« May 2006 | Main | July 2006 »

アブナイ、アブナイ

W杯観戦で仕事に支障」という噂。

出場していない中国や東南アジアもというが、日本では今のところ聞きませんな。

がしかし、ここにきてなんと、自分がその状態に。

うちの場合、自営業ということもあり、月末はそれなりに忙しいわけで。

がしかし、TVでは毎日好カードがめじろ押し。

月末までに済ませる予定の伝票入力が、未だ手付かず状態。

今夜も、

ブラジル×ガーナ11:45)、スペイン×フランス3:45!)だって・・・\(゚ロ\)(/ロ゚)/

どうする!? 

ま、スペイン×フランスは明日の再放送ということで決着。

でもなあ、11:45からの試合というのも終わるの2時だし( ̄□ ̄;)。

そんなこんなで、目の下の隈がぜんぜん消滅しない・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜も、イタリア×オーストラリアの後半たまりかねてシャワーに中座。出てきたらなんとPKで、キッカーは王子!決めないんじゃと思ったが、あっさり決めた。それにしてもTVの前に戻ってみたら、王子のどアップ。いつのまにか髪が短いが、どっちみち顔のデカさ変わらず・・・。

| | Comments (0)

今になって

今になって、

自転車に乗れるようになった自分。

いくつになっても、出来なかったことが出来るようになるということは、

ヒ ジ ョ ー に 、 嬉 し い \(^o^)/

思い起こせば、小学生(たぶん1年生)の頃、

家が川沿いのなだらかな坂道の上のほうにあり、親が危ないと思ったのか、

自転車を買ってもらえなかった。

で、家の近くに住む友達(男子)の自転車を借りて、練習していた。

その友達にはひとつ年上の姉上がいて、

姉弟で、私の自転車の練習に付き合ってくれた。

どのくらい練習したのか覚えていないのだが、完璧に乗れるようにはならず。

(なにしろ、子供だけで適当に自転車で遊んでいたようなもんで・・・)

その友達もクラスが別になってからは、なんとなく疎遠となり、

自転車からは遠ざかってしまった(相変わらず、親は買ってくれなかったし・・というか、他人の自転車で練習しようというのが図々しいわけで)。

それから、果てしない時間が流れ、

この歳になって、なんと自転車に乗れるようになるとは!!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といっても、家の近くで乗っているわけではない。

市の中心部であるこの辺りは、とてもいい歳のビギナーが乗りこなせるような場所でなし。

ヘタすりゃ、命を落としかねない危険性が・・・。

というわけで、当地にあるオランダ

ご存知、ハウス・テンボス 。

ここには、何種類ものレンタル・サイクルがあるわけで。

一人乗りから4人乗り(ベビーチェアー付き6人乗りも)まで、しかもアシスト付きまであるので、

とても、便利。

見れば、パナ○ニックや、ブリ○ストンときっちりメーカー品で統一。

さすがにハウステンボス、手抜きがないですな。

レンタル料は、一人乗り自転車が3時間1000円+保証金500円也(保証金は自転車返却時に戻る)。

モーレンクラブ会員は2割引なので800円で3時間きっちり楽しめる。

施設内の最奥にある桟橋のウッドデッキで、ためしに乗ってみたら、

直線はすぐに乗れるようになり、次にコーナリング、次に円周8の字走行と、

毎回、上達。v(^^)v

幸か不幸か、ハウステンボスの場合、通常はTDLのように大混雑することもなく、

行き交うバスやタクシー、ケータリング車両(すべてクラシック仕様)に至るまで、

ゆったりと運転しているので、歩行者や自転車も安心して通れます。

創業15年を過ぎ、木々も成長して、レンガ舗装された街並みは手入れの行き届いた花壇と共に本当に綺麗。

オランダの街並みを自転車に乗って風を受けて走る、

なんという、気持ちよさ!(気分は「さまよえるオランダ人」、ちがうか!)

千年の街ハウス・テンボス  ・・・・いつまでも存続してほしい、いやホントに。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わるが、ブラジル戦。今になって、試合後のヒデ氏の涙の映像がボディーブロウのように効いていて。観る側は、別に負けても構わなかったし、奇跡的に1点差ででも勝てればといい加減に考えていたわけだけれど。選手はみな、ブラジルに2点差つけるつもりで行ってたんだな、きっと。前がかりになれば、どうしたって裏を取られてブラジルなら何倍も返されるのは必然的な流れかと。それでも、前半はブラジルロナウドを出してくれて本当に良かったと何べんも思ったが。アドリアーノが出ていたらもっと点を取られていたな。でも前半のロスタイムで同点にされて、皆絶望したんだな。なにしろブラジルはここ数年無失点続けていたわけだし、そんな相手から3点も取るというのはほぼ無理。後半にはロナウドまで調子が出てきて・・・(涙)。あんなに太ってスモウレスラーのようにしていても、ロナウドはやっぱりロナウド。いや、言ってもしかたがないことだけど、控えGKまで出されたらホント、ヒデシュンスケならずとも泣きたくなる。今日は、そのせいかものすごい涙雨が・・・お蔭でうちは雨漏り(T_T)

| | Comments (0)

サポーターあれこれ

今夜の(現地時間)ブラジル戦の観戦をするべく、ご家族でドイツへと旅立たれた知人がいる。

仮に、M女としておこう。

昨夜9時のニュースウォッチ(NHK総合)を見ていた時のこと。

W杯関連のニュースで、「サポーターも続々現地入り」とのレポート。

現地に集結したサポーターへの取材風景が。

Mさん、出てたりして・・・。」、と言った途端、

M女が画面にいた

というか、取材に応じている学生風のメガネ君の横できっちり画面入り。

メガネ君はたぶんご子息と思われる。

二人とも、しっかり代表ユニに身を包み。

いやァ、驚いた!

だって、言った途端ですよ、サポーターだって何千人も集まってるでしょうに・・・。

これは、アレですね、明朝のブラジル戦を見ながら、

「日本、勝ったりして・・・。」とかなんとか、この私が口にした途端、

日本が勝つかもしれませんねっっ!!    ・・・・・・・・・!!

(そんな問題じゃないような気も・・・)

なんであれ、今回の日本代表における勝敗は、今のところ私の予想(開幕時)が当たっているわけで。

私の予想

「一勝一敗一分け。そのうち一敗はオーストラリア戦」(詳しく言えば、クロアチア戦が一勝だったような気もするが・・・気にしない、気にしない)

あとは、ブラジルに一勝するだけですね・・・、そうですよね。

ただし、2点差以上で勝つという予想はしていませんでしたから。(きっぱり)

いいんです、勝てば。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝ほどのアルゼンチン×オランダは、涙をのんでLIVEのTV観戦見送り(2日続けて4時起きはつらいので)。あとで、結果を見たらスコアレス・ドローと。良かった、見なくて。やっぱりサッカーはいろいろ面白い展開があったとしても、ゴールシーンが最高ですから。アルゼンチンは主力温存したそうで。で、先発した2トップがメッシとテベスだって・・・(メッシサブですからねえ。こないだのメッシのゴール、いや、スゴイのなんのって)。主力温存といえば、昨夜のポルトガル×メキシコ。主力温存で、デコクリスチャン・ロナウドも出ていないポルトガルだったがフィーゴはきっちり先発出場。フィーゴはもはや主力ではないと。ルイコスタも代表引退したしなぁ・・・感慨無量。

| | Comments (0)

国民性いろいろ

最近のネットニュースで目に付いたもの。

W杯徹夜観戦で突然死6人 中国、過労など原因

中国、なんだかすごい・・・。

完徹だったんだろうか・・・、それにしても、うーむ。

中国は、今回W杯には出場していないのだが、多分こういう状況ならすぐに常連国になるでしょうね。

今回アジア枠は4.5だけど、次回からは減るかもしれない。

しかも、次からはオーストラリアがアジア枠に入るそうだし・・・。

アジア予選が、だんだん厳しいものになりそうだな。

12億の人口を擁する中国(しかも多民族国家)。

なんだか国民気質もサッカーに向いているような・・・。

侮れませんです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国の場合、こういうニュースも「本当だろうか?」という素朴な疑問が・・・。なにしろ、国土も広いし、メディアで流れる情報もどこまで信頼性が・・・。といってもです。私の周りでも、フランスW杯の時には、知り合いのお父上が日本戦を見て興奮して心臓発作で緊急入院という実話はあった。そのお父上は今もご健在だが、W杯があるたびに「大丈夫か?」と周りから心配されるらしい。

| | Comments (0)

サッカーの職能

どうでもよいことですが、

シェフチェンコに上下レモン・イエローのユニフォームって、

おっそろしく 違和感が・・・。

(本人にとっては祖国のユニフォームなんだからいいんですよね、スミマセン)。

昨夜はスペイン×ウクライナを観戦していた、つもりだったが、

ちょっと用を足していた間に2-0になり、

ちょっと顔を洗っていたら3-0になっていた・・・・:*:☆・゚',。・:*:・゚'★。

結果は4-0という気の毒なことに。

で、スペインです。

ブラジルのように、華麗なドリブル派手なプレーがあるわけではないのだが、

なんだかボールの扱い方がぜんぜん違っていたような。

止め方やパスの出し方・受け方が素人目にもスゴイ。

特に、ボールの止め方

どんなボールでもスッと止める、瞬間技。

しかも、全員が熟練者。

もしも、サッカー技能コンテスト世界大会 のようなものがあれば、

ボールコントロール基礎編・団体部門」で、

ぶっちぎりの優勝ですな、スペインは。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のW杯、スカパーは無視してBS1でずっと見ているのだが、一見地味風の実況がわりと面白かったりする。昨夜のスペイン×ウクライナも随所に可笑しさが。3-0あたりからスペインは明らかに時間つぶしのボール回しをすることが多くなった。30℃をはるかに超えるピッチの向こう半分は日陰。「なんだか日陰に入ってプレーしているようですが・・・」と遠慮がちに呟くアナウンサー。たしかに、ボール回しをしているスペインの選手は全員日陰に入って、涼をとっているようにも。点差が開いたので、あとは省エネプレーを決め込むしたたかさ!したたかと言えば、韓国×トーゴ。終盤リードしている韓国の時間つぶしでは、「フリーキックでもバックパス」というのもあった^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ある意味、想定内!?

いやあ、昨日は残念でした。

がしかし、私は落ち込んだりはしていません、決してしていませんとも。

だってね、オーストラリア戦に関して、昨日の結果は想定内(堀江さん、使ってますよ今でも)。

この際、告白しますと、

この予選3試合は、良くて1勝2分1勝1敗1分だろうと思っていましたから・・・。

しかも、その1勝の相手はクロアチアブラジルで。

オーストラリアには、良くて引き分け、下手すりゃ負けるって気がしていたの。

これは理屈ではなく、なんか相性悪そうで、オーストラリアとは。

だからこそ、「幸運よ来たれ」だったわけです。

(途中までは、運が向いてるというか風は青いほうに吹いてるようだったんだが・・・)

実際、同点に追いつかれても平気だったし。

負けてもいいが、3失点はちょっと痛い。)

がしかし、いいんです。

この際、ブラジルにきっちり2勝していただき取りこぼすなよ!ブラジル!)、

日本がクロアチアに勝つ

そうすれば、2敗のクロアチアは必死でオーストラリアに勝ちに行く

で、2勝して主力温存のブラジルに日本が引き分け以上に持ち込む

これが、勝利の方程式ですな(なんのこっちゃ??)。

実際、あまり調子が上がっていないクロアチアとやるほうが、オーストラリア相手よりずっと勝てそうな気がするわけで。

クロアチア戦まではあと6日もあるし、立て直せますよ、絶対!!

(オーストラリア戦では対策が功を奏した部分もあったわけだし)

こういう時には、あれですね。

フランス大会で予選3試合3敗ピッチ上で経験した川口やヒデ氏の精神力で、

チームを鼓舞してほしい(ヒデ氏も以前から「最後は気持ちの強さ」とのたまわれ)。

とにかくなんであれ、

Go!Blue Go!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、オーストラリアのユニフォームの可愛かったこと!胸元にカンガルーとエミュ(たぶん)の刺繍だかエンブレムが付いて。ああいうユニフォームって珍しいのでは。オーストラリアはチームとしてもドイツなんかよりよほど好感度高かったな。もしも、オーストラリアが勝ち上がることがあれば、応援しよう。そうだ、オーストラリアと日本が勝ち上がる「勝利の方程式」も考えなくては・・・・、つーかそっちの方がずっと面白いな、ブラジルの選手は普段でも見慣れているし特にW杯で観なくても、CLでも観れるし・・・ブツブツ。日本の場合、3失点というが得失点差は2.あの強豪アメリカだって0-3チェコに負けてるんですから(あまり励ましになってない気もする)。F組ブラジルと同組で苦しいったって、死のC組(アルゼンチン・オランダ・コートジボアール・セルビア・モンテネグロ)はもとよりE組アメリカ、イタリア、チェコ、ガーナ)に入るより良かったような気がする。昨晩は、1時からのアメリカ×チェコを観戦しようかとも思ったが、そこまでの体力なくて。というか週明けに夜更かしって正直仕事に差し支えるしなあ(~O~)(-.-)・・・(/.\)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

とにかくブルー!

ジャパン・ブルー? サムライ・ブルー?

そんなことはどうでもいい!!

とにかく青いほうに、幸運よ来たれ!!

福西~、息子二人にカッコイイとこ見せたれ~っ!!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えてみれば、前回3位のトルコは出場できてないし、強豪オランダも前回は出場できなかった。アフリカでは前回たしかベスト8のセネガルは今回出場できていない・・・。日本は3大会連続というけれど、ヨーロッパやアフリカ予選にいたらとてもそういうわけにはいかないような気もする・・・なんて仮定もヘンではあるが。とかなんとか、ブログの更新なんかしている場合ではない!早いとこ今晩の仕事を済ませて風呂入って10時までに間に合わせねば・・・がんばれ、自分!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

開幕、悲喜こもごも

どうでも良くないことだが、画像の取り込みが出来ん(泣)。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで?、なにはともあれ、開幕しましたよ。

これから一ヶ月あまり楽しめるが、そのあとはどうなる?

始まるや否や、超悲観的な自分。

ま、気を取り直して、

今晩のイングランド×パラグアイに激しく期待しよう。

ルーニーがどうやら出られるらしいし、ウォルコットもどんなプレーをするのか楽しみだ!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルーニーについては、あの顔とスキャンダル(買春がバレて婚約破棄とか)ばかり先行して肝心のプレー(すごいらしい)は観たことがないのでとても楽しみ。W杯を本格的に観たのは日韓大会からだが(その前は日本代表の試合か決勝戦ぐらいしか見ていなくて)、顔と名前しか知らない選手のスーパープレイや、まったく知らない国や選手の圧倒的能力など、親善試合ではとても見られないシーンがてんこ盛りで。だからこそ、今から終わったあとの寂しさがコワイ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

映画の観方・トホホ篇(東京タワー)

レンタルDVDで「東京タワー」を観ていた時のこと。

序盤はゆるい画面で、いまいち乗れない展開だったが、二人(黒木瞳・岡田准一)でいる別荘に夫(岸谷五朗)が突然やってくるあたりから、急に盛り上がってきた。

終盤のヤマ場、叶わぬ恋に深い痛手を負った透(岡田准一)が東京タワーの見えるビルの屋上で詩史(黒木瞳)に電話をするシーン。

電話を切った後、屋上であわや投身自殺か!のようなストップモーションの岡田クン。

気分はすっかり黒木瞳の私は、悲劇的結末を予想して(原作読んでないし)思わず身を乗り出した・・・。

がしかし、その後の予想外なハッピーエンドにあきれ果て。

しかも、盛り上がりの途中でH氏が視聴に参加したので、大いに気も散って。

仕方なく、「年齢差が20だって」などと解説を施したり。

すると、あろうことかH氏、自分の歳に20を加えるべく数え始めるではないか!!

・・・そりゃあ、大変なおばあちゃんだよ!!

つうかH氏

たのむから、自分を岡田准一に置き換えるのやめてくれ!!(激怒)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「若い男とかなり年上の女性の恋」というのは昔からよくあるテーマだけれど、これがフランス映画だったら、とてもこんな結末じゃないと思いますが。ていうか、こんな結末だから女性動員数が多かったのか。それにしても岡田クン、TVドラマ「タイガー&ドラゴン」での好演といい、なかなか役どころが広いですなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カレシの元カノの元カレ

今日、目に付いた言葉。

カレシの元カノの元カレを知っていますか。

公共広告機構(AC)エイズ検査支援キャンペーンのキャッチコピー。

TVでも流れているらしいが、私は今日見たポスターで初めて知ったわけで。

場所は、郵便局。

思わず立ち止まって、じっくりと見てしまった。

いろんな意味で、わかるような、わからないような。

カレシの元カノの元カレって カレシじゃないのか?

しかも、エイズ検査促進(ということでしょう)用であるからには、

ここに使われている、「カレシ」とか「元カノ」とか「元カレ」というのは、

すべて、「性交渉がある相手」ということが前提なんでしょうな。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知らなかった・・・・・・。

付き合っていても、とりあえずまだ性交渉がない場合は、

カレシ  とか  カノジョ  とか言わないんだな、たぶん。

郵便局でポスターを見ながら、ああでもない、こうでもないと、

ひとり考え込んだのでありました。

 

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »