« お正月2007 | Main | お正月2007(映画「硫黄島からの手紙」) »

お正月2007・つづき(DS、箱根駅伝)

今回初めて、初売りの数量限定商品DSのこと)を購入したわけですが。

ちょっと前までは、時間指定で「先着70名」というような形式だったと思う。

(未経験でも、毎回初売りのチラシは見ております。)

今頃は、指定時間に抽選券(通し番号つき整理券?)を発行し何時間も前から並ばなくてよいようになっているらしい。

考えてみれば、正月とはいえ、真夜中に青少年を商店街で並ばせるというのはちと問題もあると思われ。

私の場合、抽選券を入手すべく、現場に着いたのは9時を5分ほど過ぎた頃(汗)。

以前、ノーブル・ピンクを購入した時も発売時間を30分ほど過ぎた頃行って、まだ在庫があったので、そんなに競争率が高いとは思わず。

がしかし、今回400名以上もの人が抽選券を手にしたと知って驚いた。

やはり、16780円の威力なのか。

いやぁ、これが初日の2日だったら購入できていなかったな、間違いなく。

2日の午前中は完璧にダウンしておりましたので。

なにしろ、観る予定にしていた「箱根駅伝往路もやっと正午前ぐらいにスイッチオン。

で、「箱根駅伝往路です。

昨年の往路優勝の立役者、順大5区走者今井正人

やはり圧倒的な強さで予想通りトップに立ち、今回も往路優勝。

3日の復路でも5人全員がトップを維持して結局今回総合優勝をとげた順大のキャプテン。

そりゃ、なんといっても一昨年から華々しい活躍で今回も一押しのヒーローであることは間違いない。

で も ね 、

『 山の神降臨その名は、い ま い ま さ とっ! 』 (たしかこんな感じ) 

とか、用意してきたようなフレーズを叫ぶ実況アナ。

さ ら に は 

復路の中継時には、他チームの中で一人振るわずに順位を下げたような走者のゴールシーン(あるいは、襷を渡すシーンだったか)で、

俺 の せ い で 遅れてゴメン ・・・

とか、勝手に脳内吹き替えするってどうなの!?

自分がその走者だったら、「お前に言われたくない」と思いますよ。

たしかに、「箱根駅伝」にはドラマが多くて、盛り上げどころ満載なのはわかるけど。

普段は駅伝ものを観ない私でもお正月の「箱根駅伝」は特別で。

トップ争いの他にも、10位以内のシード権争いや、学連選抜の走りにもドラマがあり、

復路で繰り上げスタートに廻される悲哀もある。

大勢の部員を抱えたチームで、4年生になって初めて選ばれた走者や、

1年の時から同じ区を任されたスペシャリストもいたり。

もちろん多数は、選ばれなかった部員たち・・・。

そういう仲間たちの羨望と憧憬と期待を背負って出場する者たちは、

とにかく、何があっても襷だけは繋がなければならないわけで。

想像しただけでも、ウルウル涙目の世界。

そう、自分とはまったく縁がなかった、究極の体育会系イベント

今井君のような素晴らしい走者に感動もするけれど、

抜かれた者たちの悔しさや面目なさにも共感でき、

ゴールや襷をつなぐ場で、泣いて立ち上がれない子には、

マジで、 も ら い 泣 き 。。。。。。。。。

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。(←涙)

だからね、選ばれた際のエピソードだとか、出場前の選手や監督のコメントとか、

取材した周辺のあれこれなどはよいとして。

安っぽい盛り上げフレーズや勝手な脳内吹き替えだけは、頼むからやめてほしい

そんなのなくても、こっちは充分盛り上がってるンですから・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実況では、良かったところもあり。例えば、優勝チームのインタビューは下位のチーム全員が戻ってきた後でとか。これは、実行委員会からの申し入れかもしれないけれど。一般のマラソンとか駅伝ではそういう配慮はないような。それと、今回面白かったのは、「先導白バイ警官2名の紹介」。管轄と氏名・年齢・本人のコメントまで紹介されていた。多分、撮影地点も通知してあった模様。じっくりと正面から捉えられた映像でのお二人のなんだか誇らしげなお顔がほほえましかったです。こういう企画には大賛成。

4年生の今井君は、来年箱根でその勇姿を観ることはできない(見た目がちょっと孫悟空っぽくて可愛い)。でも、来年は来年でまた新たなスターも出てくるだろうし、新たな、あるいは同じようなドラマが観られるに違いなく。やっぱり箱根駅伝は私にとってお正月のTVで例外的スペシャルなのです。(普段はサッカーなどのほうが好きなのですがね。お正月のスポーツ特番ではサッカー天皇杯より高校サッカーより箱根駅伝が好き。)

|

« お正月2007 | Main | お正月2007(映画「硫黄島からの手紙」) »

観るだけスポーツ」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お正月2007 | Main | お正月2007(映画「硫黄島からの手紙」) »