« April 2006 | Main | June 2006 »

映画にまつわる思い出(ダ・ヴィンチ・コード)

映画「ダ・ヴィンチ・コード」の公開以来、いろいろ話題が盛り上がっているらしい。

ちなみに、まだ原作読んでません(家にはあったりする・・・汗)。

映画は観るつもりですけど。

巷で聞くところによると、原作中のキリストマグダラのマリアに関する記述(表現?)が、

バチカンをはじめ多方面で物議をかもしているとか。

そういう話を耳にして、ふと思い出したことが。

それは、ずーっと前中学生だった時の「宗教」の授業。

小・中・高一貫のキリスト教系(カソリック)私立だったその学校には、そんな授業があった。

宗教」といっても、なんのことはない、「カソリックよもやま話」みたいな授業。

教えていたのは、宗教哲学で修士課程を修了したというN女史。

熱心なカソリック信者でした・・・というより、熱狂的なキリスト・ファンといった感じで。

ある時は興奮のあまり声を震わせながら、

またある時は感極まって胸の前で手を組み合わせて祈りを捧げたり。

口角泡を飛ばしながら(実際につばが雨のように降り注いで(-_-メ)、

イエス・キリストがいかに素晴らしいかということを陶然と語るのであります。

本当にそこいらのロック・スターに熱を上げるのと変わらない状態で。

それを聞かされる生徒は(私のことです)、呆れ返るというか、もうシラケるばかり。

いま風にいえば、   ど  ん  引  き  状  態  。 

だれも口を差し挟むこともなく、ただ時間の過ぎるのを待つのでした。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

N女史の語るキリスト像は、頭がよく、機知に富んで洞察力があり、

と、もちろんいいとこずくめなのですが、

彼女が惚れていたのは、実はディテールな部分で、

追い払われようとしたマグダラのマリアを救ったキリストが、

彼女の申し出に応じる場面で(オイルで足を洗って髪の毛で拭くというような)、

キリストは目を伏せて言われたのです。」

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「それがどうした」と言いたくなるけれど、N女史にとってはぐっと来る場面。

キリストは、マグダラのマリアを意識して目を合わせることが出来なかったという解釈らしいが、

そんな純情な青年キリストに、N女史とことん惚れこんでいたらしく。

言われてみれば、聖書ではキリストは子供のときからなんだか貫禄がある。

言い方を換えれば、態 度 が で か い 。

だから、マグダラのマリアに対するそういう態度には確かに違和感があるわけです。

その場面をとうとうと語り続けるN女史の声を聞きながら、私は、

「要するにキリストマグダラのマリアに惚れたんやなー」と、思ったのでした。

映画(原作)の話を聞いて、その授業とキリスト命のN女史のことを突然思い出したわけで。

あれから、信じられないほどの時間がたって・・・・(感慨)。

気分はつっぱり中学生だったあの頃の私は、教師の話はいつも無視してしらけてばかり。

今だったら、N女史の話も、あちこちツッコミ入れながらも熱心に聴いてあげるのに。

N女史や、当時校内にあった修道院に居住していた個性的なシスター達は、

今頃、どうしておられることやら・・・。

彼女達はキリストとマグダラのマリアについては、どう考えていたんだろう??

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまでは映画を観る前の話。この後、観て来ましたよ、映画。いやあ、なかなか楽しめましたよ、原作読んでなくても(汗)。最初からスリリングな展開で一気に最後まで走り抜けたという感じで。良質なエンターテインメント大作だと思う。ただ、「ああ、面白かった!」といって帰ってきたあとで、いろいろ疑問が。前半出てきたアレアレは一体なんだったのか?とか、一回だけフラッシュバック風に出てきたアノ人の過去は何だったの?とか・・・。ま、とにかく原作も読むことにしました、日本語版で。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

出発!

2006052600000009spnspothum000 今朝のスポーツサイトで見ました。

ドイツまでの搭乗機(日航)の機内食だそうで。

メニューにも力が入っています。

私としては、「必勝のカツ丼」(左上)は置いといて、「小豆あめとクリームのもちもちパフ」(右上)に興味あり。

小豆あめ」(たぶんこげ茶色の部分であろうと推定)ってどんなもの?

他にも、

 また、出発前にはVIPルームで花束やブーケ、幸運を呼ぶラッキーベアが贈呈され、搭乗ゲートでは、日本代表ユニホームを着用した女性グランドスタッフが選手を見送ることになった。(スポニチサイトより)

幸運を呼ぶラッキーベア」も見てみたいし、「日本代表ユニホームを着用した女性グランドスタッフ」もなんだかスゴそうで・・・何人ぐらいいるんだろうか?

サポーターも大勢駆けつけるであろうし、成田見送りも派手に盛り上がりそうだ。。

なにはともあれ、代表の幸運を祈ろう!

予選3試合の中では、がちんこ勝負のオーストラリア戦が一番きつそうだ。

ヒディンク監督がWCでは2回ベスト4というのが、どうしても引っかかる。

がしかし、WCで楽な試合などあるわけがない。

(強豪国には楽な試合もあったような。前回大会ではドイツがサウジに大量点を・・・ブツブツ)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱり、幸運を祈るしかない・・・(代表が頑張るのは当たり前なので)。

この際、「ラッキーベア」でもなんでも持って、

元気で、行ってらっしゃ~~い!

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと2週間ほどでWC開幕ということで、そろそろ体調を整えておかないと。日本代表戦以外でもすべて録画というのは面白くないので、時にはLIVE観戦もしないと。前回(日韓大会)も、「フランス×セネガル」をTV観戦して感激したな。セネガルのあの身体能力には驚いた。スカパーの調子もチェックしておかないと・・・。ところで「出発!」ってヒデ氏のMailのタイトルで以前見たような。ま、いいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お庭の記憶

どうでもいいことですが、

小野伸二って、平原綾香に似てませんかね。目の感じとか・・・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コホン。   

Garden06may21 土曜日は、知人宅のオープンガーデンに行ってきました。

前に訪れたのは、3年前。

毎年オープンガーデンをされるのですが、

一昨年、昨年とたまたま都合が悪く、

今年こそはと、押しかけました。

Rosewindow11may03 3年前に印象的だった窓辺のバラと、淡い色合いのクレマチス。

Rosewindow20may06 今年は、こんな風に。

左手に見えているのは、ジギタリスの白い花。

こんなに花穂が伸びているのは初めて見ました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

お庭を、毎年見せていただけるというのは嬉しいこと。

お庭には、自然の山々や野原の魅力とは、また違った良さがあります。

持ち主の人となりが大いに反映されているような。

植える場所の設定や草花の取り合わせなど、いろいろな創意工夫が見られて楽しいし、

剪定や誘引をウキウキとされている姿まで目に浮かびます。

(いや、もちろん、全部外注で管理も他人任せというところは別ですが)

いろんな種類のバラ(ピエール、アンジェラ、バレリーナ、アイスバーグ・・・etc)のほかにも、咲き誇ったクレマチスジギタリスの花色、アジサイギボウシの葉の緑も生き生きとして。

水を吸い込んだ(金曜日はひどい雨でした)草木の香りは、バラの香りと混ざり合って、

それはもう芳しく、何回も深呼吸。

Rosedog06may20 珍しいバラには目もくれず、

突如現れて走り回っては、

Rosedog4

なにやら探索に余念がないご様子の

こんなお方も、

Rosedog3may20

最後はきっちり、被写体サービス。

(←可憐なパピヨンのB嬢は、実際はおん歳8歳の熟女!)

 

優しく親切なオーナーご夫妻には、感謝するばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

W杯前・躁状態

そんなわけで、W杯期間限定でタイトルを替えてみた。

って、特にW杯がらみのタイトルでもないような(汗)。

ま、気分ですよ、気分。

が選ばれて、いよいよ気分も絶好調に。

福西パスカット炸裂するひじ撃ちひざ蹴り接触プレーにハゲシク期待しよう。

育児で忙しい加地の上がりも楽しみだあ。

日韓大会の後から急に上手くなった(勝手な分析)柳沢にも注目だす。

大黒も、何かしらやってくれそうな気がするな。

あとは、小野がケガをしませんように。この人は肝心な時によくケガをする。

ヒデ氏とシュンスケ氏に関しては、まあ適当にやってくれれば・・・。

まあ、こんなもんですかねえ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関係ないけど、今日(17日)福島Jヴィレッジ入りしたのメガネ、あれってどうなの。ところで代表発表会見でのジーコ監督。ぴっちり撫で付けたセンター分け生え際が妙に迫力で。気合が入ってきましたね、顔つきも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発表のあとで考えてみた

昨日の代表発表

まず、午後2時からNHK総合で生中継というのに驚いた。

今回のドイツ大会では、WC開幕直前になってもメディアはいまいち盛り上がっていなかったような。

がしかし、代表発表はしっかりTV(それもNHK総合)で生中継。

前回は日韓共催の特別な大会だったが、わずか3回の出場で、

国民的人気行事」として、すっかり認定されたということなのか。

たぶん、ここからがWC報道の本番ということだったんでしょうな。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各メディアの代表予想。

代表発表におけるサプライズ」というけれど、

ジーコ監督の会見全文やインタビュー記事を読んでみると、

このメンバーでキリン・カップ前にはほぼ確定していて、

ここにきて、最終決定をしたというようなことだったらしい。

ということは、FWの選考の場合、「巻で、ほぼ確定」であって、

最後まで試されていたのは、久保のほうだった!?

ジーコの「代表発表にサプライズはない」という言葉は、

巻でほぼ決まり」という前提での言葉だったにちがいない。

私は正直、に代表に入ってほしかったので、発表を聞いて大喜びだった。

でも、すぐに久保が少し気の毒になった。

結局、久保はメディアの「久保は確定という報道に踊らされたのではないか。

ジーコが前に言ったという「日本一のストライカー」とか「身体能力の高さ」などの言葉で、

メディアが勝手に「久保は確定」と報道したので、本人もその気になっていたんだと思う。

で、腰・膝・足首などいろいろ微妙な箇所を抱える久保にしてみれば、

この時期にまた悪化することのないように、大事をとっていたのでは?

代表入りは確実なので、今ここでリスクを負ってプレーする必要はない、というような。

がしかし、目覚しい働きぶりだった巻のほうがキリン・カップ前にほぼ確定していたわけで。

繰り返すようだが、キリンカップの2試合中も、試されていたのは久保のほうだったのだ

もっと必死にパフォーマンスしていれば・・・(勝手に言ってます)。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メディアの勝手な報道に踊らされてはいけない

いつもヒデ(中田英寿)が言っている言葉だが、本当にそうなんだな。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロスポーツの世界にこういう明暗はつきものであって、その過酷さは選手自身が一番よく知っている。

今回選ばれた選手が(特に「サプライズ」選出のは複数の局をかけもちのようだったが)、

皆、カメラの前では淡々としかも厳粛な面持ちで、会見に臨んでいたので少しほっとした。

メディア側は本人たちの「ハジケた笑顔」とか「大喜びコメント」とか欲しかったんだろうけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やったね、マキ!

先ほど(14:00すぎ)代表発表があって、が選ばれました!

予想ではは無理という説が多かったので、ほぼ諦めていたけれど。

いやあ、よかった!!

サッカー通ではないけれど、ド素人の動物的勘ではにゴールの匂いがするのです。

ジーコ監督には今までずっと冷めた見方しかできなかったけど、今回初めて、

ジーコに、ハゲシク共感 です!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大富豪の邸宅!?

Palace3

神戸美和子の祖父喜久右衛門の邸宅

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

というのは、TV「富豪刑事デラックス」(金曜夜9時朝日系列にて放送)での設定ですがね。 

本当はハウステンボス内にあるパレスハウステンボス

裏庭から眺めたところ。

Palace2may406_1 屋根の装飾もハンパでなく。

金色の「王冠」がスゴイ(実は上の写真中央のドーム塔頂にもオランダの企業群から送られた巨大な金メッキの王冠あり)。

成金大富豪の邸宅という趣向にベストマッチかも。

上部のなにやら盤状のものにも興味津々です。

他にもこのパレスハウステンボスには、「一本針の時計」(建物の側面にあるそうで)などいろいろと細部が面白いらしい(上記リンク先の公式サイトを参照)。

連休後半に出かけたついでに、庭園周辺をじっくりと観察してきました。

Statue06may4 ガイアの庭(1枚目の写真に見える噴水を含む庭園)にある数体の立像を、近くから見てみる。

大理石製の像は、ドレープ部分の出来具合などを見ても、

さすがに高級そう

Statue3 こちらの女性も・・・。

(頭の蝶々結びが雰囲気を出しております。)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、今回の「富豪刑事デラックス」。

前回の「富豪刑事」より、「デラックス」がついている分、よりゴージャスということらしい。

前シリーズは、深キョン(深田恭子)可愛さに時々見ておりましたが、脚本などはトホホ感もあり、そんなに面白いとまでは言えなかったような。

(がしかし、20パーセント弱の視聴率はあったらしく、好評につき再登場!とのふれ込み)

今回は、脚本も基本(極端な富豪ぶりやヒロインの天然ぶり)をきちんとオーバーに)押さえて、前よりは面白さが出ているような気がする。

特に、夏八木勲扮する喜久右衛門の出番が多く、アクセントになっていて。

今回、喜久右衛門はきっちり「世界一の大富豪」だそうだ。

(前シリーズでは、「とんでもない大富豪」とか「人並みはずれた大富豪」など曖昧でしたが)

怒りのあまり(感動のあまり)、なにかと発作を起こすところがお約束。

とにかく目に付くのは天然がハマる深キョン夏八木勲の怪演ばかり。

他のキャストはこの二人の引き立て役以下でかすみまくっております。

相変わらず可愛いくて一本調子のセリフがお決まりの深キョンは、前より一層その存在感重量感に置き換えても可)が増幅しているような・・・汗。

いや、その重量感(というか、存在感ですね^^)が好きなんですが・・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、ドラマの公式サイトには、「ハウステンボス」という名称のかけらも出ていないわけで。まあリンクまではなしとしても、「協力・ハウステンボス」ぐらいの小さい文字ぐらい入れてくれても良いのでは。ドラマのエンディングでは名称が出てくるので、了承済みということなのかも。サイト中の「ストーリー」にある「難事件を次々に解決していく本格ミステリー」というフレーズがなんだか微笑ましいですなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

水族館の楽しみ(つづき)

Ajiiwashi 最近の水族館では、普通の魚も多々見かけるわけで。

写真は、大分マリンパレス水族館うみたまご  の、

 アジ(ご当地のブランド魚、関アジ)と

 イワシ(カタクチイワシ)。

照明効果もあって、

本当に、綺麗

まるで、夜空を飛んでいるようです・・・。

うみたまご」では、ブランド魚「関サバ」も泳いでいましたが、その美しかったこと。

銀色に輝く体に背中の青い模様がくっきりと映えて、見惚れてしまいます。

ぴちぴち、ツヤツヤですばしこい関サバを見ていると、

なんだか、食欲まで湧いて来ます・・・・(罪悪感)。

ゴマサバ」なんか、最高ですよね・・・・(しつこい)。

・・・・コホン。

えー、他にも太刀魚立ち泳ぎは素晴らしかった!

本来「太刀」に似た姿なので「太刀魚」なわけだが、「立ち魚」でもあり。

抜き身の太刀のような身体に、背びれがひらひらと揺らめく様は必見の美しさです。

うみたまご」で、実際に一番美しく、感動したのは、こういう青魚たちでした。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太刀魚関サバをカメラに収めたかったけれど、最初からあきらめておりました。群れて泳ぐ魚は動きが早いので(太刀魚は群れてなかったが背びれのひらひらは撮影不可能に思われ、しかも暗いし)、私のような「怠惰な」素人には、とてもムリ。

食欲といえば、どんなに綺麗でぴちぴちとしていても、やはり水族館の魚は養殖魚。外海の荒波にもまれた天然モノに比べれば、身のしまり、味ともに劣るであろう、と。がしかし、サバは「鯖の生き腐れ」などといって、鮮度が命。今ここにいる養殖魚の関サバを即ゴマサバにして食すのと、天然モノの関サバを絞めて2~3時間後に食すのでは、どちらが・・・・などと水槽の罪もない青魚を眺めながらしばし妄想にふけったのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »