« アテネな話題2 | Main | アテネ・真実の母 »

アテネがとまらない

オリンピックもそろそろ終わりです。

ここまで6回連続アテネ関連の記事で、アテネ・ブログと化しております。

興味のある競技もほぼ出尽くしたなと思っておりましたが、スミマセン、男子マラソンが残ってました。

どこかのスポーツライターのコメントに、「世間に認知されていない男子マラソン日本代表も是非頑張って欲しい」というようなこと(要約です)があって、おもわず笑ってしまいました。

この「世間」に間違いなく含まれている自分を認識して、いたく反省し、早速男子マラソン日本代表の人数(知りませんでした)と名前をサイトで確認したのですが、スミマセン、また忘れてしまいました。

こうなったら、認知度が低い=期待されていない=プレッシャーがないという図式で、のびのびと能力を発揮していただきたいものです。

女子と同じコースとして、気候条件が女子の時と同じようなら、やはりかなり過酷なものになるでしょうが・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、女子マラソンの時に気づいたのですが、コース脇の沿道には日本だったらありえない光景が。

コース際で、選手に直接花びら(多分)らしきものを多量にふりかける人や、コース上に入り込んで選手にばらの花1輪を差し出す若い男までおりました。
 
  こんなことしていいのか!?

ふつうマラソンコースの沿道は警察官や係員がロープを張って、警備してますよね。

  アテネって一体どうなってるんだ

上記の選手というのは野口みずきであり、その時2位のラドクリフヌデレバだったわけですよ。

  野口さん、走りながらも、びっくりだったんじゃないかなあ。

|

« アテネな話題2 | Main | アテネ・真実の母 »

ひとりごと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38386/1307064

Listed below are links to weblogs that reference アテネがとまらない:

« アテネな話題2 | Main | アテネ・真実の母 »