« August 2006 | Main | October 2006 »

南ちゃんの遠い目

9月12日に南が昇天しました。

高齢(推定8歳)にもかかわらず、何度も死線をかいくぐって、

奇跡の元気鳥」とまで言われておりましたが(身内で言っていただけ・・・)。

うちで飼っていた文鳥の中では最長生存記録の持ち主。

最期は、目を開けたまま息絶えていました。

文鳥の最期も多く見てきましたが、こんなのも初めて。

眠そうな目をして横たわっていたので、まだ生きているのかと思ったほどです。

閉じさせてあげようと思って下瞼を押し上げたけれど、閉じれなかった。

しばらくお通夜をして、なんだか遠い目をしたままの南を屋上の花壇に埋葬しました。

その日は台風の影響か夜間まで雨風が強く、小止みになった頃を見計らって屋上へ。

バラの木の根元に埋葬する予定でしたが、バラの木は花壇の一番奥の隅。

真夜中の花壇は懐中電灯で照らしても暗く、風雨のため足元も悪くて。

結局、手前のアジサイの木の根元に埋葬(涙・汗)。

考えてみれば、バラよりもアジサイのほうが南のイメージには合っているような気もして、今では納得しています。

「遠い目」をして逝った南は、最期に何を考えていたんだろう。

何を見ていたんだろう・・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちでは、文鳥を飼う時はいつも、毛も生えそろっていないハゲハゲ状態のヒナから育てます。

そのくらいから育てると、順調に手乗り文鳥になるわけで。

南の場合は買った時期が少し遅かったせいか(5月頃?)、ヒナでもだいぶん成長したヒナで、背中を除いて(背中はグレーのヒナ毛)白い羽がもう出そろっていました。

「育ての親」(ヒナの口に直接餌を入れてやるハサミ型注射器のようなもの)でヒナ餌をやった時期も短かったせいか、

あまり自分から寄って来ようとはしなくて。

手を差し出しても、おずおずと後ずさりして、

最後に仕方なくという風情で、しぶしぶというか遠慮がちに乗っていました。

文鳥の雌雄は天と地ほど性格が違うということを知ったのは、ずっと後になってからですが、

南が雌だということは、すぐにわかりました。

嘴がやや細く、優しげでとてもおとなしく、いかにも「女の子」のイメージだったから。

それで、名前も「南」と名付けたのです。

「南」は言わずと知れたあだち充先生の「タッチ」からいただいたもの。

そう、あのイメージです。

優しく可愛い女の子で、おとなしげだけれど、実は芯が強くてしっかりしている。

いい加減な飼い主なりに考えて、しっかりと生き延びて欲しいという願いを込めたつもりでしたが、

本当に、何度も飼い主の願いを叶えて元気で長生きしてくれたような。

南の生涯は、うちの家族の激動の年月とちょうど重なっています。

子供の進学問題や、親の病気や死など次々と荒波が押し寄せた時期でした。

つらいこと、苦しいことも本当に多かったけれど、南はいつも居間の窓際で、

あまり構ってやらない飼い主を、いつも控えめに見守ってくれました。

2年前の6月にこのブログを始めた時のブログタイトルは、

南ちゃんのお気に入り」 でした。

それから、「Planet Flu」を経て、現在に至ったわけで。 

(内容的にはなんの変わりもないのですがね・・・汗)

サイドバーには「南バナー」も設定して、南はいわばこのブログのマスコットでした。

そんな南のエピソードも、時には思い出しながら書いていきたいと思います。

「南バナー」はこのブログが続く限り、残しておくつもりです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちのもう一羽のペット、さくタンこと朔太郎は元気です。1歳を過ぎたけれど、頭の毛はまだ黒く揃わずに白黒まだらで、なんだか「コワモテ」風です。性格もやんちゃで荒々しく(♂)うちではギャングと呼ばれています(嘆)。おとなしかった南がなつかしい・・・。

  

| | Comments (2)

頭上でアラベスク、ついでに映画「マイアミ・バイス」

すぐに「つづく」予定が、観てから2週間も経ってしまった(脂汗)。

直前記事でも書いたが、「アクロバティック白鳥の湖」では数々の仰天技が披露される。

日本公演の紹介サイトにある画像は「男性の肩上でのアラベスク」でしたが、

実際の公演を見てもっと仰天したのは、「男性の頭上でのアラベスク」。

これは、本当にスゴイ。

アラベスク   バレエの基本的なポーズの一つ。ダンサーは、足を伸ばすか曲げた状態で片足立ちをし、もう一方の足を後方に、完全にのばした形であげる。腕は指先からつま先までがもっとも長いラインとなるような、調和的な位置に維持する。 (Wikipediaより)

これを、人の頭の上で行なうわけですからね・・・(+。+)

他にも、「頭上で逆さビールマン」(私が勝手に命名しました。)

そう、フィギュアスケートで使う「ビールマンスピン」の時のあの状態を上下にひっくり返したような感じです(わかりにくいですなあ)。

要するに、片足ポアントで、もう片足を180度前方上空に上げた状態で頭を反らせ下方の脚にくっつける(よけいわかりにくいか・・・)。

とにかく、想像を絶する唖然・ボー然の仰天技。

白鳥役のウ・ジェンダンさんは、新体操、アクロバットを経てこの公演のためにバレエを習ったそうで。

なんというか、コントーショニストがバレエをしているような雰囲気。

この、コントーションとかコントーショニストという言葉を知ったのは、シルク・ド・ソレイユの公演を観てから。

コントーション」とは、日本語では最近は「柔軟芸」と訳されるようですが、古い辞書で調べると「軽業、曲芸」と訳してあるものもある。

ともかく、こんなことを想像してしまったのは、ウ・ジェンダンさんがあまりにも柔軟な身体の持ち主だから。

単独での身体の動きを見ると、あらゆる関節が自在に曲げられそうな雰囲気があり。

シルク・ド・ソレイユの公演は「アレグリア」と「サルティンバンコ」を観ただけですが、コントーショニストの実力はこの広東雑技団(「アクロバティック白鳥の湖」では上海シティーダンスカンパニーと)の方々のほうが数段上と思えました。

(ただ、ポールを使ってのアクロバットの演出(振り付け)は、シルク・ド・ソレイユのほうが洗練されていて魅せるような気がする。)

ウ・ジェンダンさんが驚異的なのは、アラベスクなどのバレエの型では、きっちり身体を伸ばした静止姿勢を何秒間もキープしていること、しかも頭上ですよ

だいたいですね、

人 の 頭 の 上 に 、靴 を 履 い て 立 つ

という発想が、もうすでにスゴイです。

とかなんとか感嘆しきりの私に、久しぶりに合流して一緒に観ていたR嬢が冷静に一言、

ス ケ ー ト 靴 で 立 つ よ り は マ シ 。」

(最近、R嬢はフィギュアスケートにハマッているらしい・・・。)

そりゃまあ、トウシューズは土足という感覚とは違うし、ああいうエッジもないけど・・・。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

直前にチケットを買ったので、2階席の前方から観た私たち。

間近で観ていた方々には、もっと迫力があったに違いない。

いろいろ感心しながらも、R嬢とある点で完全な意見の一致が。

それは、ウ・ジェンダンさんのパートナー、ウェイ・バォホァさんの頭頂部について。

ハ○になるな、きっと。」

あの技をきっちりと決めるには、日々繰り返し練習するはずで・・・。

想像すればするほど、なんという夫婦愛、というかウェイ・バォホァさんの献身的愛情を感じた次第です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、もう一つ。

映画「マイアミ・バイス」(9月2日封切り)

先日、午後の時間が空いたときに観てきました。

いえね、スーパーマンジョニデスパロウ船長かとも思ったのですが。

噂によると、スパロウ船長のは前作の復習をきっちりしておかないと面白さが半減とのことで。

前作を観たは観たが、きっちりとは覚えておらず・・・。

レンタルDVDは、出払っていて借りれそうにもなく。

(スーパーマンについては、前作のキャストの印象が強く(クリストファー・リーヴ)その後の彼の悲劇を思うと、新作を心から楽しめるかどうかと。)

よって、ちょいと興味のあった「マイアミ・バイス」へ。

いやあ、結構楽しめましたよ。

  これ以下、少々ネタばれあり。

なにより気に入ったところ。

それは、主人公の恋人とか仲間が惨殺されたりしない、というところ。

 さすがは、元TVシリーズ!(どういうホメ方かいな)

これは、たぶんシリーズ化されますね。

キャスティングにも力が入っているし。

あのコンビが、コリン・ファレルジェイミー・フォックスですもん。

TVシリーズではドン・ジョンソンがやった役を、ここではコリン・ファレルが。

白人プレイボーイのイメージも、20年経てば、多少ひねりが効いています。

コリン・ファレルを見るたび、なんとなくブラピを思い出す。

似てませんかね?

ブラピつや消しにしてチョイ(いやかなり)ワルにしたような・・・。

一方この映画では、ジェイミー・フォックスの好感度すこぶる高し。

実はTVシリーズはじっくり観た事がなかったのですが、TVでのキャスト(ちょっとラテン系)よりこっちの方が好きです。

他には、あのコン・リー(前作はSAYURIか)が出ていて、見た目が山口百恵のようだ。

SAYURIで思い出したのだけれど、今回のコン・リーの役は桃井かおりがもう少し若ければゲットできていたかもというような感じでした。

ストーリーでの女性の関わりについては、多少不自然な部分もあったけれど、

最近の銃器事情とか通信機器の発達とかメカテクなど充分楽しめるし、

とにかく悲惨さがない点を大いに買いました。

リーサル・ウェポン」に代わる、人気「刑事コンビシリーズ」になるかもです。

(「リーサル・ウェポン」ではお決まりで挿入されるおバカな、あるいはほのぼのエピソードはないですけど。、なにしろ「スタイリッシュな刑事もの」を目指してるらしいので。)   

| | Comments (0)

ブログ機能不調(アクロバティック白鳥の湖)

依然としてブログの調子がよろしくなくて。

ただ今コメント機能不調につき、こちらからレスできない状況に。

時折コメントを下さる皆様、とくにguraさま(22歳)にはさっそくお祝いを申し上げるべきところ、長々無視した形になってしまい、たいへん申しわけないことです<(_ _)>

原因究明の上、必ずレスいたしますので、しばらくご容赦を。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、あっという間に9月です。

この夏は振り返ってみれば、

北海道に逃げるでもなく(5年ほど前にふた夏続けて逃げた)

近場のリゾートで夏を満喫(なんてしたことないって)するでもなく

山積する事務処理を事務所にせかされながらも、

しつこく先延ばしにして・・・、

気がついたら、9月になっていた(大汗)。

で、「アクロバティック白鳥の湖」です。

日本公演の最終地、福岡2デイズの初日(8月26日)に行ってきました。

いや、コレがまたすごいのなんのって・・・。

                      つづく

| | Comments (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »