« October 2006 | Main | December 2006 »

今年の映画

Iwojima父親たちの星条旗」“Flags of Our Fathers”

硫黄島の戦いを、アメリカ側の視点から描いたというこの映画。

監督がクリント・イーストウッドというのにも興味があって、観て来た。

観終わってしばらくしたら、父のことを思い出した。

太平洋戦争に応召して捕虜になったという父。

戦後40年以上たっても、体調が悪い時は戦争の夢を見てうなされていたらしい。

母がよく言っていたけれど、戦争体験というのは「行った人でないと絶対わからない」。

(母は、父よりずいぶん年下だった。)

たぶん戦場に赴くということは、日常的に死と向かい合うということ。

敵味方に関わらず、多くの死を目の当たりにするということ。

すぐ横にいる仲間たちが他所から飛んできた銃弾でばたばたと死んでゆく。

そんな普通の生活では考えられない状況で、何日間も何ヶ月も何年も緊張を強いられる。

こんな経験をしたら、その後の生活で何十年平和に暮らしていても、

時折フラッシュ・バックに襲われるというのは無理もないことであろう。

父が亡くなって、もうすぐ10年になろうとしている。

戦争のことをあまり語らなかった父だけど、

今になってみると、あれもこれも訊いておけばよかったと思うことばかり。

洋画が大好きで、中学生の頃から洋画ばかり観ていたという父は、

アメリカと戦ったあの戦争をどういう風に考えていたんだろう。

戦争に行く前と、帰ってきてからとは、どう変わったんだろう。

戦争を直接知らない世代が、そんなことを考えてみるということも、

この映画の製作意図の一つなのかもしれない。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画には、特に名の売れた俳優などを起用してないところも良かった。リアルな感覚をだすのに成功していたような。ライアン・フィリップの名前だけは、リース・ウィザースプーンの夫ということで知っていたけれど。彼の出演作はこれまで観たことがなかったのだが、この映画ではなかなか良かったと思う。童顔のせいか実年齢が30歳過ぎにはとても見えず。イケメンという噂だったが、たしかに。お気に入りのリストに入れておこうっと。

| | Comments (0)

いよいよ年末か!?

Kikuchirain06

まだ11月というのに、なにかと用事が増えてきて、

気分は、すでに 年 末 。

本当に暮れが押し詰まってくると、のんびり1年を振り返っているヒマなどないので、

今のうちに、2006年を総点検。

ブログで取り上げたことを中心に、この1年を振り返ってみる。

まずは、比較的新しいところから。

8月4日付記事「ミニクラス会♪(3)脳年齢は20歳!?」でも書いた、

ニンテンドーDS lite ノーブルピンク

発売日(2006年7月20日)に購入し、目標:脳年齢20歳を掲げて始めたわけだが。

実は、しばらく前に21歳(*^-^*)ゞを記録して、その後長期休暇に入った(爆)。

脳年齢20歳まであと少しというのに、そこで「休暇に入る」ところが我ながら情けない・・・トホホ。

よくあることだが、何事にも「詰めが甘い」のが私の特徴。

でもね、また始めるつもりです、年が明ければ・・・・ ・・・ ・・・ ・・

こんどこそ、20歳に行き着くまで頑張らねば・・・・ ・・・ ・・・ ・・説得力なし・・・

Kikuchikenbutsu06nov23

話は変わるが、写真は私のお気に入りスポット、

菊池渓谷

名残の紅葉見たさに、雨の祝日のこのこ出かけたら、

なんという見物人の多さ!

しかも、この傘のご一行の言語は韓国語。

とうとう、菊池渓谷も「ニッポンの観光地」の仲間入り。

Kikuchiglen06nov23 ところで、菊池渓谷は、

英語表記では KIKUCHI GLEN

というらしい。

ところが、おいてあるパンフレットには

KIKUCHI RAVINE とある。

いったい、どっちなんだ!?

Kikuchikanban06nov23 雨の中、これだけの人出というのに、相変わらずゴミ一つ見当たらず。

言わば、奇 跡 の 渓 谷 。

その日は、雨天の中ビニールコートを着てトイレ掃除やゴミ集めをしておられる地域の方々をあちこちで見かけました。

いつ訪れてもゴミがないということは、

1日1回程度の清掃では、絶対にありえないこと。

渓流の迸りを聴きながら眺めながら(いつも驚異的に澄んでいる!)、フィトンチッド(森林の芳香物質ですと。ホントいい香り)を浴びて深呼吸しつつ、

歩 く、歩 く、歩 く 

他の人々も、みんな黙々と 歩 く、歩 く、歩 く 

普通なら、こんな人出の中を歩いてもちっとも落ち着かないはず。

美味しい空気と渓流の轟き(これが特に好きだ)のせいだと思っていたけれど、

菊池渓谷を愛するこんな人々のぬくもりが感じられることもあるのかも。

駐車料金150円入谷100円。

ぜったいお得な渓谷です 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辞書で調べると、glen(スコットランド・アイルランドの)峡谷ravine峡谷とある。字義からいくとravineなのかもしれないけれど、音感としてはglenがいいな。でも、あの場所の雰囲気はravineなのかな、アイルランドもスコットランドにも行った事はないけれど感じとしては違うような気もするし・・・・・クドクド。 それにしても、いたるところに中国語と韓国語の団体の多いことよ。しかもこういうご一行はどなたも皆パワー全開。少しはエネルギーを分けてもらいたいような・・・。

| | Comments (2)

今年も準備完了!

Xmasjunbi06 気が付いたら、準備が出来ていたっ(汗)!

Xmasjunbi05 昨年は、準備の真っ最中を激写・・・・。

Xmasjunbi05roof 昨年こんな方々がいた屋根の上には、

Xmasjunbisanta06 今回、こんな大物がピン登場(ピンボケ御免)。

今年のコンセプトはたぶん、

モ ア ・ ゴ ー ジ ャ ス  

(雑多ともいう・・・)

Xmasjunbigozilla06 なぜか、ゴジラペガサス(たぶん)まで、

どさくさに紛れて出陣していた!(大汗)

| | Comments (0)

リンゴで感涙

Apple2006nov それは数日前のこと、スーパーの果物コーナーで。

早生フジ」の表示と、この姿を見たときは、本当に感動しました。

ほとんど落涙しそうになったほど。

いやほんとに。

この数ヶ月、耐えに耐えてきたものが(大げさ)一気に溢れ出したという感じで。

リンゴ好き」と一口でいっても、私の場合は「フジ好き」。

つがる」「ジョナゴールド」「むつ」「世界一」「王林」などは、すべて苦手です。

(思いつく限り、言ってみた)

そんな「フジ好き」の私にとって、フジが店頭から消える夏場は本当にこたえるわけで。

消えて何週間かは他の果物(メロンとかとかとか)でごまかし、

どうしてもリンゴ欠乏症になったときは、「秋映え」でなんとか糊口をしのぐ。

(「秋映え」はフジ以外のリンゴの中では、比較的美味しいと感じる)

でもね、数ヶ月ぶりに食べたフジの美味しかったこと。

「早生」だろうがなんだろうが、美味しいもんは美味しいんだっ!

(嬉しさのあまり、秋空に向かって叫んでみた・・・ウソウソ)

やや小ぶりなフジを一個食べたら、なんだか体中に生気がみなぎって来るような。

明日への希望が湧いて来るような。

いやあ、シアワセです、本当に(しみじみ)。

| | Comments (2)

恐怖のマンモ(3)

こういう風に書いていくと、なんとなく最後はハッピーエンドを期待したくなるわけで。

がしかし、結果はあくまでグレーゾーンだった。

要は、経過観察ということらしい。

でもね、「半年後にまた検査」ってどうよ。

普通でも、半年~1年に1回検査を受けるとかではないのか。

考え始めるときりがないので、とりあえず今は急を要するわけではないと解釈して。

年に数回は上京するので、セカンドオピニオンのことも検討してみよう。

なんにしても、今はたまっている仕事を片付けて、家中のゴミ出しをせねば。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然「ゴミ出し」という話になったのは、友人の話を聞いたから。消化器の検査で引っかかっているという友人は、毎日ゴミ出しに精を出しているらしい。引越しが多く、ただでさえ家の中に余計なものがないという彼女。まだ出すものがあるのかという疑問がわくが、どうやら入院するかもということで、古い手紙などをせっせと燃しているとか。なんだか想像をかき立てられますな。モテ美人の彼女のこと、そういうのが多いのであろう。私の場合は、そのてのものはあまり無くて。ガラクタと紙ゴミと雑誌・カタログなど捨てるものは山ほどあれど、色気のないものばかり(嘆)。彼女も私も今のところグレーゾーンなので、そこそこ自虐ネタとして余裕こいてますがね、先ではどうなることやら・・・。 

| | Comments (2)

恐怖のマンモ(2)

マンモの次は、超音波検査。

この検査に関しては、特に心配していなかった。

肉体的苦痛を伴うというものでもないし。

ジェルを塗りたくって、表面をプローブでひたすら探索するだけ。

そりゃあ気持ちのいいものではありませんけどね、時間かかるし。

でも、あのマンモの苦痛に比べたらずっとマシ。

と思って、気楽に超音波検査室に入った。

薄暗い(というより、かなり暗い)部屋で、裸の上半身にバスタオルを掛けて待つこと10分余り(けっこう待ったような)。

現れた40代と思われる技師の、「では右側から始めます」の声とともに探索開始。

この「右側」がとにかく長かった!

この検査室のモニター画面は技師の方を向いているので、私の方からは首を回して覗かないと見えない仕組み。

その体勢も疲れるのだが、画面に映し出されるものに興味がある私は、めげずに覗き込んでいた。

入念に全周をくまなく何度もチェックし、要所要所では画面を止めて撮影。

そのうち数箇所では、拡大表示して(たぶん)撮影。

またそのうち数箇所ではポインターを操作して計測のようなことも。

計測している箇所は、みたところ結構大きく、

それって、癌なんですか?

と訊きたいのを必死で我慢する私。

(技師さんはそういう質問には答えてくれないであろうと思われたので・・・)

右側だけで、優に20分以上は経過したと思われる。

(体感時間としては、30分以上あった感じだった)

左側は、あっけないほど短く、10分足らずで探索終了。

この探索時間の差を考えるに、

 右 側 に あ っ た ん だ な 」

と、勝手に確信した私。

最初に受診したドクターが「違うとは思うけど」ぐらいの言い方だったので、

癌がかなり進行した状態とは思っていなかった自分。

計測していた部分は、かなり大きそうだったことからも、

すぐ手術ということになるかも知れない。

検査室を出る時の気分は、「奈落の底」状態。

がしかし、頭の中は超高速回転し、今後の予定を立て始めた。

まず、別施設でセカンドオピニオンを訊いてみる(癌の進行状況にもよるけれど)。今度は東京の某有名病院に受診しよう。そこは、個室料金が普通でも1日3万円するそうだが、なんとか工面せねば。(いえね、親友の友人2名がそこで手術をして、一人は手術の時に乳房形成までしてもらって非常によかったとのことだし。親友はヒマなので私が入院したら毎日来ると言ってくれたし・・・)普段はグルメでもなければブランド物購入もしないので、それぐらい費用をかけてもいいだろうよ。ところで、3万円の「普通の」病室というのはどんな病室なんだろうか。元々、そこは女性看護師もインテリ美人揃いという評判の病院。受診する予定の某ドクターは彼女の聞いた話しでは「イケメン」だそうだし、楽しみといえば楽しみ。出来れば、やはり形成までしてもらうことにしよう・・・・・・等々

奈落の底で、なんとか楽しみを見出そうとする前向きな自分がいた。

                          つづく

| | Comments (2)

恐怖のマンモ(1)

乳がん検査を受けた。

検査はこれまで触診・超音波検査を1回受けたのみ。

それから5年ほどたったわけで(汗)。

マンモグラフィー検査(以下マンモと)を受けるのは今回が初めて。

マンモ検査に関しては、いろいろと評判(押し潰す!?とか激痛とか)を聞くので、

用意周到に、専門の女性医師、女性技師のいる病院に行った私。

覚悟して受けたせいか、マンモ検査もそれなりに耐えられた。

ところが、

診断がすんなりとは出ず、関連二次施設に紹介された(泣)。

日を改めて、その病院の乳腺外科(男性医師)に受診する羽目に。

乳腺外科のスタッフ紹介の写真を見ると、

検査技師らしい二人は中年男性技師と若そうな女性技師。

どうか、女性技師に当たりますようにとひたすら神頼み。

結果は、マンモ検査も超音波検査も、

見 事 に 男 性 技 師 に 大 当 た り 。

思えば、最初の病院での女性技師は話し方や処置も丁寧で好感度大だった。

今回の男性技師が特に態度が悪いとかではなかったのですがね。

鼻炎なのか風邪なのかこの技師、頻繁に鼻を啜り上げながら、

写 真 撮 り す ぎ 、圧 迫 し す ぎ 。

結局10枚以上撮影したわけだが、毎回あちこちから「寄せ集めては圧迫」の繰り返しで、その痛さたるや、

ム、ムネが潰れるかと思った!!!( 号 泣 )

美 乳 も 形 無 し !! (言いたい放題)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、これだけでは済まなかった・・・。

                    つづく

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »