« 冬の虹 | Main | 南、風邪をひく(つづき) »

南、風邪をひく

うちの南が風邪をひいた。

南とは、サイドバーでお口パクパクのバナーにもなってる白文鳥。

推定6歳。

今まで病気や怪我をしたこともなく、まったく手のかからない子だった。

悪い虫もつかず(以前飼っていた文鳥は2羽続けて虫により死亡)、

卵を生んでもいたって元気(前に飼っていたセキセイインコのツネコは2個目の無精卵を産むときに卵詰まりで死亡)で、

奇跡の元気鳥」とまで言われていた(嘘)。

ところが一昨日、そんな南に異変が。

羽をまん丸に膨らませて、顔色がすごく悪い。

小鳥の顔色が悪い」というのもヘンだが、本当に悪いものは仕方がない。

いつもは綺麗なローズピンクの嘴の色が青白くなっていて、眼を閉じたまぶたの色が紫っぽい・・・・明らかに病気。

前の晩、この辺りは急に冷え込んだので、風邪を引いたのかもしれない。

病気の小鳥はまず暖める

さっそく雛鳥用の巣かごの下に使い捨てカイロを設置してティッシュを詰め準備。

巣かごは発泡スチロールの箱に入れて重ねて保温対策。

南には雛用のえさに小鳥用の液体栄養(人間用の栄養ドリンクにそっくりだがにおいはもっと強烈、ビタミン注射のニオイ)を混ぜて食べさせた。

水を飲ませたあとは巣かごに入れて、ふたをして暗くし、ひたすら休ませる。

とりあえず、手は尽くした・・・。

がしかし、小鳥の命は本当にはかないもの。

しかも、高齢の南に回復力が残っているだろうか。

元気なのをいいことに最近はあまり構ってやらず、運動不足か、たまに飛ばせるとゼイゼイと息があがっていたし・・・。

後悔の嵐が吹き荒れるが、時すでに遅し。

  ゴメンよ、南!

こうなったら、あとは奇跡を待つしかない・・・。

          つづく

|

« 冬の虹 | Main | 南、風邪をひく(つづき) »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38386/7493804

Listed below are links to weblogs that reference 南、風邪をひく:

« 冬の虹 | Main | 南、風邪をひく(つづき) »