« April 2005 | Main | June 2005 »

いのち

sakutan 突然ですが、先週からわが家の一員に加わった「サクたん」こと、桜文鳥の朔太郎です。

背中の短い羽はこの5日間ぐらいで伸びて(広がって)きたもの。

その前はつんつん毛のハゲ状態。

今の所ヒナ用巣籠で飼育中ですが、今回温度管理にずいぶんと気を遣っております。

というのも、昨年・一昨年とヒナが亡くなったからで・・・。

いろいろ原因を考えた結果、やはり温度調整ではなかろうかと。

昨年は早くから気温が上昇したので、この時期カイロの使用を早めに切り上げたわけで。

羽もかなり生えそろって、もう大丈夫と思ったのがマズかったような気が。

今回は、カイロ係の家人が毎晩せっせとカイロを交換しています。

籠内温度測定用の温度計も使用して、「万全の体制」(のつもり)。

小鳥は成長が早く、最初は足が立たないヒナも一週間やそこらで籠の縁に飛び乗って餌を要求してくる。

ヒナからだと、すぐになついて手のひらでいつまでもじっとしていたり・・・。

羽がどんどん広がってきて、見た目もますます可愛くなるのです。

それが、ある時突然死んでいたりすると、もう大ショック。

「小鳥の死」というのはあっけないもので、なんの予兆もなく倒れて絶命していたということも多い。

昨年、育てていたヒナに死なれた時は、もうヒナを飼うのはよそうと思いました。

でも、今年ヒナのシーズンももうすぐ終わるというこの時期になって・・・、

「やっぱり飼おう」ということに。

この子が元気に育ってくれればよいが・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、白文鳥の「」も相変わらず元気です、というかマイペース。

たまに餌や水が間一髪であやうくアウトという状態だったりもしますが、のセールスポイントはその「強靭なる生命力」。

齢・6歳ぐらいにはなるはずですが、展望風呂で水浴びをまめにするようになってからは、ぼそぼそだった背中の羽もぐんと艶やかに。

こちらの方は、まだまだ大丈夫。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうでもいいけど、落語!?

blueflower 20日(金)の「タイガー&ドラゴン」は面白かった。

特にウケたのが、薬師丸ひろ子扮する借金まみれの女の趣味が、ブログ!!

あと毎回感心するのが、阿部サダヲの運動量と塚本高史の顔の美しさ

塚本高史は、車を運転している横顔がよく出てくるが、本当にホレボレする。

顔を出したあのヘアスタイルだから、かえってウツクシサが際立つ気がします。

考えてみれば塚本高史、「マンハッタン・ラブストーリー」では本当は女の子だった・・・という役柄だったっけ。

「マンハッタン・・・」は最初の2回ぐらいで、見るのをやめましたけど。

とにかく「タイガー&ドラゴン」、この先の展開も楽しみです。

このドラマの影響もあるのかどうか、最近落語がちょっとしたブームらしい。

確かに、ドラマは有名な古典落語を元ネタにして毎回ストーリーを組み立ててある。

劇中劇は時には二重三重に組んであるほど凝った作りだし、場面展開がスピーディー。

ディテールも手抜きなくひたすら笑えて、ただ今DVD録画を検討しているほど。

役者もハマッていて、違和感無く楽しめます。

ただそれは、脚本家(宮藤官九郎)と演出(プロデューサー含む)と役者によるものだと思う。

元ネタの古典落語自体はそこまでおもしろいかどうかは疑問。

そんなわけで、「古典落語を聴きに行こう」、とまでは思いませんが今のところ。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、映画「ピンポン」以来劇団「大人計画」には興味津々!

脚本のクドカンとは別に、このドラマにも何人か出演中。

阿部サダヲは今やクドカン脚本ドラマには欠かせない重要人物。                           

他にも荒川良々猫背椿(ライフカードのCMでオダギリ・ジョーと共演!)も。

そのうち、松尾スズキなんかも出てきたりして?

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*写真は以前の記事「幻のローズガーデン」でも紹介したお庭で撮影したもの。写真では実物の雰囲気はとても味わえません。この花の名前は・・・聞いたけど忘れた(大汗)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ちょっと気になるコノ話

昨夜のニュースで気になったもの。

平井堅 空き巣被害 愛用のノートパソコン盗まれる

翌日にはライブを普通にこなしたそうだが、気になってるのでは。

愛用の」ということなら、なおさらでしょう。

ところで上の記事にある「時価約5~7万円相当のノートパソコン」というのは・・・、

古いモノなんだろうな。

そういう査定は警察がするんだろうけど、中古市場の買取価格とかを参考にしたりするのだろうか。

まさか質店の買い取り額ってこともないだろうけど(かなり安そう)。

ちょっと興味あり。

rosetable もうひとつは、「関西弁をしゃべるAIBO」。

AIBOは誕生6周年だそうで、その記念バージョンみたいなことらしい。

「こんにちは」と言うと、「まいど~」と応じるそうな。

嬉しい時は、「嬉しいな~」。

悲しい時は、「がっかりや」。

「がんばれ」というと「よっしゃ、気合いれるわ」だと。

どうでもいいけど・・・・、悲しい時に「がっかりや」、いたく気に入りました。

なんだか、悲しさも少し薄まる気がしますな。

ところでAIBO、私は丸顔のより(以前マカロンとか言ってたような)本来のロボット犬タイプが好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グレイトな人々

連休最終日の今日は「こどもの日」。

この3連休は用事で2回ほど遠出しただけで、「こどもの日」らしい風景を見ていなかった。

今日は雷雨という予想だったので、早めに帰宅後、買い物に近くの商店街へ。

こどもの日らしいものとようやく遭遇。

050505_great

ジャーン! ザ・グレート・レンジャー

写真が手抜きでブルーレンジャーには申し訳ないことに・・・(汗)

で、ブルーレンジャーとピンクレンジャーもゲキ写したのが下の写真。050505_great2

こども達に囲まれてなんだかモジモジとはずかしそーです。

ユニフォームのデザインから推定するに、ブルーレンジャーも女性らしい。

女性隊員がふたりも・・・。(隔世の感あり、しみじみ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、この胸の「」というのは、

やっぱり・・・「グレイト」だからなのかな?、だろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »