« Overwhelming ! | Main | 水族館の楽しみ(つづき) »

水族館の楽しみ

Kumanomi06_1 連休の初日に行ってきました。

大分マリーンパレス水族館うみたまご

060429seiuchi 昨日一番ハマッたったのは、セイウチの子供たち。

どアップの女の子は(いずみ)ちゃん。

後ろの塊りは、男の子の(あつし)くんです。

強化ガラスに張り付いて見ていたちびっこ兄妹に反応して(たぶん)、まずちゃんがガラスに寄って来た。

ちゃんが見物人に大ウケなのを見るや、くんも慌ててガラス壁に近寄ろうとするが、泉ちゃん動じず。

仕方がないので、後ろで仰向けになって負けじとばかりに必死のアピールをしているところ(写真ではまったくわかりませんね・汗)。

ちなみに、この2頭はロシア生まれの新人で、最近公募された中から名前が付いたばかりとか。

ご当地大分県別府市は、国内最大の湯量を誇る温泉ということで、この名前が選ばれたらしい。

ちなみに、他のセイウチ(こちらは皆成獣)の名前は「ぽんた(♂)」「ぶぶ(♀)」「みー(♀)」と、あまり関連性はなさそう。

ほかで面白かったのは、マゼランペンギンの一家(2カップルと独身1名)の名前。

みつくに(♂)」 「助さん(♂)」 「格さん(♂)」 「由美(♀)」 「かおる(♀)」  

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ( 大 汗 )。

なんだか、統 一 性 が あ る よ う な 、な い よ う な 

名前の有無は別にして、他にも、

060429aquarium こんなお方や、

Todo060429 こういう方々もおられ、

(下方に見える世話係のお兄さんのいでたちもなんだかオシャレ・カワイイ?感じで・・・)

   

時間を忘れて見入ってしまう場所。

それは、水 族 館 。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マニアというほどではないけれど、出先であると聞けば必ず足を向ける水族館。これまでにも、いろんな土地の水族館を訪れてきました。最新の設備のものから、場末感ただようところまで。どんな古い設備のところでも世話をする方々の気配り(生物に対しての)が感じられて嬉しい。今でも印象に残っている動物は、屋島の水族館のトド(網に張り付いて見ていたらガンとばされた挙句に水をかけられた!)とか、香港のマリンワールドのシャチ(能力高し。ショーでの広東語のナレーションが面白かった!)とか、もうそれはいろいろと。沖縄で(たしか本部の水族館だったと思う)イルカとしばらく交歓(お互いに挨拶していた)したことも忘れられませぬ。

|

« Overwhelming ! | Main | 水族館の楽しみ(つづき) »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

泉ちゃん 大ウケ(^_^;)
女の子ですよね、、、ヒゲが ヒゲが m(__)m

二年前福岡の水族館に行きましたが「サメ」の水槽からしばらく離れられませんでした。大好き♪

Posted by: gura | May 02, 2006 at 09:46 PM

guraさん、
泉ちゃんの可愛さは、この写真ではとても表せません^^
あまり成長しないうちに(笑)、一度観に行かれることをお薦めいたします。

Posted by: ブーマリン | May 03, 2006 at 11:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38386/9830265

Listed below are links to weblogs that reference 水族館の楽しみ:

« Overwhelming ! | Main | 水族館の楽しみ(つづき) »