« July 2006 | Main | September 2006 »

初SMAP!(4)

SMAPのファン、というわけではない私。

CDは1枚も持っておりません・・・ヒソヒソ

がしかし、私の周りには彼らのコンサートのリピーターが多い。

観に行くと、「元気をもらえる。」、「これでしばらく頑張れる」、

とかなんとか。

「皆が元気をもらえる」SMAPのコンサートとは、どんなものなのか。

今回、A子に誘われて二つ返事で飛びついたのは、すごく興味があったから。

初めてコンサートに行ってみてわかったことがあった。

メンバーはコンサートでファンをすごく大事にしてくれる。

アリーナ席のファンだけでなく、サイドスタンドやバックスタンドのファンも、盛り上げてくれる。

序盤から、はしご車のようなものに乗って、サイドスタンド前でもパフォーマンス。

圧巻は、直前記事でもちょっと触れたアンコール数曲のパフォーマンス。

全員がそれぞれせりあがり台車(序盤のはしご車とは違うもの。勝手に命名)に乗って、バックスタンド前の通路上で行なう。

せり上がりの上なので、スタンドの上方のファンも間近に彼らを観ることができる。

土台の台車は2mほどの高さで、その上でさらに2mほど上がった小さな台は一人乗るだけで精一杯のスペース。

しかも、最小限の手すりのようなものが2箇所あるだけです。

あれに乗った気分を想像してみたが、かなり怖そうだ。

実際、運動能力が一番ありそうなクサナギ君でさえ動きが少々ぎこちない。

ところがです。

そんなアブナイ場所で、一人ステージ上と同じように踊り、観客をあおるキムタク。

TVのバラエティーでの彼は、ちょっとスカシ風だったりしますが、コンサートでは一番ノリノリでサービス満点。

アリーナ席の中間あたりの端よりにいた私は、彼が上記台車に乗ってバックスタンド側に行ってるところを間近に見ました。

そこには、TVで見るのとまったく同じキムタクがいて。

綺麗なカラーのヘアも入念にスタイリングされて、横顔もオーラ全開。

そんなキムタクがわざわざ最後尾のファンのところまで来てくれて、体張って歌い踊ってくれたら・・・(まあ「歌い」は口パクかもですが)、

ファンでなくとも、

 ずっと、ずう~っと、応援するよ~!    とか、

 抱かれたい男ランキング」の投票もゼッタイするから~っ

とか、口走りそうな・・・。(しかもキムタク、お客を煽る、煽る)

ともかく、出口へと急ぎながら、すぐ横で(バックスタンド前で)歌い踊るメンバーを見て、

なんだか胸がじーんと熱くなりました。

アイドルグループとしては、もうそんなに若くない(キムタクは年末には34歳になる。20代は香取君だけ)メンバーが、

一生懸命頑張って、4時間もファンを楽しませてくれる。

ナマキムタク、ナマシンゴ(実は私はこの人が好き)はやっぱりカッコいいし・・

 こ れ な ん で す ね ・・・。

このSMAPデビューに関しては誘ってくれたA子に感謝するばかり。

ギャル姐さんも全日本プロレス通のC子も、お蔭で楽しかったよ。

みんな、ありがとう! このチームで、また盛り上がれたらサイコーだね!

| | Comments (2)

初SMAP!(3)

今回のコンサートでは、アンコールの最後まで居たわけではない。

実をいうと、往きのローカル線では「綿密なる打ち合わせ」があった。

ツアーリーダー(勝手に決めた)のギャル姐さんは、今回のセットリスト(コンサートで演奏される曲順の載った運行表のようなもの)をサイトからプリントアウトして持参。

(なにからなにまで、準備がいいこと。直前記事での履き替え靴といい。)

それを見ながら、「このあたりでトイレに行く」とか「ここで会場を出る」などをあらかじめ決めておいたわけで。

(途中でトイレに行ったのはギャル姐さんだけでしたが)

なにしろ、コンサートは午後6時半から延々4時間近くあり、観客の退場はブロックごとに整然と行なわれる(らしい)。

(発表では今回は3時間半と。昨年は実際4時間以上あったらしい。一昨年行なわれなかった穴埋めとも)

しかも、アリーナ席の退場は最後になる。

アンコールのエンディング曲(セットリストによれば、今回は「シェイク」と。ギャル姐さんのお気に入り曲らしい。残念がっておりました。)まで聴いたのでは、どう早く見積もってもドームを出るのは11時過ぎになる。

(なにしろ、5万人がドーム周辺に溢れてるわけです。)

帰りの最終電車は10時50分(ローカル特急)だし、最後まで居残っては、まず間に合わない。

というわけで、アンコール4曲(たしか)の冒頭「世界でたった一つの花」に入った時点で、打ち合わせどおり会場を出ることに。

ここで予定外だったことは、アリーナ席の通路と出口に向かうスタンドへの上がり口が係員によって封鎖されていたこと。

なにしろ、アンコール4曲はメンバー全員が特殊なせり上がりつき台車のようなものにひとりづつ乗って、バックスタンド前で行なわれるので、お客が殺到するのを防ぐためであろう。

A子が封鎖係員のところに行って「電車の時間があるので出たいのですが」というと、

演出の都合上、お出しするわけにはいきません」と冷たく却下され。

ギャル姐さんは「それでも出る」と主張するので、今度は私が交渉に。

いや、同じことを言っただけですけど。

電車に間に合わなくなるので、出たいのですが・・・

どうしてもですか?」(このレスもなんだか可笑しいが)

どうしてもです(きっぱり)。」

で、通していただいて、「世界でたった一つの花」を聴きながら会場を後にしたのでありました。

時間は午後10時をちょっと過ぎたところ。

ドームの階段下に並ぶタクシーに真っ先に飛び乗り、一路博多駅へと向かった美女4人(しつこい)。

駅では、お土産(チョコクロワッサン)を買ったり、お茶をしたりして充分な余裕がありました。

地元駅に着いたのはなんと、午前様(午前1時近くで。電車の出発も遅れたし。多分コンサートの観客をなるべく多く載せようということかと。電車内はグッズを持った女性でいっぱい・・・)。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            つづく

| | Comments (4)

初SMAP!(2)

今回一緒に行ったのは、私含めて総勢4名の美女軍団(はい、言うのは勝手ですね)。

A子は、黒田知永子風STORYマダム

チケット手配のファンクラブ会員B子は、筋金入りのSMAPリピーター

見た目も中身も気合の入ったギャル姐さん風です。

キャミ重ね着にカプリパンツ、華奢系ミュールでキメ。

大きく開いた胸元がなんだかまぶしい(うらやましい・・)。

元JJが明らかな小柄美人のC子は、一見おとなしげで可愛いが、実は子供の頃から全日本プロレスの大ファンというツワモノ。

実はB子C子とは今回が初対面だったのですが、こういうノリの方々は大好きで一気に打ち解けました。

私はと言えば無国籍風というか、いうなれば「エスニックおばさん」(爆)。

いえね、台風接近ということで洪水の中を泳いで帰るということも想定してですね・・・(言い訳)。

実のところ、今回のわたくしのSMAPデビューにあたっては、いろんな友人からアドバイスをいただいたわけで。

いはく、「とにかく暑いので脱げる格好で!」とか「4時間立ちっぱなしなので!楽な靴を」とか、それはもういろいろと。

やはりリピーターのちゃんからは、「ヒエピタシートは必携」とのお言葉。

なんでも首の後ろ側に貼っておくと、涼しくて非常に爽快であるとのこと。

コレは当たりました。

4人分持参して、皆からは喜ばれた(途中から私のは何処に行ったのか不明)。

また、A子の話では、アリーナ席後方で少しでも視界を確保するためには厚底靴が良いとかで。

私の場合、手持ちの厚底サンダル着用も考えたが、台風の懸念もあり、

結局、厚底気味のスニーカーで妥協しました。

ギャル姐さんB子の「華奢系ミュール」は大丈夫かと心配していたら、

なんとドームに着いた途端、厚底サンダルに履き替えていた!(準備にぬかりなし)

しかも米倉風ロン毛はいつのまにかゴムで結わえ、一気に、

  臨 戦 態 勢 に 突 入 !

             つづく

| | Comments (0)

初SMAP!(1)

今週はなにかと忙しく、ブログ更新から遠ざかっておりました。

というのも、こういう予定がはいっていたから。

06aug17smap はいその通り、 SMAP です。

一昨日(8月17日)、福岡ヤフードームに行ってきました。

福岡ドーム公演スリーデイズの初日です。

これらは、購入グッズの数々。

あ、3Dメガネは入場時に配られたものです。

結果からいいますと、

いやあ、楽しかった!!

台風接近中ということだったのですが雨は降らず、曇りで生暖かかったものの風が強くて、かえって涼しく、

もっとも心配していた、「グッズ購入時の熱中症発症や日焼け」にもならずに済んだわけで、

日頃の行いが良いと、まあ、こんなもんですかね!(かなり強気)

                        つづく

| | Comments (0)

オシム監督

今日は33歳でした。

脳年齢20歳」への道は果てしなく遠いわけで。

がしかし、「ローマは1日にして成らず」。

そして、これもまた最近よく聞く言葉、「継続は力なり」。

(かの日野原先生も言われてましたね。古くはイチローも、ってどっちが古いんだか・・・)

めげずに頑張りますと言いたいところですが、早くも三日坊主状態に・・・。

毎日「脳年齢20歳」のS子に尊敬の念を抱く今日この頃です。

ま、気を取り直して、

昨日のトリニダード・トバゴ戦

フレッシュな代表の中にあって、いきなり2得点の三都主(アレックス)。

それについて聞かれたオシム監督の言葉がまた良かった。

オシム節炸裂です。

オシム監督の言葉には比喩や格言が多いのは有名な話ですが、

いつも感銘を受けるのは、人間的な深みというか、洞察力。

日本代表監督就任は喜ばしい限りですが、心配なのが年齢(65歳)あの体型

代表監督の仕事は、肉体的にも精神的にも激務。

気候や日程など、アジア予選を戦うのは本当に大変です。

(しかも、次回南アフリカ共和国開催のW杯予選ではアジア枠にオーストラリアが入るわけだし、枠数減少の問題もあり、どう考えても予選突破自体がドイツ大会より厳しくなる・・・嘆。)

で、オシムさん、ありゃどう見ても、今話題のメタボリックシンドローム

とはいえ、日本人と他の民族とは基準が違うらしいですけどね・・・。

それと、もう一つ気になるのがオシム監督の脳年齢

DSクロアチア語版があれば・・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オシムさんは市原(現・千葉)の監督初年度の頃から見ると、なんとなく若返ったような感じがします。案外以前より体調は良いのかもしれません。彼は市原時代から「弱いチームを強くする」ということにモチベーションがあるタイプ(日本人選手の勤勉性も彼の好みに合ったかもしれませんが)。そうでなければ、レアルマドリーの監督要請もあったほどの人物が市原の監督就任ということにはならんでしょう。資金力のない市原にあってオシムさんを口説き落とした担当者の熱意に感謝!その経緯がなければ、現在の日本代表監督就任はなかった・・・はず。

クロアチア語といえば、会見でのコメントの解釈が違うという話もあって。トルシエの時も日本語訳がよく問題になったけれど、フランス語はわかる人が多いのでそういう問題が発生するのもわかる。トルシエの通訳ダバディーは、かなり意訳していたらしいし。でも、クロアチア語ってどうなんだろう。通訳が思いっきり意訳していても、なかなかわからないんじゃ・・・。

| | Comments (0)

ミニクラス会♪(3)脳年齢は20歳!?

恋多き独身時代を送ったS子も、それからまもなく結婚し、今じゃ大学生の母親に。

それぞれの人生を生きながら、果てしない年月が流れても(大汗)、

会えばやはり、昔と同じような話題で大盛り上がり。

こういうのを、  GIRLS’ TALK   とか言うんでしょうなあ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、S子が現在ハマッているというのが、ご存知、

 ニ ン テ ン ド ー D S 

脳年齢チェック!を欠かさないというS子の脳年齢は、

なんと、20歳(ちなみに20歳は最高レベル)!! しかも毎日だとか

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、そんなわけで私も、S子に遅れをとってはならないと、

ついに買いましたよ!

ニンテンドーDS lite  ノーブルピンク

本当は、エナメルネイビーが欲しかったんですけどね・・・ゼイタク言わない、この際。

(何軒か当たったが、どこも在庫切れで)

このノーブルピンク、発売日の開店20分後になんとかゲット・・・・いやあ嬉しかった♪

買って、さっそく脳年齢をチェックしてみました。

念のため「お手軽コース」でトレーニングして「お手軽脳年齢チェック」を。

聞くところによると、あまりヤル気なく取り組むと、

脳年齢80代」とか平気で出るらしい(S子の夫は当初80代だったとか・・・爆)。

ただでさえ、心身の衰えを感じる今日この頃なのに、

脳年齢80代」とか言われた日にゃあ、あなた、

・・・ も う 、 死 に ま す か ら ね 

お手軽トレーニング」を一回して、一息ついて「お手軽脳年齢チェック」。

結果は、「脳年齢30代」。  なんか、ビミョーな気分。

S子の「20歳」を聞かなければ、これでも十分嬉しいのですが。

気を取り直して、いよいよ「毎日トレーニング」での正式測定にチャレンジ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、

買って数日は毎日チェックしてみたけれど・・・、

ど う し て も 、2 0 歳 が 出 な い  ・・・・(大泣)

最高で、23歳どまり

23歳には数回なったのだけれど、20歳にどうしてもならないのねえぇぇ(悲嘆)。

原因は、わかっています。

私の場合は、「記憶力」がネック。

S子によれば、23個以上書ければ20歳だそうで。

いろいろと攻略法を教えてくれるS子は、なんて親切なんだ!(ヒマなんだ!?)

ま、気を取り直して、

ぼちぼち、頑張りたいと思います。

ちなみに、わたくし、昨日は27歳今日は32歳でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、夕方だったからなあ・・・。だいたい朝イチぐらいの脳のフレッシュな時に測定するのがいいような。「朝23歳、夜55歳」ということもあったっけ・・・ヒソヒソ。「ブログの女王真鍋かをりDSで脳年齢20歳とか言ってるけど、20代の人間が「20歳」っていってもあまり自慢にならんですな。記憶力テストは、「ストーリーで覚える」とか「イメージで覚える」とか「そのまま覚える」とか人さまざまらしい。なんにしても、集中力は必要だけど。タモリがコレすごいとか。

| | Comments (6)

« July 2006 | Main | September 2006 »