« May 2005 | Main | July 2005 »

今度はホワイトバンド

20050624-00000021-maip-spo-view-000 これは、先日ドイツより帰国した時の大黒の写真。

左手の白く見えるリストバンドが、なんだか気になっていた。

で、昨日の朝刊にあった一面広告。

 ほっとけない 世界のまずしさ 

これだったのか・・・納得。

ちなみに、上記サイトのセカンドページにリンクを貼っているわけだが、写真のセレブ11人、これはわかった。

で、新聞広告上の38組のセレブ(グループもあり)、これがぜんぶわかるという人はスゴイ。

ちなみに、私の場合名前が出せるのは18人、「見たことあるけど名前が・・」なのが数名。

もっと大きい写真ならあと数組はわかるかも。

知っている中には、アラン・リックマンとかリーアム・ニーソンとかもいた。

手当たり次第、声をかけたという雰囲気。

ところで、私が上げた18名の中には、あの柳楽優弥クンもいた。

カンヌ主演男優賞から1年、ずいぶんたくましくなり、なんだか骨太な印象が・・・。

 ・・・・って別人だったりして。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

土曜の朝の憂鬱

yamaajisai3 ♪君の青い車で海へ行こう、 置いてきた何かを見に行こう ~♪

今朝、民放FMから流れてきたスピッツの「青い車」。

聴くたびに思うがサビの部分の、

君の青い車で海へ行こう

君の」というのがスゴイ。

一見、爽やかな曲のようだが、ヒネリ多し。

草野正宗の歌詞は、やはり一筋縄では行かない・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜の、「タイガー&ドラゴン」とうとう最終回。

 ドラゴン、ドラゴン、ムゴンデンワ!

 カイケン、カイケン、カイコウ・ケン、オーパッ!

~ムゴンデンワ!」・・・ウケないところが、ウケた。

~カイコウ・ケン、オーパッ!」・・・ってコレ中高生にはまずわからないのでは。

最後までディテールも作りこんであって笑ってしまう。

まずは、バスガイドパブ「桃色バス」

ボックス席はバスの中のような造りだった(笑)。

観光ガイド風帽子と先導用フラッグを持ったコンパニオン嬢。

首元にはスカーフだが、超ミニにビスチェできっちり谷間見せ。

前にも出てきたランキング「抱かれたくない男」ネタ。

以前は1位どん太だったはずだが、今回はジャンプ亭ジャンプ

劇中劇も、現実と劇が交錯して劇中の配役がくるくる変わる。

挙句の果ては劇中劇のコスチュームのまま現実の歓楽街(新宿か)でやってたり・・・。

ともかく、終わっちまったよ(嘆・寂)。

この感じは、言ってみれば「日韓共催ワールド・カップ」が終わった時のような。 

この先何を楽しみに過ごせばいいのか。

まあ、スケールはちょっと小さめですが・・・。

何回かこのブログでも取り上げたが、いつも笑える部分についてばかり。

HPにもあるとおり、

  泣かせてぇんじゃねぇ、 笑わせてぇんだよ。      だそうですから。 

最終回もいろいろとあったけど、いちばん印象に残ったセリフは銀次郎のだった。

 「なりてえと思ってるモンになれって言われんのが、ウゼーんだよ」のくだり。

  な る ほ ど  (見た人にしかわからないと思う)。

なんであれ、録画してこなかったことを後悔。

見直しながらディテールのチェックをしてみたい・・・(毎回新たな発見があって楽しめそうじゃ)。

最終回、塚本高史(銀次郎)の美貌が特に冴えていた。

今後、アブナイ(いろんな意味で)役のオファーが来るかもですな。 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、西田敏行(どん兵衛)の落語の部分でムシカゴと言ったものは、たぶん「蒸篭」のことではないかと。これって「せいろ」とか「せいろう」って読むんですよね。(ちなみに「むしかご」で辞書を引いても出てきません)

なんでそこが気になったかといえば、「せいろ」を漢字で「蒸篭」と書くということを、私自身つい最近まで知らなかったからで。よく訪れるブログさんのところで、たまたま知ったのでした。

いやあブログってホンッとにいい(役に立つ)モンですねえ!?

                     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミラクル・ナイト!

奇跡は早朝におきた。

今朝、コンフェデレーションズ杯ブラジル戦があった。

このところ、代表のアウェー戦で起きるつもりが起きられず、大事なゲームを見逃してきた私。

その経験を踏まえ、今回は録画予約をし万全の態勢にて床に就いたのが午前1時30分

ブラジル戦の放送開始は午前3時35分

相変わらずベッドに入るや否や寝入った模様。

夜中にふと目覚めた。

時計を見たら、なんと時刻は3時35分を指していた

奇跡じゃ! アンビリーバボー!

KPhotoNormal20050623048_l というわけで、ブラジル国家吹奏のあたりから前半終了まで観戦。

ワールドサッカーに詳しい・・・というわけでは全くないワタクシ。

ブラジル代表といっても、今回のメンバーの内知っていたのは、あのロナウジーニョカカぐらい。

おおっ、これがロナウドの代わりに召集されたという噂のドリブラー、ロビーニョか、少年のようにカワイイぞ。

ハーフタイムでちょっと休眠し、後半20分ぐらいから最後まで観戦。

確かに加地のシュートはゴールみたいだったし、最大限譲歩してそれを無しにしても、あと2点ぐらいチャンスはあったようだ。

が、しかーし、ブラジルも不運なシュート(こちらにとっては幸運)が2つはあった模様。

KPhotoNormal20050623029_l 「勝てたかもしれないが、だめだったような気もする」ぐらいか。

ま、いいんです。

福西も元気そうだったし(この人があのプレーでイエローをもらわないというウマさにいつも感心・・・)、ヒデもなんか張り切ってるご様子で、

よかった、よかった!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと気になるアレやコレ(タイガー&ドラゴン)

ajisaiblue 金曜夜のお楽しみだったTBS「タイガー&ドラゴン」も、来週で終わり(嘆)。

ストーリーに関する言及はしないことにして、ここではいつも気になる(「気に入ってる」に置き換えてもよし)ディテールについて。

チビT

チビTは、ホントにいつもチビTを着用。しかも毎回場面ごとに変わってたり。

劉さん

留学生の劉さんは、いつもトランクス一丁

太極拳をしていることも多いが、毎回必ずトランクス姿。

セリフもステレオタイプな中国語なまり。

 面白いんですが・・・・・いいんだろうか?

よしこ」の店でのどん兵衛虎二の前にはいつもオムライス

オムライス」と言う設定は以前の連ドラ「ぼくの魔法使い」でも使われていたし、クドカンのお気に入りなのかも。

ajisaipink 役柄として圧倒的にカッコイイのは、間違いなく長瀬智也虎二

でも私が気に入っているのは岡田准一演じる竜二

最近、二枚目役での進境が著しい(ように見える)岡田クン。

ウイスキーのCMや映画「東京タワー」はその典型か。

しかしここでは、美形とかカッコイイとかいう概念からはかなり外れた役どころ。

しかも、小柄170cmということだがちょっと疑問)であることを隠そうとしていない。

それどころか、171cm伊東美咲と並んで、身長差を強調したセリフも。(伊東美咲はいつもヒール靴着用であるがそれを差し引いても1cmの差とはとても思えず)

木更津キャッツアイ」に続いてのクドカン脚本のドラマ出演ということで、こだわりもあるのかもしれないが、あえてこの役柄へのオファーを受けた岡田クンを買います。

大体そういうことを考えるなら、長瀬(184cm)と共演はしないでしょう、普通。

同じ事務所でも、170cm小雪と同じ平面上に並んだツーショットを避けているとしか思えない(あってもバストアップのショットだけ)176cm!?のキムタクとは違います。

(ちなみに、「エンジン」での小雪はいつもジーンズにスニーカー。)

ま、これは本人の意思というより、演出とか事務所サイドの方針かもしれませんが・・・。

事務所も、キムタクの売り方と他のタレントの売り方は違う気がする。

少なくとも長瀬クンや岡田クンの売り方には柔軟性が見られます。

(体育会系と見られるこの事務所では、しかし、どんな大先輩でも「クン」付けが慣わしとか)

もしかして本人の選択の自由ということもあるのだろうか。

スターの独立問題での反省からか、最近では待遇面でも改善されているそうで・・・・、

事務所も、多少は進化していると思われ

ajisaiwhite2 ところで、冒頭にリンクしてある番組のHPにはいつも感心する。

出演者へのインタビューも毎回充実しているし、裏ハラの店「ドラゴン・ソーダ」のショップコンセプトなんてモノまであったりして。

製作サイドのノリノリ感が伝わって来る。

(ただし、長瀬と岡田の写真だけないのはいかにも不自然だが・・・事務所がなあ)

付記:

 このドラマで初めて見た女優、 蒼 井 優

やたら気に入りました。

思わず引き込まれる演技力もだけど、邪心の全く見えない笑顔がもう最高。

期待度  ★★★★★

注: この記事中の各人の身長は、公式サイトおよび非公式サイトからの情報を基にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のさくタン

sakutanbar さくタン近影です(って今日撮ったヤツ)。

やや、緊張気味。

前回(いのち)の写真に比べると、当たり前ですがずいぶんと成長。

嘴の付け根の辺りのヒナの特徴もあまり目立たなくなりました。

ヒナを育てる時、いつも思うのですが嘴の付け根のアレはいったいどうなるのか?

いつのまにか消えていた、ということばかり。

今回は、よく見とこうっと。

止まり木の乗りかたもまだぎこちなく、お腹をつけたままです。

この状態で、首の所を掻こうとしてバランスを崩し落下しそうになった(笑)。

さくタン、今のところ快調です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10日(金)のタイガー&ドラゴン

毎回声を出して笑える部分が多いわけだが、そのうちの一つ。

来週の予告編での竜二のネタ。

  ドラゴン、ドラゴン、チャン・ドンゴン!!

チャン・ドンゴンって・・・・・かなりウケた。

前の、  ドラゴン、ドラゴン、セイショーナゴン!!   も良かったけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜかキンキ

purpleflower こないだ、うちのR嬢からMDを貰いました。

R嬢からは、たまーに思い出したようにMDを戴いているわけで。

彼女が以前ファンだったミスチルのMDは何枚か貰ったし、ピローズRadioHeadくるりなんかもあったっけ。

私の場合、音楽は演歌や雅楽などを除いて、ほぼ何でもOK。

今回何が来たかと思えば、なんとキンキ・キッズ

彼女がキンキのファンだったという話は聞いたこともないし、最近ファンになったという話もいっさいなし。

どうも、気まぐれでレンタルした模様(R嬢の場合ミスチル以外は全てレンタル)。

内容をチェックしてみた。

フラワー」「ジェットコースターロマンス」「薄荷キャンディー」・・・これらはわたくし的には○。

あとは・・・ビミョーですな。

上記3曲をチョイスして、まずはカーオーディオで聴くことにいたします。

とりあえずありがとう、R嬢。

がしかし、なんでキンキなのか?  謎は深まる・・・。

まあジャニ系という範疇でみれば、過去・現在を通じて、

   「ツヨシほどの歌い手は存在しない

と断言したい気はしますが。(某クサナギではありません、念のため)

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、キンキということで、ざっとサイトを当たってみたが見事なまでに写真がない

うわさどおり、ジムショの規制はスゴイようだが・・・、

なんだかケチ」という印象は否めませんです。

*写真はうちの屋上花壇の花。名前またもわからず・・・。(調べりゃわかるってか)

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジョーバに夢中!・・・でもないか!?

5 突然ですが、うちの師匠です。

直前の記事でちょっと触れましたが、うちにはジョーバがある。

先月、ようやく家人の了承が得られて購入したもの。

で、ジョーバには「ジョーバビクス」のDVDが付いてくる。

この「ジョーバビクス」のインストラクターがこのお方。

推定年齢25歳~45歳。(45歳というのはあんまりな気もいたしますが、このぐらいの45歳のお方も世間にはじゅうぶん存在します、はい)

「ご近所のおねえさん」という感じの、いたって親しみのもてるタイプです。

美人過ぎないところが良い」という声もあります。

ジョーバに跨ってする運動の指導をされるわけですが・・・、

この運動(というか動作)がいたって簡単なもの。

糖尿病のかたの運動療法にも取り入れられているそうですが、ご年配の方々でも楽に取り組めそう。

・・・というより、これはどちらかというと、高齢者向きでは。

この師匠にも、力の入った様子はまったく感じられません。

ごく、自然体でのご指導。

速度調整も、師匠は2段階速めておられるそうですが、「ご自分の体調に合わせて」とのご指示ですので、わたしは1段階だけ速めております。

全部で4コース(エクササイズコースとか脚力コースとか)ほどあって、1コースは15分。

「ジョーバ」1日30分(15分×2回)でウォーキング約1時間相当の運動ができます。だそうで。

めざせ!燃焼ボディ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すでに三日坊主ではありませんが、どこまで続くものやら・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

勝った!よかったあ!

20050603PP863005_03 昨夜のバーレーン戦、実は観ていません。

月末、出張、といろいろ重なって寝不足だったのに加えて、金曜夜は「タイガー&ドラゴン」も観なくてはならない。(別に義務はないんですけどね)

夜する作業を終えたら、もう10時。

「タイガー&ドラゴン」のあと「ジョーバ・エクササイズ」をしてシャワーを浴びたら1時。

睡魔には勝てず、「とりあえず、ちょっとだけ寝て後半を観戦しよう」と思ったのが運のつきでした・・・。

目が覚めたら、6時だった!!

あわててyahoo!のトップを見て、勝った事を確認。

よかった~~!!

お決まりのスポーツメディアサイトの巡回もして「ジーコ監督会見全文」やら「バーレーン戦後選手コメント」やらに目を通す。

普段は巡回しないサイトで福西のコメント発見!

他の選手のコメントでは、「みんなの勝利」とか「チーム一丸」とかの言葉が多かったのに対して、福西のは「アウェーで多くのサポーターが来てくれて助かる」(要約)。

福西の場合、見た目のさわやかさ+熱く語らないコメント・・・と実際のプレーとにかなりギャップが。

相手と競り合ってるこんな写真を見ても、「多分、ヒジ入れただろうな」とか「足ひっかけただろうな」とか思ってしまいます。

目立つ選手がいるときの福西のやんちゃサポート(パスカットやら相手選手へのダメージやらもういろいろと)がいつも楽しみなわけですが。

故障者や累積欠場者の多い次の北朝鮮戦では、もしかして宮本と並んでリーダー的な立場では?

ハゲシク似あってませんが、ともかく活躍を期待してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »