« やっぱりクリスマスは赤+緑 | Main | カップルあれこれ »

惑星インフルエンザ(7)

振り出しに戻るの巻

ーこれまでの話ー

外見はまったく似ていない双子の姉妹リリコとリリカ。

平凡に暮らしていた二人の人生が変わったのは、会ったこともない叔父の遺産数千億円を相続してからだった。

莫大な財産を手にした二人は、ホテルのアッパーフロアを借りきって暮らしている。

しばらくは遊び呆けていたが、やがてそんな生活にも飽きてきた二人。

「そうだ、小説を書こう。」

それ以来、自称小説家のりリコと自称マネージャーのリリカの地味な日常が始まる。

リリコは長年温めてきた童話「惑星インフルエンザ」の執筆にとりかかるが、うまく書けずに悩んでいる、ということもないようだ。

  ________________________

「あーあ、ダメだ、こりゃ・・・。」

リリコは大きく伸びをした。

「なに煮詰まってんの?」

脇を通りかかったリリカが、覗き込んだ。

「いやもう、なんていうか書いてる自分からしてまったく面白くないんだわ。」

「ああ、やっぱり。」

あっさり言われて、リリコは鼻をふくらませた。

「プレッシャーかけてもと思って言わなかったけど、ホント呆れるほど面白くないもん。」

「話が面白くなさすぎてかえって笑えるとかそういうレベルでもなくて、とにかくしんしんと冷えるように面白くないというか、凍てついたツンドラの大地にひとり立ちつくすような寂寥感というか・・・」

「もういい、いろいろ表現するな!」

「まあ、わからんでもないが・・・。てか、最初の予定では少なくとも『長くつしたのピピ』だけは超えられると思ってたんだけどな。」

「あんた、それが甘いんだよ。」

「あたしもね、『長くつしたのピピ』ってのは大して面白いと思わなかったんだけど、最初のキャラ設定とかがいいんじゃないの、靴下とか鞄とか船乗りのお父さんとか・・・。」

え、そんな話だったっけと思い返しているリリコを尻目に、リリカはなおも畳み掛けるのだった。

「だいたいさあ、『ロードバブリング』と『スターヲズ』と『ドラゴボール』を足して3で割ったのっていう構想からして、虫がよすぎっていうか、甘すぎるよ。ローマは1日にして成らず。学問に王道なし。」

「4で割るんだって。ちょっと薄めなんだよ。しかも『シベ超』の要素も入れてって言ったような・・・。」

「ところで、なんでそれに『ハリポタ』が入ってないのよ?」

「私嫌いだもん、あの話。だいいちラドクリフが好きになれん。ハーマイオニが可哀想だ。」

「 ・・・・・・・・・・・・・・・・。」

                       つづく

|

« やっぱりクリスマスは赤+緑 | Main | カップルあれこれ »

惑星インフルエンザ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38386/7340940

Listed below are links to weblogs that reference 惑星インフルエンザ(7):

« やっぱりクリスマスは赤+緑 | Main | カップルあれこれ »