« 今年の収穫♪(衝動買い!?) | Main | 今年の連ドラ2006(のだめと信介) »

シルヴィ・ヴァルタンで「へぇ~」二つ

というわけで、Sylvie VartanのCD「ベスト・コレクション」とDVD「コンサート・イン・パリ」。

特別な思い入れもなく、さらっと流して聴いてみた(観てみた)。

DVDは2004年のコンサートの映像なので、当時60歳。

あなたのとりこ」のキイがかなり低いのに驚いた!

歳をとると、高音域が出なくなるというのは本当なんですね(しみじみ)。

ダンスなど、動きのキレのようなものはさておき、

頑張ってます、シルヴィ姐さん。

感心したのは、ロックメドレー。

Rock’n Roll Music”、 “Twist and Shout”など往年のR&B曲がほとんどフランス語で歌われていて(“Rock’n Roll Music”は微妙な英語で)。

その中の1曲に、ふと耳をそばだてた。

なにしろフランス語だし、アレンジも軽いポップス風にされているので、

最初は気付かなかった・・・・。

Spencer Davis Groupの有名曲、“Gimme Some Loving”。

この曲を、バックダンサーズを従えて、歌い踊るシルヴィ・・・・(汗)。

ライナーノーツによると、タイトルは、

   「あなたの愛をちょうだい」 (大汗)

           ・・・そりゃそうでしょうけど

この曲を、シルヴィ・ヴァルタンフランス語聴けるとは思いもせず。

立派に、シルヴィの歌うフレンチポップス になっておりました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライナーノーツを読むと、“Gimme Some Loving”は昔からコンサートなどで歌っていたそうで、お気に入り曲らしい。その昔多感な少女シルヴィは泥臭いR&Bを愛好する「ツッパリ少女」であったに違いない。きっと、この曲の作者Steve・WinwoodがアメリカのR&Bに影響されて作ったように。Beatlesが“Rock’n Roll Music”や、 “Twist and Shout”をカバーしたように。彼らと同世代のシルヴィは、R&Bにかぶれていた・・・のでしょうなあ。もしかしたら、ファンでなくとも知っているような彼女のヒット曲、「アイドルを探せ」「あなたのとりこ」「思い出のマリッツァ」「悲しみの兵士」(私の知っているのはこの4曲だけ・・・昔はこういう邦題のオンパレードで)のような曲ではなくて、“Rock’n Roll Music”や、“Gimme Some Loving”のような曲を歌いたかったのではないのか。ま、似合うかどうかは別としてです。なんだかとても、親しみがわいたのでありました。このDVDには幼少の頃から現在に至るまでの彼女の写真が出ているのだが、いつの時代も本当に可愛く、しかも美しい。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CDを聴いてみて、もう一つ面白いこと発見。ベスト盤ゆえ、新旧いろいろな曲を収録しているわけですが、なんと中島みゆきのカバーが。曲は「悪女」。もちろん、フランス語バージョンです。シルヴィ姐さん、近年はこういう曲にも興味を持っているのであろうか。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリスマスが近づいて、急にテンプレートをそれらしく設定。ビミョーに安っぽいところが、このブログらしくていいかも・・・。

|

« 今年の収穫♪(衝動買い!?) | Main | 今年の連ドラ2006(のだめと信介) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年の収穫♪(衝動買い!?) | Main | 今年の連ドラ2006(のだめと信介) »