« 今年の総決算2005(運動篇) | Main | 今年のクリスマス2005 »

今年の総決算2005(正月映画を観てきたよ篇)

今年は、ここ数年のうちでもかなり映画を観たほう。

いはゆる正月映画も、早くも2本クリア。

Mr.&Mrs.スミス」に続いては、「キング・コング」。

1933年のオリジナルの再リメイク(前のリメイクは1976年でジェシカ・ラングが出演)だと。

今回の美女役はナオミ・ワッツ

どうしてナオミ・ワッツなのかという疑問がわくが、脚本は彼女向けによく出来ていたようだ。

考えてみれば、前のリメイクでのジェシカ・ラングには華があった。

で、その美しさというか華だけで野獣を虜にしたわけで。

今回はナオミ・ワッツの「美」や「華」で野獣を虜にするには、ちと説得力に欠けるということか、

(以下、ネタばれ少々あり)

なんとナオミ扮するボードヴィリアンの売れない女優はなんとか助かりたいがために、普段の芸(宙返りやジャグリング)をコングに披露して、笑いを取ることに成功。

その結果、キング・コングのお気に入りのペット状態に。

芸なしで立っているだけだったら、捨てられていたかもしれない

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この設定は、ナオミ・ワッツ向きだと思う。

最初から彼女を想定して当て書きしたのかもしれないが。

ナオミ・ワッツは「薄幸の女」にすごくハマる気がする。

幸も薄いが、影も薄い。(あくまで役柄のイメージですよ)

で、キング・コング

どんなに楽しませてくれるペットだとしても、そのために、

そこまで命がけで戦うか、ふつう?

(コングが登場してからしばらくは、まるでジュラシック・パーク。しかも、よりシツコイ。凶暴な肉食獣ーブラキオザウルスみたいな?が倒しても倒しても襲って来るし、イソギンチャクのお化けのような地底獣もどきに食べられる人間までいた!)

さすがのキング・コングジュラシック・パークでは、無敵というわけにはいかないわけで。

しかも、キング・コング自体の今回の造形は、どうみてもマウンテン・ゴリラそのもの。

いってみれば、まんまシルバー・バック。(背中は白い毛だし・・・)

造形的には、どうも手抜き感が否めません。

だからかどうか、圧倒的に強いという感じがしなくて、こちらはいつもハラハラドキドキの連続。

そんなに強くないキング・コングが、「絶世の」とは言いかねる美女のために必死で戦う姿は、どこか涙をさそうものがあるわけで・・・。

住んでいた孤島では、特に同類の仲間もいなかったようだし。(なにしろジュラシック・パークですからね)

よ っ ぽ ど 、 さ び し か っ た ん だ ろ う な ・・・泣

(実際、ひとり孤島の丘で夕日を眺めるシーンなどは哀愁が漂って)

というわけで、「涙と感動の」というキャッチ・コピーが正しいかどうかはともかく、キング・コングの孤独感がひしひしと伝わってきたのでした。

|

« 今年の総決算2005(運動篇) | Main | 今年のクリスマス2005 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38386/7712705

Listed below are links to weblogs that reference 今年の総決算2005(正月映画を観てきたよ篇):

« 今年の総決算2005(運動篇) | Main | 今年のクリスマス2005 »