくすくす笑い。

「爆笑」の二人も女装の太田や妙にオシャレっぽく見える田中とも、とても可愛いけれど。

一番ハマッたのは、下のほうにごく小さな目立たない文字で示された注意書き。

※爆笑問題・田中さんは広告上のキャラクターであり、実際はうす毛ではありません。

実際、「田中はうす毛だったのか」と思いかけていた自分・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチン篇は、「奥様は魔女」のようなレトロアメリカンな設定がとてもオシャレ。「アメリカ版昭和」といった感じですなあ。細部にもこだわりが感じられます。(田中が読んでいる新聞は「元気日報」で1面トップの記事が「うす毛治療に」というタイトル)それにしても、女装の太田の大げさな表情が妙に可愛い。前髪下ろしで外ハネカールのヅラってハマる人にはハマるんですねえ。SMAP香取も似合っていたし。太田が持っているトレーの柄がサイトからリンクしてあるのと違うのが気になる。こういうのは、CM監督さんのこだわりを考慮してスタイリストさんが集めてくるのだろうか。なんだか奥が深そうだ。(よく見てみると、柄が違うと思ったのはトレーの裏側だったらしい。欲しいな、このトレー・・・)

| | Comments (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »